« 美瑛、丘の春 | トップページ | 北の地の水芭蕉 »

2012年5月 7日 (月)

箱館ハイカラ號

Dsc_0720
箱館ハイカラ號(2012年5月1日)

箱館、誤変換ではありません。1910年(明治43年)生まれのちんちん電車で、「箱館ハイカラ號」の愛称で1993年(平成5年)8月から函館の街を走っています。

Dsc_0729

このちんちん電車を特別狙っていたわけではなかったのですが、路面電車の撮影を始めた途端出会いました。運が良かったです。

Dsc_0730

しかしまぁ、本当に時代を感じさせてくれる車両ですね。

Dsc_0798

午後、駒場車庫前停留場で下車したら、またまたご対面です。車庫に入っていました。

Dsc_0836

1日僅か4回ほどしか走っていない事をチラシで知りました。いつも行き当たりばったりの無計画撮影にしては、偶然が重なりました。ラッキーです。

Nikon D800 + TAMRON SP 70-300mm/F4-5.6 Di USD

« 美瑛、丘の春 | トップページ | 北の地の水芭蕉 »

コメント

おはようございます。
あら~、レトロで可愛い路面電車ですねぇ~。函館行きはやはり路面電車撮影が目的だったのですね^^ 路面電車の走る町は、なんとなくゆったりした感じがしてよいですね。運転手さんの姿がまたいいですね♪

koukoさん、おはようございます。
古〜いクラシック的車両の路面電車。タイムスリップしたような気持ちになりますでしょ。
おっしゃるように路面電車の走る風景はゆったりとしていて良いですね。都会は車社会になって何となくせかせかした感じです。

函館市電は懐かしく拝見しました。石川啄木にも立待岬にどうしても訪れたくて谷地頭まで市電に乗りました。たしか函館観光はほとんど市電を利用した記憶があります。
しかしこの二軸のハイカラ号の電車もクラッシックな趣がいいですねね。

Tokiwaiさん、こんばんは。
ホントにこの車両はクラシックな感じですよね。動態保存と申しましょうか、こうして走られるのはメンテナンスの面でもそれなりに手が掛かると思います。
函館は市電を利用すれば主だった観光は出来ますね。

おや、こんなのが走っているのですね。
真冬の函館が良かったのでまた逝きたいと思うこの頃です

こんにちは。
元祖路面電車ですね。袴姿のハイカラさんが乗っていそうな電車です。全車輌がこれだと懐古趣味が過ぎるような気がしますが、たまにしか見かけないというくらいが良いのでしょう。

roxanne6さん、こんばんは。
なかなかレトロなちんちん電車でしょう?
北海道はやはり真冬が良いですね。

ビワさん、こんばんは。
まさに元祖路面電車ですね。函館にピッタリの車輛だと思います。
走っているのはこの1輛だけですし、一日四往復だけですから出会ったら運が良いという事ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 美瑛、丘の春 | トップページ | 北の地の水芭蕉 »