« いつかは1D系DIGITAL | トップページ | Canon EOS-1Ds »

2012年6月 6日 (水)

F5で街中スナップ

035

モスラの繭?(笑)
昨年以降、軽いミラーレスカメラをメインにしてからはスナップ写真では重たい一眼レフを敬遠していましたが、D800入手以後はいつの間にか一眼レフがメインに戻ってしまったようです。1.6kgもあるEOS 1Dsなんかも入手しちゃったし。(^^;

017
暑いから水遊びも楽しそう・・・

今日の写真はその重たい一眼レフの最右翼とも言うべきフィルムカメラのニコン F5でスナップした写真です。重たいけどシャッターの切れは大変小気味好く、撮影のモチベーションを上げてくれます。

004

デジタル一眼レフを使ったり、フィルム一眼レフを使ったり、ホントに忙しい男ですね、私は。(笑)

昨日、帰りに花屋さんの前を通ったら店頭にハイビスカスの鉢植えが並んでいました。で、店員さんに選んでもらってひとつ買って帰って来ました。もちろん花開くのはこれからですが、楽しみです。

え? ガラじゃないって? 分かってますってばぁ・・・(^^;

Nikon F5 + AF-S NIKKOR 50mm/F1.8G、Fuji PRO 400

« いつかは1D系DIGITAL | トップページ | Canon EOS-1Ds »

コメント

おはようございます。
鮮やかな緑♪ 写真を撮り始めるとカメラの重さは気にならなくなるのですが、いざ出かけようとバッグを持ったとき、必ず機種の選択を誤ったかといつも一瞬後悔します^^ でも私の場合「撮ってる感」は重さに比例しているようです^^ そういえばハッセル、使ってないなぁ~。

koukoさん、おはようございます。
ハッセルで撮影している時って充実感がありますよね。重いですけどハッセルは多少の我慢をkoukoさんも出来ると思います。
そう考えると良いカメラというのは重いものが多いのかな? とも言えるかもしれません。もちろん小さく軽いカメラでも良いものはありますけど。

DSLRの重さには耐え難い思いですが撮影しているという充実感が感じられます。それを忘れて使う機会が多いようです。時にはミラーレスもいいですがシャッター音には撮影している実感があることはよくわかります。
それにしても1D系digitalのラインナップには真似できない取り組みには凄さが感じさせて頂いています。腰痛にはお気をつけ下さい。

 こんばんは。

 CanonとNikonのカメラ、・・・DMRも含めて所有と使う喜びが伴うカメラですね。

 私の方は借り物のKONICA-MINOLTA α7-Dですが、85mmF1.4・100mmF2.8Macro・200mmF2.8Gを付けるととても軽く感じます。
 やはりバランスが良いのでしょうね。

 ただ、軟弱な性格のため、コンパクト・軽量に流れております。(笑)

Tokiwaiさん、こんばんは。
確かに重いですが、カメラを駆使して撮影しているという実感はやはりSLR(DSLR)が一番ですね。
ミラーレスは気軽に持ち出せる事が最大のメリットだと思います。もちろん今のミラーレスは画質的にも問題有りませんが。
1Ds、やはり重いです。(^^;
ライカレンズを付けると2kgを軽く超えますから、漬物石でも運んでいるような気分です。

pyosidaさん、こんばんは。
なんだかんだ言いましてもやはりCanon、Nikon両社のフラッグシップ機は他社を大きく引き離す性能を有していますね。
おっしゃるようにレンズとボディのバランスが良いと案外重くは感じないものですよね。F5もバッグに入れて歩いているだけですと重みを感じるのですが、いざ撮影すると重さを感じなくなりますから。

こんにちは。
重いカメラも撮影中はそれほど重さが気にならないもです。むしろブレにくくて良いかも。ただし、あまり長時間構えていると腕が疲れてきますが。
モスラの繭、何とも不思議な光景です。

ビワさん、こんばんは。
そううなんですよね、重いと案外ブレにくいものです。
まぁ、軽い方が移動の際には有利ですけど。
不思議なモニュメントですねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いつかは1D系DIGITAL | トップページ | Canon EOS-1Ds »