« EOS D60 | トップページ | 御苑、初夏の花々 »

2012年6月21日 (木)

私の愛聴盤 第8回

Jo

Jo+Jazz/Jo Stafford

SIDE 1
 Just Squeeze Me
 For You
 Midnight Sun
 You'd Be So Nice to Come Home to
 The Folks Who Live on the Hill
 I Didn't Know About You.
SIDE II
 What Can I Say After I Say I'm Sorry
 Dream of You
 Imagination
 S'posin'
 Day Dream
 I've Got the World on a String

ジョー・スタッフォード(vo)
レイ・ナンス(tp)、コンテ・カンドリ(tp)、ジョニー・ホッジス(as)、ベン・ウェブスター(ts)、ハリー・カーネイ(bs)、ラス・フリーマン(cele)、ジミー・ロウルズ(p)、ボヴ・ギボンズ(g)、ジョー・モンドラゴン(b)、メル・ルイス(ds)他
ジョニー・マンデル(編曲、指揮)

1960年7月、8月 ロスアンジェルスにて録音

CBS SONY 20AP 1450(廃盤)

今日は私の愛聴盤という事で、ジャズヴォーカルのレコードをご紹介させて頂きます。白人女性シンガーのジョー・スタッフォード、ジャズシンガーというより本来はポピュラーシンガーらしい(知識がありません)のですが、エリントン楽団のメンバーをバックに歌ったこの「Jo+Jazz」というアルバムはジャズヴォーカルが苦手だった私が大好きになったくらいの素敵な録音です。

このレコード(CDではないです)を入手する切っ掛けは、もう大分前の事になりますが、ジャズ全般を愛好する或るクラブに入会して友人となったAさん宅でこのレコードを聴かされ、一曲目の「Just Squeeze Me」の軽快な歌と演奏が大変気に入ってしまい、このレコードを是非欲しいと言ったものの、すでに廃盤(国内盤でしたが)になっていて入手不可能との事。

Aさんはオリジナル盤を持っているからこの国内盤を譲っても良いとの事。まさに渡りに船、幾らくらいで譲ってくれるのか尋ねると、私の持っているクラシックレコードで欲しいのがあるので、物々交換なら、という要望。で、希望を訊いたら何と3枚要求して来ました。「え!? 1:3で・・・?」と、自分にとってやや不利な条件。

Aさん曰く、すでに廃盤(CD未発売)になっていて国内盤ですら定価以上出さないと中古店でも入手出来ないよ、との事。で、条件を飲んで物々交換となった次第。何かAさんに上手く丸め込まれたようです。ちなみにAさんは趣味が高じて現在都内でジャズの廃盤専門店を営んでいます。商売上手に負けました。(^^;

しかし入手時の事はさておいて、拙宅に来てからは折に触れてレコード棚から取り出しては聴いております。前述した「Just Squeeze Me」はもう何十回聴いたか分かりません。「Midnight Sun」もまた素晴らしいです。同じ白人女性ジャズシンガー、ヘレン・メリルの歌唱で有名な「You'd Be So Nice Come Home To」もヘレン・メリルとは違った味があって良いです。

どの曲もそれぞれジョー・スタッフォードの歌唱を楽しめますが、バックで合いの手を入れるメンバーが錚々たる顔ぶれと申して良いでしょうね。特にジョニー・ホッジスやベン・ウェブスターが入って来ると妙な表現ですが、これぞジャズ!という感じになりますから凄い。

現在はソニーさんからCD(SONY 32DP-480)で発売されていますので入手しやすいと思います。amazonさんで検索したら、現在6点在庫ありとの事でした。是非、お聴きになってみて下さい。そうそう、編曲と指揮を担当しているジョニー・マンデルはあの名曲「いそしぎ」の作曲者ですよ。

« EOS D60 | トップページ | 御苑、初夏の花々 »

コメント

おはようございます。
インパクトのあるジャケットですね~。表示された途端に、オッと思いました。大人の魅力ですね^^ 声も聴いてみたいな♪ KONDOHさんはホント勧め上手ですね^^

koukoさん、おはようございます。
インパクトありますよねぇ・・・。ホントに大人の魅力でしょうか。(^^;
当然予備知識なく聴いたのですが、気に入ってしまいました。ややハスキーがかった声ですが、楽しめますよ。

 いつも楽しませていただいております。
 本日のJo+Jazz/Jo Staffordの件、彼女のfanとして大変うれしく拝見いたしました。
 私もスイングジャーナル版ですがLP2枚持っています。
 失礼ですがもしお聞きになっておられなければ”joe's greatest hits”もお試しください。LPは廃盤と思いますがCDならsonyから出ています。
 クラシックに造詣が深く、良い音も追求されていらっしゃる方には陳腐なポピュラー曲で音も良くはありませんが彼女の声は堪能できます。
 おせっかいご容赦下さい。

こんばんは。
このレコードはジャケ買いの誘惑にかられますね。ジョー・スタッフォードのイメージではないところが良いです。
新宿の中古ジャズレコード店では、ヴォーカルのオリジナル盤は結構安く売っていますが、このレコードは今でも高いのでしょうか。
ジョー・スタッフォードは、一応聴いておかなければと思って随分前にポピュラー系のベスト盤を買いましたが、自分には、健康的すぎました(笑)。

mtanakaさん、こんばんは。
拙ブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。
ジョー・スタッフォードのファンなのですね。ご紹介頂きました”joe's greatest hits”ですが、amazonで検索すると4枚組(輸入盤)のCDが出て来ました。ただしタイトルが"Her Greatest Hits”となっているので少し違うかもしれませんですね。
いずれにしてもタワーレコードにでも行って探してみますね。
おせっかいなんてとんでもありません。こういうコメントは大歓迎です。

yymoonさん、こんばんは。
確かにジャケ買いしたくなるかもしれませんですね。(^^;
随分前に中古店で私のレコード盤号と同じものを見た事があるのですが、その時は3,500円というプライスが付いていました。このレコードはかなりの人気盤らしいです。
よろしければCDが出ておりますので、お聴きになってみて下さい。

KONDOHさん
jo's greatest hits は今は無いようですね。失礼いたしました。アマゾンで中古品ならこんなのがありましたが・・・。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000064S05/sr=1-66/qid=1340311162/ref=olp_product_details?ie=UTF8&me=&qid=1340311162&seller=&sr=1-66

mtanakaさん、おはようございます。
ありがとうございます。中古品でも構いませんので、ご紹介頂いたサイトから購入してみますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« EOS D60 | トップページ | 御苑、初夏の花々 »