« 50mmが見たカフェ | トップページ | 梅雨に花菖蒲 »

2012年6月10日 (日)

品川百景(北品川古民家)

Afs50_167
品川百景の一番目(北品川の古民家)

先日、加山雄三さんのお散歩番組(若大将のゆうゆう散歩/テレビ朝日)を見ていたら、北品川の古民家周辺を歩きながら紹介しているのを見てびっくり。お散歩された日付をみて今一度びっくり、私の散歩と前後していたからなのです。

以前、京急線シリーズで「北品川駅」をご紹介した時に、旧東海道で現在は商店街となっている通りの写真を掲載しました。その商店街の海側にこの古民家は位置しており、品川百景のひとつとして指定されています。古民家の後ろといいますか横手はもう運河になっており、漁船や屋形船が係留されているのです。

偶然ここの古民家の前に来て、「これは珍しい住宅が在るなぁ・・・」と写真撮影した時点ではそういう歴史的由緒のある民家とは知りませんでした。ところが撮影した場所の左手に品川区の掲示板が建てられていて、その掲示板に品川百景云々として紹介があったのです。そこで私は「へぇ〜・・・」と知ったわけです。(^^;

Afs50_166

先の戦争に於いて東京は空襲でほとんどが焼き払われてしまったわけですが、ここの古民家は空襲による火災から僅かに残った戦前からの貴重な民家だそうです。そういった貴重な民家を残す為に品川区が品川百景のひとつとして保存に努めているわけです。

東海道最初の宿場町は品川宿でした。商店街の道幅は旧東海道の道幅そのままだそうで、この近辺はとても歴史的に重要なところなのですね。JR品川駅、京急品川駅まで歩いても直ぐの場所です。是非、お時間を作って歩いてみて下さい。

余談ですが、何かとお騒がせのオリンパスさん、デジタル一眼レフ(4/3マウント)から事実上撤退の声明を発表したようで。遅かれ早かれ、私はこうなると思っていましたが。

Nikon F5 + AF-S NIKKOR 50mm/F1.8G、ILFORD DELTA 400

« 50mmが見たカフェ | トップページ | 梅雨に花菖蒲 »

コメント

Olympus・・・4/3から撤退ですか。

 4/3になった時、Olympusから離れた私とすれば、KONDOHさんと似たものを感じます。

 しかし、KONDOHさんは有名人やドラマ撮影と遭遇したり前後することが多いですね。(笑)

おはようございます。
品川の駅近くにこんな民家が残っているなんて驚きました。これは行ってみたいですね^^ モノクロフィルムにぴったりの被写体ですね。TVのお散歩番組、私も結構好きで、時間があると見てしまいます。加山雄三さんのはまだ見たことがありません。今度見てみましょう♪

pyosidaさん、おはようございます。
忌憚のないところで言わせて頂きますと、4/3の小さなセンサーサイズにも関わらず、ボディ、レンズともフルサイズ並み。発売当初から疑問視していました。一応、一台レンズキットを購入して使った事がありますが、あの小さな光学ファインダーでは撮影のモチベーションが上がらず、一ヶ月と経たずに売却した経緯があります。
GF1が登場した時、これこそセンサーサイズを生かしたカメラだと思ったものです。以後、m4/3がミラーレスという分野で隆盛を誇っているのはカメラサイズが大きな要因だと思っています。
撮影に遭遇、確かに多いですね。それだけあちこちをうろうろしている証拠ですね。要するに暇人なのかも。(笑)

koukoさん、おはようございます。
驚きでしょう? 品川駅から歩いて10分も掛からないところなんですよ。
民家の間の路地に入るとタイムスリップしたような心持ちになります。戦前の日本家屋ってこういう造りが多かったのでしょうね。

テレビ東京系列の番組で品川宿の特集がありこの付近は取り上げられていました。街道の道幅が江戸時代と変わらないことと、街道専門の古書店の店主も登場していましたので印象に残っています。
大阪駅近くにも戦前の長屋や家屋が残り若い人がいろいろな店をオープンさせて活気が生まれています。家は人がすまないと崩壊すると言われていますが、この家も何かに活用されているのでしょうか。

Tokiwaiさん、こんばんは。
テレビ東京で品川宿の特集があったのですか。それは見ておりませんでした。
ちなみにここの家屋ですが、現在も住んでいる方々がいらっしゃいます。しかし空き家になっているところもさすがにあるようです。
家々の間の路地も歩いてみたのですが、現在住まわれている方がいらっしゃるので、撮影は遠慮しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 50mmが見たカフェ | トップページ | 梅雨に花菖蒲 »