« 水の見える風景 | トップページ | 無題 »

2012年6月 1日 (金)

アマルフィ

Amalfi
Times to say good bye(歌 : サラ・ブライトマン)

或る日、新宿の外資系CDショップのクラシックフロアで何かめぼしいものはないかと物色していたら、美しい声の綺麗な曲が流れて来ました。置いてあったCDが↑これでした。この時点では恥ずかしながら曲はもちろん、サラ・ブライトマンという歌手にもまったく知識がありません。如何に普段聴いている音楽の幅の狭さが分かってしまいます。(^^;

クラシックフロアでCDを流しているのだからオペラ歌手か? と思ったものの、CDに収録されている曲目を見てみるとポップス系の歌手らしい。で、今流れている美しい曲は「Time to say good bye」と分かりました。しかしそのCDは購入しませんでした。

数日後、iPhone用に「Time to say good bye」一曲だけをiTunesストアで購入出来ないだろうかと検索してみたら、ありましたねぇ。早速ダウンロードしてiPhone 4sと同期。以来、何回となく聴いていますが、サラ・ブライトマンの声も美しいですし、曲も素晴らしいですね。

で、またまた数日後、WOWOWさんで放送された織田裕二さん主演の映画を何気なく観始めたらこれがなかなか面白い!

Megami
「アマルフィ 女神の報酬」2009年製作 東宝配給

出演 : 織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、福山雅治、大塚寧々、佐藤浩市 他

全編ローマでロケが行われた映画で、イタリア駐在の外交官、黒田康作(織田裕二さん)が少女誘拐事件に巻き込まれ、事件を追って行くと、それは誘拐事件に見せかけた根の深い復讐劇であった。

とまぁ、これが実に簡単なあらすじですが、興味本位で観始めたものの、面白さに釘付けになり、結局最後まで観てしまいました。で、劇中或るパーティのシーンがあるのですが、そこにサラ・ブライトマンが登場し、「Time to say good bye」を歌うではないですか!

え!え!え!え!・・・と、私はただただ驚くばかり。サラ・ブライトマンのこの曲はこの映画の主題歌だったわけ・・・?

いや〜・・・、お恥ずかしいですね。そこで初めて「Time to say good bye」が映画の挿入歌兼主題歌だった事を知りました。しかしまぁ・・・、曲を購入するのと映画を観るのとがほとんど同時、何かの引き合わせみたいです。こういう事もあるのですね。

続編の「アンダルシア 女神の報復」も観ましたが、「アマルフィ」ほどの作品ではなかった、という印象です。

ところで織田裕二さんに対する私のイメージというと、オリンピック開催の度起用する某民放局でのメインキャスターぶりなのです。実に明るく軽い乗りのキャラクターですよね。映画の黒田康作は寡黙で実に渋い人物像。映画ではジェイムズ・ボンド顔負けのカッコ良さだなぁ・・・(^^;

« 水の見える風景 | トップページ | 無題 »

コメント

おはようございます。
サラ・ブライトマンも織田さんの黒田康作も大好きです^^ ブライトマンの「クラシックス」というCDを持っていまして、「Time to say good bye」も入っていました。iPodに入れてよく聴いています。黒田康作のほうは、映画の1作目を見てはまり、TVの連続ドラマも欠かさず見たのですが、映画の2作目は見逃しています。今ひとつのようですが、一応DVD、借りてこようかな^^

koukoさん、おはようございます。
おお、どちらもご存知でしたか。・・・って、私くらいなものでしょうね、知らないのは。(^^;
透き通るような高音域が素敵ですね、サラさん。
テレビドラマも作られている事を後から知りました。テレビドラマも当然と申しましょうか、まったく知りませんでした。(^^;
再放送に期待します。

こんばんは。
かなり浮世離れしたお話で笑ってしまいました(スミマセン)。
Times to say good byeは、もとは、盲目のテナー歌手アンドレア・ボチェッリがイタリア語で歌っていましたが、大きなヒットにはならなかった曲ですね。
実は、この映画、暇つぶしに映画館で観たことがあります。しかし、1時間ほどしたところで尿意を感じ、その後集中力を欠きながらも我慢してみていたのですが、最後の外務大臣のパーティところでとうとう我慢できなくなりトイレに飛び込んで戻ってきたら終わっていたという苦い思い出があります。
サラ・ブライトマンの「Times to say good bye」はこの映画の頃は大ヒットした後でしたから、この曲を持ってきたとことで、大衆迎合的で新鮮みに欠ける選曲だなと思い、この映画のレベルの低さを感じてしまいました。
でも、最後の所を観ていませんので、その後、家でもう一度ゆっくり見直したら、曲も展開にマッチしていて結構おもしろかったですね。
最近、続編を録画したのですが、あまり良くなかったですか。

yymoonさん、こんばんは。
あははは・・・、お恥ずかしいです。
曲の由来、ありがとうございます。オリジナルがヒットしなかったものの、後年カバーした歌手で大ヒットというのはたまにある事ですね。
映画館でこの映画をご覧になっておりましたですか。私の方は最近、もっぱらWOWOWさんの放送で映画を観るようになってしまいました。レンタルも一年に二、三回というところでしょうか。
続編の方は二番煎じと申しますか、アマルフィがヒットしたから今一度・・・という印象を受けました。

そうそう、yymoonさんのブログ、コメントするにはまたログイン画面が出るようになりましたが、変えたのでしょうか?

コメントはログインなしでも受け付ける設定になっているのですが、ログインせずにやろうとしたらだめでした。原因を調べてみます。

yymoonさん、
不思議な現象ですね。
一度書き込み出来たのですが、その後はまた・・・という感じです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 水の見える風景 | トップページ | 無題 »