« Canon EOS-1D Mark II N | トップページ | 壁面の芸術 »

2012年7月24日 (火)

トスカニーニ 84CD B0X

Toscanini
トスカニーニ RCA コンプリート・コレクション(84CD+DVD)

昨日、満を持して発表されたキヤノンさんのミラーレスカメラ EOS-Mですが、購入予定の人はいらっしゃるのでしょうかねぇ?

しかし今日はカメラの話題ではなく、音楽、それもクラシック音楽ですからご興味のない方にはお詫び致します。

イタリア出身の往年の指揮者、アルトゥーロ・トスカニーニ(1867-1957)がRCAレコードに録音した音源が完璧に網羅されたCD BOXが発売された事は、クラシック音楽ファンならご存知だと思います。

カラヤンの独グラモフォンと英EMI、ふたつのコンプリートBOXをすべて聴き終えましたが、今度はこのトスカニーニのBOXに挑戦です。(^^;

しかしこのトスカニーニ CD BOXですが、初期生産分のみ同じ音源(ベートーヴェン/英雄交響曲)が2枚のCD(Disc 1と29)に収録されるという大きなミスがありました。Disc 1のジャケットには1949年録音の英雄交響曲となっていますが、実際にはDisc 29と同じ英雄交響曲(こちらは1953年録音)が収録されていたのです。

Toscanini2

輸入元のソニーさんは素早い対応でDisc 1の交換に応じており、私も先週交換のため送付したところ、一週間と経たずに良品が送られて来ました。その良品が↑BOXに乗せてあるCDです。これで安心出来ました。(笑)

Disc 1から順に聴き始めましたが、最初はベートーヴェンの交響曲全9曲から収録されています。或る程度予想していた通り、すべての贅肉を削ぎ落したかのような、まったく遊びのない演奏解釈だと思います。朝比奈隆さんやトスカニーニと同時代のフルトヴェングラーとは対照的演奏。

録音年代を考慮すると多少聴きづらいかもと思いましたが、そういう事はないですね。オリジナルテープから新たにリマスターしたものもあるそうで、これから聴き通すのが楽しみです。

実は私、イタリア出身の指揮者とはあまり相性が良くなく、トスカニーニも格別好きな指揮者ではないのです。では嫌いかと問われれば嫌いでもないです。余談ですがリッカルド・ムーティは嫌いです。(^^;

トスカニーニのレコードを確か1枚だけ持っていたはず、と思い出し、レコード棚を探したらありました。

Toscanini3
米RCA VICTOR LM-1836

ブラームスの交響曲第3番でした。このレコードの音がCD化されてどういうふうに変わったのか、少々興味が湧きました。休みの日にでも聴き比べてみましょう。

さて、全84枚、聴き終えるのはいつ頃になるのかな?

« Canon EOS-1D Mark II N | トップページ | 壁面の芸術 »

コメント

おはようございます。
84枚(!)、夏の夜の楽しみですね^^ 最近はレコードを取り出すことがほとんどなくなっていたのですが、レコードのお写真を拝見して、レコードを掛けたくなりました^^ レコード盤を裏返すという今の方たちには面倒と言われてしまいそうな行為も、結構好きだったりします^^

koukoさん、おはようございます。
CDですと途中休憩なしにぶっ続けで聴き通す事になりますが、レコードは裏返す行為があるので、これがまたひと休み入れる感じになって良いですね。
しかし今年は随分集中して大量のCDを聴いている事になります。(笑)

さすがに深いですね・・・
高校生の頃に詳しいのがいて、よく聴かされました・・・

ramble-leicaさん、こんばんは。
いえいえ、ただただ好きで聴いているだけであります。
その代わり楽器が出来ません。(^^;

おはようございます。
トスカニーニの場合、このCDボックスでも、音質は以前のものと変わっていないのでしょうね。そうすると、演奏のスタイルと合わせ考えると、この84枚を全部聴くというのは相当な忍耐力が必要な気がしますが、いかがですか(笑)。
ある評論家は、トスカニーニの本当の良さは、アナログのオリジナル盤を聴かないとわからないと断言していますが、これは非現実的なことですので、私としては、SACD化をしてもらいたいです。
シューリヒトのブルックナー8番、9番はSACD化でより良くなっていますので。

yymoonさん、おはようございます。
大分以前、国内盤が1,000円で大量に出た時に少し買っていたのですが、今はオペラの一部しか手元に残っていません。
今回のBOXはとにかく破格の価格(7,500円ほど)ですから、一気に揃えるチャンスと思いました。音の方は思ったほど悪くなかったので、何とか完聴出来るかと。(^^;
古い映画でもDVDよりブルーレイの方が一段と精細な画像になるように、同じく古い音源もSACDにした方がやはり質はアップしますね。私もシューリヒトのSACDは輸入盤で買いました。これも安かったですねぇ。
でも、やはりSACDは一部の人しか買わないようです。

こんにちは。
我が家のトスカニーニ箱は、現在お休み中です。
一月くらい前にスピーカーのセッティングを変えてから今日に至るまで試行錯誤中で、精神的に落ち着いて聴く余裕がありません。
本当は、買ってしまえばいつでも聴けるという心の余裕(怠惰)がこういう結果になっていると思います^^;。
今日からぼちぼち再開しようかしら。

ぽちさん、こんばんは。
前回CDに不具合がある事をお教え頂いたお陰で良品と交換する事が出来ました。ありがとうございます。
スピーカーのセッティングですか、これはハマると堂々巡りになる恐れがありますので、程々に。(^^;
ミリ単位で音が変わる、と言うオーディオマニアが沢山いらっしゃいますが、私は最初にセッティングし終わると先ず弄りません。(笑)
BOXモノは自分にノルマを課さないと聴かなくなりますので、私の場合は義務で聴いております。(^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Canon EOS-1D Mark II N | トップページ | 壁面の芸術 »