« ミラーレスをお供に | トップページ | 東京タワーライトアップ »

2012年7月27日 (金)

デジカメ高画素化戦争

1951
釧網本線「北浜駅」(2012年7月3日撮影)

昨日の猛暑には参りましたですね。しばらく続きそうですので、皆様どうぞご自愛下さい。

さて、今日はデジカメの画素数の話題。私が3,630万画素のD800を使っている事は拙ブログをご覧になっている方々はご存知の事と思います。三日間の北海道旅行ではそのD800をメインカメラとして使って来たわけですが、帰宅後撮影した全ファイル数を調べてビックリ、D800だけで28GBもの量でした。他にサブのm4/3機が2GBです。

合わせて30GBも撮影して来ていました。この調子で撮影していたらあっという間にHDDはいっぱいになってしまいます。そこで私は少し脅威を感じたわけです。この中から大きくプリント(A3ノビ)するのは数枚です。その数枚のために30GBか・・・と考え込む事に。(^^;

1624
大雪山系旭岳にて(2012年7月1日撮影)

3,630万画素の高解像度に驚き、感動し、撮影を楽しんで来たものの、最近になってキヤノン EOSデジタル初のフルサイズセンサーを搭載したEOS-1Dsを入手してみたら、昨今の高彩度化されたデジタルカメラとは違い、フィルムライクな面を残すその画像に感嘆。

EOS-1Dsを使ってから感じた事は、果たしてデジタルカメラの画素数はどのくらいあれば良いのか、という事でした。正直A4くらいのプリントで済まされる方ならD800はオーバースペックではないかと思うようになりました。いえ、A3サイズでもオーバースペックかもしれません。

2034
ウトロ港を望む(2012年7月3日撮影)

そこで最近私が思うデジタルカメラの画素数の落としどころ、要するに最高A3サイズのプリントを想定した画素数という事では1,600万〜2,000万画素もあれば充分ではないのか、という事です。EOS-1Dsの1,110万画素による高精細なA1プリントを見た事がありますが、これでも充分かもしれません。

EOS-1Ds入手以降、私はデジタルカメラの画素数にあまり拘らなくなりました。820万画素のEOS-1D II Nで撮影した写真でも充分見られるA3プリントが出来ます。D800の性能を発揮出来るのは大きくプリントする事を目的とした風景写真のように思います。三脚に据え、じっくりとフレーミングし、シャッターを切る。

弟分、1620万画素のニコン D5100でも驚くような画質の写真が撮れます。このカメラがレンズキット4万円台で買えるのですから驚きます。一般的にはこのカメラでも充分過ぎる性能だと思います。まぁ、メカに拘る方(自分もですが)はもう少し上のクラスを購入頂くとして・・・。

3,630万画素のカメラを使っていて「何を言ってるんだ!」と叱られるのを覚悟して最後に申します。もう、そろそろ高画素化争いは止めにしましょう、各カメラメーカーさん!

Nikon D800 + AF-S NIKKOR 24-120mm/F4G ED VR、TAMRON SP 70-300mm/F4-5.6 Di VC USD

« ミラーレスをお供に | トップページ | 東京タワーライトアップ »

コメント

おはようございます。
北浜駅の駅舎、早朝でしょうか、趣がある風景ですね。夏休みシーズンのせいか、TVで道東の風景を見ることが多くなりました。知っている場所が出ると、TVの前で大騒ぎしている我が家です^^; KONDOHさんの北海道シリーズも本当に楽しみに拝見しております♪

koukoさん、おはようございます。
はい、北浜駅に朝日が入り込んだところを撮影したのですが、明暗の露出差がかなりありまして、難しかったです。駅舎の窓部分が白く飛んでいますが、肉眼では知床連山が見えておりまして、それを狙ったのです。しかし連山を写すために極端なマイナス補正をすると駅舎以下が真っ黒に。(^^;
こういう被写体は思いっきりアンダーに撮ってレタッチで暗部を持ち上げる必要がありますね。
私もテレビで北海道特集を見る度、また行きたくなります。先日も網走から釧路まで美味しいものを食べながら走破する番組が二週に渡って放送されていました。

 賛成です。(笑)

 オールとレンズだと、600-800万画素でも十分です。

 ついでながら・・・解像度も・・・
 人の顔を安心してみることが出来るやや劣る解像度の方が良いです。
 ひげの剃り残しはともかくうぶげまで鮮明に撮れる道具は・・・敬遠してしまいます。

pyosidaさん、こんにちは。
そうですねぇ、NEX-7でマウントアダプターを使うと広角レンズを苦手としますので、画素数はやや少ない方が良いみたいです。
解像度も行き過ぎると悲惨な事も。D800のメーカーサイトの作例、女性モデルさんが可哀相でした。下からのアングルでは鼻毛まで鮮明に描写していましたから。(^^;

こんばんは!
毎日暑いですねぇ。先日蓮撮影で京都へ行ってきましたが、蒸し風呂でした。

D800はあっという間に28GBですか。仰るように保存だけでも大変ですよね。画素数だけで判断できないとは思いますが、ほどほどで良さそうです。
最近は各社とも画質が良くなっていますので、目的に応じて選択肢が増えたことは、歓迎できますが、、、

tamuraさん、こんばんは。
京都はこちらより暑いでしょうね、お疲れ様です。
D800、まぁ・・・購入する前から当たり前の事としていたのですが、北海道で調子に乗って撮影していたら、容量にビックリ。(笑)
被写体に合わせて適材適所でカメラを選ぶ必要がありますね。
おっしゃるようにいろいろと選択肢が出来るのはユーザーにとっては歓迎すべき事です。

A?かわかりませんが、いわゆる「全紙」サイズだったらD3で十分です。D800を頼んでおきながら、入手前にD700での全紙写真を見てそう思いました。で、なかなかD800が来ないのでD4を買いそうになりました(笑)。キヤノンも4000万画素級のモノを出してくるでしょうけど、大伸ばしもしない方には完全なオーバースペックですよね。
それなりの安心感を持てると言うことを含めると、今噂されるD600というのがベストバランスなんだと思います。
キヤノンは既に5D3を出していますが・・・
HDDですが、PCの周りにいくつも置くわけにもゆかないので中身だけ交換できるやつを銀一で買ってきました。
私はまだあまり撮影していませんが、これからどうなるんだろう???と考えています。

NiCoLeiさん、こんばんは。
そうですね、1200万画素あればかなり大きなプリントが出来ますね。私も1Dsでのデカプリントを見てビックリしたものです。
そう考えるとD800もの画素は必要ないのかも、と思ってしまう訳です。しかし夕べ撮影した東京タワーの写真、遠くから撮影していてもタワーの展望台の窓枠が実にシャープに描写されているのを見ると、やはり高画素のお陰なんだろうか、と思ってしまいます。
5D3が発表された時、多くのEOSユーザーが画素数の大幅アップがない事を理由にブーイングの嵐でした。しかしメカ部分のてこ入れをしたのはメーカーの見識だったのかもしれません。5D3の画素があれば充分でしょう。
D800、風景写真メインのNiCoLeiさんには最適のカメラだと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ミラーレスをお供に | トップページ | 東京タワーライトアップ »