« チングルマ(大雪山旭岳) | トップページ | 原生花園駅(釧網本線) »

2012年7月 6日 (金)

旭岳の高山植物

1639
エゾイソツツジ

旭岳、今回初めて夏に上がってみたわけですが、あちこちに可愛らしい高山植物が咲き誇っていて、それは見事でした。

1618
エゾノツガザクラ

昨日の記事で申した通り、とにかく猛烈な強風で花を撮影するには最悪の環境。カメラを構えて、ほんの少しでも風が弱まった時にシャッターを切っています。ほんの少し・・・と言ってもあまり変わりはないのですが。(笑)

1635
キバナシャクナゲ

山と言えば旭岳ばかりの私ですが、初めて見る高山植物の愛らしさに感動しました。

1659
メアカンキンバイ

名前の由来と、漢字だとどういう字を書くのだろうと思い、調べてみました。「雌阿寒金梅」と書き、そもそも発見地が雌阿寒岳だそうです。「金梅」は花の色が黄色、形が梅の花ににているところから名付けられたとの事。知床、阿寒、大雪山系、羊蹄山で見られる多年草。

1737
エゾコザクラ

こちらも北方領土を含む北海道大雪山系、利尻山、斜里岳、羅臼岳などの高山の湿った草地に生えるそうで、何と北海道では「希少種」に指定されているらしいです。開花時期は7月から8月。しかし貴重な花を見る事が出来ました。

1670
エゾシマリス

小さな可愛い訪問者と遭遇しました。あ、訪問者は私の方ですね。(笑)

旭岳には野鳥以外ではエゾヒグマ、エゾナキウサギ、エゾシマリスが生息していますが、今回初めてエゾシマリスを見る事が出来ました。嬉しかったですねぇ。

一昨年訪れた時には一週間前にヒグマが出たばかり。その時の写真が掲示してあって登山客、観光客に注意を呼び掛けていましたが、ヒグマとは未だ遭遇していません。(^^;

Nikon D800 + TAMRON SP 70-300mm/F4-5.6 Di VC USD

« チングルマ(大雪山旭岳) | トップページ | 原生花園駅(釧網本線) »

コメント

おはようございます。
高山植物、どれも可愛いですね~。清々しい空気の中で、こういう植物を撮っていたら、本当に心身がリフレッシュしそうですね。シマリスも可愛い♪ 最近は町にヒグマが出てきたニュースをよく見ますが、うまく人と動物とでエリアを棲み分けて暮らせるといいのですが。

koukoさん、おはようございます。
今日の高山植物は旭岳で初めて見る花ばかりです。強い風が吹く環境の中で生きて行くには背が低く、花弁は小さく、そういうふうにして育っているのですね。
昨年でしたか、札幌の街中にヒグマが出没していましたが、人が環境を荒らしている事も原因のひとつかもしれませんですね。

リスが撮れるなんてラッキーですね、雪がまだ残っている爽やかな写真で梅雨の蒸し暑さを忘れたいものです

roxanne6さん、こんばんは。
ようやく・・・旭岳で初めて見る野生動物です。
知床ではエゾジカやキタキツネを何度も見ましたが、旭岳では初めてでした。
北海道も暑いと思いましたが、こちらは湿度が高いので参ります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チングルマ(大雪山旭岳) | トップページ | 原生花園駅(釧網本線) »