« 壁面の芸術 | トップページ | デジカメ高画素化戦争 »

2012年7月26日 (木)

ミラーレスをお供に

00338
狛犬ならぬ狛猫? (^^;

最近重いカメラで撮影する機会が多くなっているので、たまにはm4/3で歩いてみようという事であまり使っていなかったパナソニック GX1をお供にする事に。

00335
主を待つバイク?

EOS-1Dsや1D II Nを散々使った後にミラーレスカメラをぶら下げていると、カメラを携帯している感覚がないですねぇ。同じミラーレスでもNEX-7だと「さぁ、何を撮影しようか!」と力が入ってしまいますが、その点マイクロフォーサーズだとメモ写真でも撮っておくか・・・と、実にゆったり気分。

00348

GX1は名機GF1の後継機として扱われているようですが、自分もそのように思います。ところで20mm/F1.7がキットレンズとして使われなくなって久しいですが、何故でしょうねぇ? 優秀なレンズなのに。

00350

これを見た時にはビックリしました。こういう被写体にお目に掛かれるのはお散歩写真の醍醐味。

Panasonic DMC-GX1 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm/F2.8

« 壁面の芸術 | トップページ | デジカメ高画素化戦争 »

コメント

おはようございます。
私もGF2はメモ用のような感じで、GF2一台で出かけるとちょっと心もとない気分になります。でも暑い中、重いカメラは大変なので、フィルムのコンパクトカメラとGF2の組み合わせはどうかななどと思ったりしております^^ 月島だったような気がしますが、私も現役の青い色の井戸ポンプを見たことがあります。井戸水の冷たさが懐かしいな^^

軽いので手軽なので良いですね、北品川でしょうか?

koukoさん、おはようございます。
m4/3だと写真を撮りに行く、という変な力の入りがなく、お気軽に使えるのが良いです。漬物石の1D系の後だけに余計軽く感じます。(^^;
井戸ポンプ、こうして保存している事に感動します。普通に考えれば路地の真ん中にあったら不便でしょうに。

roxanne6さん、おはようございます。
さすがです。(^^)
この辺はすっかり気に入りました。

こんにちは。
最近の私はミラーレスばかりになってしまいました。
お陰で、たまに一眼レフを持ち出そうとすると、重さでメゲてしまいます。
ところが、ここ数ヶ月で老眼の気配が出てきまして、背面液晶を確認するのが辛くなってきました^^;。
見捨てたD-SLRの祟りでしょうか^^;;。

ぽちさん、こんばんは。
私もD800を入手する前はミラーレスばかり使っていました。やはり軽いという事が持ち出す時、大きなアドバンテージですね。
背面の液晶は日中使いづらいので、やはりファインダーが良いですね。

 1枚目の道の狭さからすると、巨大1眼に巨大レンズは避けた方が無難ですね。

 京都の路地の雰囲気に似ていますが、こんな時はミラーレスが良いです。
 シャッター音がないものがあれば、さらに好都合です。(笑)

 私の場合は、よく家の中から住人の声が聞こえていますので・・・
 ということは、こちらのシャッターも、聞こえてしまいますので・・・。

pyosidaさん、こんばんは。
1枚目は通りから数歩路地に入ったところで撮影しています。私としては珍しい猫写真のためです。(笑)
こういうところで撮影するには一眼レフは不釣り合いですね。ミラーレスが最適です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 壁面の芸術 | トップページ | デジカメ高画素化戦争 »