« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月31日 (金)

東京スカイツリー遠望

293

私のブログにも何度か登場している東京スカイツリー。今日はいろいろな角度から撮影したスカイツリーをご覧下さい。

166

167

170

174

179

303

307

287

以上です。

他にも沢山有るのですが、切りがないので。(^^;

SONY NEX-7 + E 18-55mm/F3.5-5.6 OSS

2012年8月30日 (木)

ブロニカを持って・・・

N75_10

しばらく使っていなかったゼンザブロニカ S2を持ってお散歩写真してみました。
・・・が、酷暑の中をあんな重いカメラを持って歩くものではないですね。ハッセルブラッドより重いですから。(笑)

N75_12

ハッセルブラッドを真似たカメラですが、それでもおよそ半世紀前に作られたカメラですよね。時代を考慮すれば大変良く出来たカメラだと思います。

もちろん私は中古で入手したわけですが、手にしてから5年が経ちました。前述した通り、結構重いのでそう頻繁には持ち出していないのですが、手放す事なく愛用しております。

でも、次に持ち出すのはいつになるやら・・・(^^;

ZENZA BRONICA S2 + NIKKOR-P 75mm/F2.8、Fuji PROVIA 100F

2012年8月29日 (水)

武蔵野線

510
209系500番台

JR武蔵野線は横浜の鶴見駅から千葉県の西船橋駅間をぐるっと円弧を描くように走る路線ですが、鶴見駅〜府中本町駅間は貨物列車専用です。

513
205系5000番台

神奈川県、東京都、埼玉県、千葉県を結ぶ路線ながら、私の住んでいる地域では全く縁のない鉄道なのです。前述したように鶴見駅〜府中本町駅間は貨物列車のみの走行だからです。

今日の写真は見沼たんぼを訪れた際、たんぼの横で撮影しました。

539
E491系(East i-E)

541

日頃撮影機会のない貨物列車を待っていたら、なんと東日本の電気・軌道総合試験車(検測車)East i-Eが来るではないですか。ラッキー!

以前、東京駅で新幹線区間専用のE926系 East iに遭遇した事がありますので、これで東日本のEasr i車両は二種類と遭遇した事になります。東海道、山陽新幹線のドクターイエローは未だ一度だけしか見ていないのですが。

530
EF64 1024

貨物列車って鉄道に興味のない方にとっては見向きもしない車両だと思います、多分。自分がそうでしたから。しかし、最近になって鉄道に惹かれるようになってからは貨物の電気機関車にも少し関心が出ております。

547
EF66 118

ところが私の住んでいる地域で貨物列車を見る機会がほとんどないのです。ですから今回見沼たんぼを訪れる際、武蔵野線は貨物列車が走っているからついでに撮影して来よう、と思ったわけです。

495
EH200-22

518
EF210-234

桃太郎とニックネームが付いているEF210、これは時々駅ホームから見たり、乗っている電車の窓から見掛けたりしますね。

で、ちょっと空を見上げてみれば・・・、

522_2

旅客機がコントレールを引きながら上昇していました。多分、成田から離陸した飛行機だと思います。

しかし暑かったなぁ・・・(^^;

SONY NEX-7 + E 18-55mm/F3.5-5.6 OSS

2012年8月28日 (火)

「ちい散歩」の事

N556
埼玉県東浦和、見沼たんぼ(2012.08.25)

「ちい散歩」というテレビ番組をご存知でしょうか?
俳優、地井武男さんの急死で終了してしまったテレビ朝日の人気番組です。俳優さんやタレントさんが歩きながら各地を紹介するという、言わば「お散歩番組」の草分け的番組だったと言えましょう。

N558

実は私、「ちい散歩」が好きで毎日タイマー録画しておりました。帰宅後、食事をしながら見るのが楽しみだったのです。地井さんの気さくな人柄が歩く先々で出会う人々の心を開き、実に微笑ましく楽しい交流を見る事が出来ました。

N560

私はこの番組の影響を受け、地井さんが歩いたところを番組を見てから出掛けた事が何度かありました。今日ご紹介する埼玉県の見沼たんぼも実は「ちい散歩」で知った地域でして、番組を見てから出掛けたのが三年前の9月。

以来、一昨年、そして今回と都合三度も訪れるようになってしまいました。以前訪れた時の様子を拙ブログですでにご紹介済みですが、今日で三回目となります。

N563

見沼たんぼ一帯にある国指定の史跡「見沼通船堀」も「ちい散歩」で知ったわけです。調べると江戸時代後期から明治時代の内陸水運として重要な役割を担っていたようです。

私の説明ではもどかしいので通船堀に立てられている説明書きをご覧下さい。

N564

明日29日、実際に水を流して2分の1に復元した船を通し、一般の人に見せてくれるようです。

N565

ここがその通船堀です。一度見たいと思っているのですが、いつも仕事と重なってしまい、未だ果たせずにいます。

「ちい散歩」のお陰で知った見沼たんぼ、以来私のお気に入りの地域となっています。

番組の中でいつもお元気だった地井武男さん。まさか心臓疾患で入院し、帰らぬ人となるとは本当に驚きました。とても残念です。

尚、現在は加山雄三さんが番組を引き継いで放送されています。

SONY NEX-7 + E 18-55mm/F3.5-5.6 OSS

2012年8月27日 (月)

井の頭公園・・・夏

1006
東京・井の頭公園

しかしまぁ・・・毎日毎日酷暑が続きますねぇ。この夏は何リットルくらい汗を掻いた事か。いえ、仕事上ではなく、遊び(撮影)の中で、という事ですが。(笑)

1014

1019

井の頭公園は一年以上ご無沙汰でした。いつ行っても昔からここは全然変わらないですねぇ・・・。

1012

この方、D800で撮影していました。(^^)
しかし噴水を浴びたくなる蒸し暑さ!

1023

井の頭自然文化園前のパンダの像。この日使った50mmレンズ、絞り開放で撮影した事がほとんどないのでテスト撮影。右側のパンダの右目にピント。

1005

え! いせや(焼き鳥屋)さんが無くなっている!
公園を訪れる人にとってお馴染みのいせやさん、何となく寂しいですねぇ。と言っても、もう何年もお店には入っていなかったのですが。

ところで吉祥寺駅公園口は改装中でした。自分にとってお馴染みの公園口、改装の煽りで少々不便でしたが、いずれ綺麗に変貌するのでしょう。次回訪れる時は変貌後かな。

Nikon D800 + AF-S NIKKOR 50mm/F1.8G

2012年8月26日 (日)

昭和レトロの町

492
青梅駅構内

青梅と言えば旧青梅街道沿いに町おこしの一環として作られた、昭和時代の古い映画の看板が有名。

361

371

以前から一度歩いてみたいと思っていたのですが、何せ横浜からは遠いのでなかなか足が向かなかったのです。しかし、ようやく訪れる事が出来ましたので、今日はその旧青梅街道沿いのスナップ写真を。

376

宮本武蔵の看板があるのは嬉しかったですねぇ。私がもっとも好きな中村(萬屋)錦之助さんの宮本武蔵なので。

379

おお、美空ひばりさんだ!

382

バス停です。ピッタリの映画看板。(^^)

401

花街のジオラマだそうです。

433

TBSの水戸黄門に出演していた、あの・・・(^^;

409

看板絵師さんて、ホントに上手に描くものですね。

455

459

新吾十番勝負シリーズは最近WOWOWさんで放送されたので観たばかり。

看板は定期的に替えているようですね。一年後にまた訪れたら、違った看板が見られそうです。

しかし昨日も暑かったですねぇ。青梅から埼玉県に移動したのですが、埼玉県は猛烈な暑さ!

SONY NEX-7 + E 18-55mm/F3.5-5.6 OSS

2012年8月25日 (土)

浅草で、

332

夏休み、浅草を訪れた時のスナップです。

浅草寺界隈、大変な人出でしたねぇ・・・。しかしこの日も暑かったぁ。

253

スカイツリーが例のビルに反射するんですね。

ところでフォトキナが近付いているからか、いろいろと新製品の噂が出ています。ニコン D600(廉価版フルサイズ)も来月発表という噂が出ていますが、本当に出るのでしょうか? D800もようやく各店舗で在庫するようになったせいか、売価が少し安くなりましたね。ヨドバシさんでも1万円安くなっていますから。

その他、パナソニック、オリンパス、ソニー、富士フィルムと、噂がいろいろと。もちろんデジタルカメラばかりですけど。(笑)

SONY NEX-7 + E 18-55mm/F3.5-5.6 OSS

2012年8月24日 (金)

月に一本のフィルムを・・・

P75_07

以前、ここで「月に僅か一本のフィルム」を消費しましょうと訴えた事がありますが、その後も残念ながらフィルムの銘柄は減る一方です。売れないのですからメーカーさんも銘柄を絞らざるを得ないわけで、現状残されたフィルムで楽しむ他ありません。

嘗て、デジタルカメラが世に出る前、写真撮影を楽しむ事が出来たのは富士フィルムさんやコダックさん等が販売してくれたフィルムのお陰だったわけです。今こそ恩返しの意味でもカメラファン、写真ファンが月に一本消費するだけでかなりの売り上げに貢献出来ると思うのですが・・・。

P75_05

とまぁ・・・、私一人がこんな事を叫んでも笑われてしまうだけですね。何しろプロの現場でもフィルムはほとんど使われなくなっているのですから。報道関係(スポーツも含めて)は100パーセントデジタルでしょうし。

結局フィルムはもう・・・「趣味」の世界だけで細々と使われるだけなのでしょうね。私は今まで通り、細々と使って行きますが。

写真は夏休みに撮影した、他愛もないスナップです。

PENTAX 645N + SMC PENTAX FA645 75mm/F2.8、Kodak 400TX

2012年8月23日 (木)

タワーの見える水風景

F210_01

大判に手を出したのはいつだったかと調べてみたら、もう5年も経っていました。木製暗箱のタチハラ製を購入したわけですが、最初の頃は悪戦苦闘。(^^;

初めの頃はせっかく撮影したフィルムを取り出す時に光線引きをしたり、といった失敗もやりました。街中で撮影していると物珍しさから人だかりが出来て、恥ずかしい思いを何度も経験。そのうち街中での撮影を止めてしまい、富士山などの風景写真で使おう・・・と思ったのですが、そういう場所に出掛けないものですからカメラはいよいよ自宅で眠っているだけ。(笑)

フィルムカメラの中古市場での値崩れは何度もここで申しておりますが、大判カメラはそれが特に悲惨な状況です。新品時には数十万円もしていたものが程度が良くても3万、4万円という信じられないプライスが付いていたりします。

で、今年に入ってから私はウィスタというメーカーの代表的モデル、45SP という大判(4x5)カメラに破格のプライスが付いているのと遭遇。そのカメラにあまり知識のなかった私は一度お店を出てiPhoneで45SPというモデルを検索。そうしたらそのメーカーを代表するモデルであり、人気の高い製品だという事を知り、再度お店に戻る事に。(笑)

見せて頂くと多少の使用感はあるものの、プライス表の価格はほとんど捨て値と言っても良いほどで、私は即決。(^^;
しかし総金属製で重さは2.9kgあります。実に重いです。シノゴの名機、リンホフ スーパーテヒニカより重いらしいです。買ったものの、そのままタチハラ共々自宅で眠ったままになっていました。

ようやく夏休みに持ち出す決意をして(笑)、初めてウィスタ 45SPを使ったわけです。その時の写真が先日掲載した横浜・大さん橋での写真でした。いざ使ってみたら、私には木製暗箱のタチハラフィルスタンドより使いやすく感じました。

ウィスタとタチハラ、重くても操作性を取るかタチハラの軽さを取るか、ですが、仮にどちらかを選びなさいと言われたら、今はウィスタを選びますね。そのくらい大判初心者の私には使いやすかったです。

大判の話題でしたが、今日は軽い方のタチハラフィルスタンドを使って夏休みに撮影した写真を掲載しておきます。

Tachihara Fielstand 4x5 GF + Fuji FUJINON CM Wide 210mm/F5.6、Fuji PROVIA100F

2012年8月22日 (水)

青春18きっぷ

116

「青春18きっぷ」をご存知でしょうか?
夏休みに出掛けたセントレア、高崎駅でのD51撮影、そして先日の久留里線乗車、これらはすべて「青春18きっぷ」を使っての電車旅行でした。

154
セントレア(中部国際空港)ターミナル内にて

どういうものか簡単にご説明しますと、販売価格は11,500円。全国のJR線普通列車が一日乗り放題となる乗車券です。11,500円で5回分乗れます。割り算すると一日当たり2,300円となりますから、JR線が2,300円で一日乗り放題となるわけです。使い方は自由、5回分を5人で乗車した場合は5人が一日乗り放題で乗車券を使い果たす事になります。

ちなみに私が横浜から中部国際空港まで行った時の運賃、名鉄線に乗り換える金山駅(愛知県)までのJR線、通常は普通列車往復で10,920円掛かりますが、18きっぷを使って往復したので2,300円相当だったわけです。(^^;

465
高崎駅にて

デコイチを見に行った高崎駅までは往復4,420円。実はこの日、高崎駅から都内数カ所を廻ったので、通常運賃に換算すると幾らになったのか分かりません。(^^;

457
久留里線(木更津駅にて)

18きっぷは自動改札機を通れません。その日最初に入った駅で駅員さんにスタンプを押してもらい、以後は駅員さんのいる改札を18きっぷを見せて通るだけ。

この夏休み、18きっぷを見せて改札を通る人を随分見ました。自分も含めて利用している人が多いという事ですね。

494

発売期間は春、夏、冬のシーズンで、夏の発売期間は7月1日〜8月31日、利用期間は7月20日〜9月10日迄となっています。要するに学生の夏休みにほぼ合わせているという事ですね。

18きっぷのシーズンが来ると書店に「青春18きっぷ」を如何に上手く使いこなすか、という特集本が並びます。私も何年も前に一冊購入した事があるのですが、なかなか利用するチャンスがないまま数年経ちました。それが今回ようやく初めて使う事が出来たわけです。

普段、旅行と言えば私の場合飛行機や新幹線ですが、普通列車に乗り、のんびりと流れ行く見知らぬ土地の風景を眺めながらの旅もなかなか楽しいものだと思いました。

青春18きっぷ、機会があったら是非お使いになってみて下さい。

2012年8月21日 (火)

久留里線の旅(2)

510
上総亀山駅にて

初めて乗車した久留里線、終点「上総亀山駅」まで乗ってみました。乗車時間、およそ一時間。

484

走行中、外はこういった景色が流れています。

500

横浜から海を隔てた、ここは千葉県です。ずっと遠い、ローカル線に来たような心持ちになります。

525

すべての車両がステンレス製になったら味気ないですね。

503

こちらの駅は無人駅。知らずに前を歩いたら、駅舎とは気が付かずに通り過ぎかねません。釧網本線の駅舎を思い出します。千葉県でもこんなのどかな駅が在るのですねぇ・・・。

帰りにどこかの駅で下車し、走行中の久留里線を撮影しようと考え、乗車中にロケハンしていました。で、降りるところは決めたのですが、念のためiPhoneで時刻表を検索。「げ! 次の列車は2時間後だ」という事で断念。

炎天下、外で2時間も待っていられませんですから。走行写真を撮りに来るには車が必要に感じました。そういえば沿線で撮影しているカメラマンを何人も見ましたが、決まって傍に車が止めてありました。涼しければ何て事はないのですが。(^^;

ところでD800で撮影した写真ですが、如何にも「デジタル写真!」というハイコントラスト、高彩度の結果に驚きます。写真はほとんどレタッチしていません。撮って出しに近いです。まぁ、あの強烈な直射日光下ではこうなるのかも。

Nikon D800 + AF-S NIKKOR 24-120mm/F4G ED VR

2012年8月20日 (月)

久留里線の旅

464
JR久留里線、木更津駅にて(2012.08.19)キハ38系

昨日は千葉県内のJR線では唯一の単線非電化路線となる久留里線に乗って来ました。時々拙ブログにコメントを寄せて頂いているroxanne6さんのブログ上で現在使われている車両が秋頃からステンレス車体に変わりますよ、とお教え頂き、ようやく乗りに行けました。

477

車内はご覧のような扇風機が回っているのですが、生暖かい風が来ます。(^^;

478
横田駅 キハ37系と38系

朝6時半過ぎ、横浜駅からJR線を乗り継いで木更津駅に9時前に到着。ローカル色の濃い久留里線に初めての乗車。木更津駅を出て四つ目の「横田駅」で上り線と待ち合わせ。停車時間が少しありますのでカメラを持った人たちは一斉にホームへ出て記念撮影です。

483

沿線にはずっと水田が見られ、のどかな田園風景の中を走っています。3月のダイヤ改正から単線特有のタブレット交換が廃止されたそうで、見る事が出来なくなっています。

490
久留里駅

ここまで来ると終点の「上総亀山駅」までは後僅か。

495

時々、「え! これが駅ホーム!?」なんて思ってしまう駅も在り、実に楽しい路線でした。

次が終点の「上総亀山駅」です。

Nikon D800 + AF-S NIKKOR 24-120mm/F4G ED VR

2012年8月19日 (日)

成田「さくらの丘公園」

2291
UPS航空 MD-11F(N276UP)

今日は先日の「さくらの山公園」に続いて「さくらの丘公園」で撮影した飛行機写真です。「さくらの山」と「さくらの丘」、紛らわしいですねぇ。私も時々間違えます。(^^;

3発のMD-11がまだ飛んでいるとは思いませんでした。私の好きだったDC-10は大分前に日本の空から消えてしまいましたから。

2141
マレーシア航空 A330-200F(9M-MUD)

この日、この辺りの上空は大分湿っていたようで、ここを通過する飛行機がコントレールを引いて飛去って行きました。

1835
タイ国際航空 B747-400(HS-TGY)

先日の「さくらの山公園」はA滑走路16Rのエンド付近に位置しているとご紹介しましたが、今日の「さくらの丘公園」はほぼその真反対、A滑走路34Lエンド付近の横に位置しています。間に道路を挟んでいますが。

1879
フィンランド航空 A340-300(OH-LQD)

この日は風向きの関係でここからは離陸シーンを見る事が出来ました。

1925
日本航空 B777-300ER(JA731J)

久しぶりに見た日本航空のエコジェット。国内線でも沢山飛んでいるB777(トリプルセブン)ですが、この-300ERはジャンボジェット B747-400の後継として設計された航続距離延長型です。国際線に使われるのは当然ですね。

ご紹介仕切れないエアラインがまだまだあるのですが、またそのうちに・・・。

Canon EOS-1D Mark II N + TAMRON SP 70-300mm/F4-5.6 Di VC USD

2012年8月18日 (土)

古い銀塩カメラでスナップ

T28mm_02
新宿

余りにも安く売られているフィルムカメラを見ると可哀相になって保護しちゃう事があります。ペンタックスのMZ-5というカメラをご記憶でしょうか?

MZシリーズと言われたコンパクトで軽いAF一眼レフ中の一台ですが、今年の2月だったか3月だったか、僅か1,050円で売られているのを見て哀れに感じて購入しておきました。

T28mm_03
新宿

しかし私はペンタックスのAFレンズを持っていないので安いレンズを一本購入するかぁ・・・と思ったものの、そのうちカメラを購入していた事も忘れていました。(^^;

T28mm_11
横浜

ところが夏休み中、ひょんなところから思い出し、「そうだ、スクリューマウントのタクマーを持っているのだから純正アダプターで使えるんだった!」という事で、昔購入しておいたアダプターを初めて使う事が出来ました。(^^;

T28mm_12
浅草

28mmの広角レンズをアダプター経由で使ってみましたが、ピン山が掴みにくいです。なので絞りをF8にして距離リングを3mに合わせ、被写界深度任せの撮影です。

T28mm_21
浅草

T28mm_25
浅草

改めて申すまでもなく、現在中古市場でのフィルムカメラは不当と言っても良いほど邪魔者扱いの評価に感じます。1,050円で購入したMZ-5ですが、まったく問題なく機能していました。

今年は某有名中判カメラも捨て値で売られているのを保護しちゃいましたし、ニコン F5、OM-1Nも来たし、フィルムカメラが増えちゃっていますねぇ・・・(^^;

PENTAX MZ-5 + SMC TAKUMAR 28mm/F3.5、AGFA VISTA 400

2012年8月17日 (金)

サンセット ハーバー

112
横浜・大さん橋(2012.08.16)

昨日の大さん橋は「飛鳥 II」、「ぱしふぃっくびいなす」、「にっぽん丸」三隻による入出航で忙しい一日だったようです。

178

仕事帰りに大さん橋に寄りまして見物して来ました。横浜三塔のひとつ、クイーンの塔がライトに照らされてハッキリと見えます。

139

生憎「飛鳥 II」は午後5時に出航しているので見る事は出来ませんでしたが、私が到着した時に丁度「にっぽん丸」が着岸するところでした。

148

日暮れ時、丁度ビルとビルの間から富士山が見えました。

176

こちらはもの淋しい雰囲気の「ぱしふぃっくびいなす」です。帰り間際に撮影しています。

「にっぽん丸」の背景が夕焼けで綺麗なものですから、ほとんどの観光客は「にっぽん丸」の方にへばりついていました。あ、私もです(笑)

Nikon D5100 + AF-S DX NIKKOR 18-55mm/F3.5-5.6G VR

2012年8月16日 (木)

成田「さくらの山公園」

1791
ヴァージン・アトランティック航空 A340-600(G-VFOX)

今日は成田空港に接して造られた「さくらの山公園」で撮影した飛行機をご覧頂きます。

↑このエアバス A340-600はボーイング社の新型ジャンボジェット機 B747-8が登場するまで民間航空機では世界最長(75.3m)でした。

日本ではジャンボジェット機の退役が進んでいるというのに、ジャンボの新型機? と思われた方もいらっしゃるかと。はい、新型のB747-8というジェット機がすでに大空を飛んでいます。B747-8IC(インターコンチネンタル)が旅客用、B747-8F(フレイター)が貨物専用機です。旅客用は確かルフトハンザドイツ航空に納入されたはず。日本でも貨物専用機のB747-8FがすでにNCA(日本貨物航空)に納入されています。

1814
ガルーダ・インドネシア航空 A330-200(PK-GPN)

私、このガルーダ・インドネシア航空のカラーリングが好きなのです。ボディ後部から尾翼にかけての色に品の良さを感じるのですが・・・。

1860
エーデルワイス航空 A330-200(HB-IQI)

5月からチューリッヒ〜成田便が運行開始されたばかりのスイスのエアラインです。ヨーロッパのエアラインはやはりエアバス機が多いですね。

1910
ルフトハンザドイツ航空 A380-800(D-AIMC)

ようやくルフトハンザのA380を撮影出来ました。一昨年、成田へ就航したばかりの時、このA380の飛来時間を調べて撮影に出掛けたら、機材変更があったのか、飛んで来たのはB747-400でがっかりした事を思い出します。

拙ブログをご覧頂いており、ドイツの歌劇場でヴァイオリン奏者としてご活躍中のHさんがA380に乗って帰国された際、嬉しい事にわざわざ私のためにルフトハンザ A380の機内誌をお土産に持って来てくれたのです。もちろん、今も大切に持っています。

1950_2
アエロフロート・ロシア航空 A330-300(VQ-BCU)

このアエロフロート機も初めての出会い。しばらく成田に行っていない間に、新規エアラインの参入があったりして、久しぶりの成田は楽しめました。

1946

ここが「さくらの山公園」です。A滑走路(4,000m)16Rのエンド付近に位置していまして、今の時季はこちらに飛行機が降りて来る事が多いです。もちろん風向きの関係ですが。

Canon EOS-1Ds + TAMRON SP 70-300mm/F4-5.6 Di VC USD

2012年8月15日 (水)

OLYMPUS OM-1N

0m1_01
OLYMPUS OM-1N

またやってしまった!
夏休み終了直前、またカメラを買ってしまいました。それもフィルムカメラ。オリンパス OM-1Nです。たま〜に行く某ショップのオリンパスコーナーに程度「AB+」で1万円台のOM-1Nが鎮座していました。

Ziko50_03

今時OM-1、OM-2の程度の良いものなんて早々お目に掛かる事はありません。以前、同店で「A」ランクのOM-2Nを見つけ、見せてもらったらプリズムは腐食、外観もボディ背面、底蓋は傷だらけ。「これでAランクですか?」と、店員さんにお見せしたら、「すいません! これは完全に表示間違いです」と陳謝された事があり、今回もあまり期待せずに見せてもらいました。

Ziko50_10

ところが今度は本当に程度が良いのです。OMシリーズはプリズムの腐食が有名ですが、この個体は幸いにも腐食はありません。おまけにメーターもほぼ正確に動くようです。懐かしさも手伝って、購入する事にしました。

Ziko50_17

昔、OM-4Ti 2台で写真を撮っていた頃、秋葉原のにっしんさんで格安中古のOM-1を購入し、そのままオリンパスサービスさんに持参してオーバーホールをお願いしたものでした。機械式シャッター独特の音が実に小気味好かったものです。ですから今回は完全に懐かしさが先に立っています。

Ziko50_21

↑この写真はレンズの歪曲テスト。デジタルではないですからカメラ内の補正はありません。(笑)

嘗てZUIKO 50mmはF1.2、F1.4とF1.8の3本持っていました。中でもF1.8は新品価格が当時実に安かったですが、写りは価格以上でした。

さてOM-1N、フィルムも同時に一本購入し、そのまま撮影へ。それが今日掲載している写真です。露出はチェックの意味でカメラ内蔵露出計の出た目で撮影しました。ほぼ大丈夫のようです。

家にはOM-4Ti で使っていた明るくピン山が掴みやすい別売のスクリーンが2枚、他にレンズ専用フード、「未開封」のレンズキャップ2枚等、昔使っていた頃のアクセサリーが現在も残っています。

という事で、久しぶりにOM-1N(以前持っていたのは前述したようにOM-1)が来ました。それも珍しく綺麗なボディ。あぁ・・・またフィルムカメラが増えちゃいました。(笑)

OLYMPUS OM-1N + ZUIKO AUTO-S 50mm/F1.8、Fuji Velvia 100

2012年8月14日 (火)

大判で「にっぽん丸」

Sa90_2
「にっぽん丸」(横浜・大さん橋)

先週、久しぶりに大判カメラを持ち出しまして撮影してみました。

しかし本当に久しぶりですから事実上のテスト撮影です。丁度大さん橋に豪華客船「にっぽん丸」が入港しているので、テスト場所は大さん橋に決定。

ですが、大さん橋で撮影していると決まって物珍しいものを見るように見物客が出来るので、いつもの場所から離れて三脚をセットしました。大判は慣れていないので見られていると恥ずかしいですから。(笑)

暗箱を三脚にセットし、広角レンズを装着。冠布を被ってピントを合わせ、相変わらずのヤマ勘露出で絞りとシャッターを決め、ケーブルレリーズで2回ほどシャッターを切ります。きちんとシャッターが開く事を確認してフィルムをセット。

で、本番撮影です。ところがフィルムを抜く時に、「あ、また光線引きをやったかも・・・」と不安が走ります。で、念のためもう1枚撮影し、今度は慎重に操作し、無事終了しました。

いや〜・・・、現像が上がって来るまで実に不安でした。まぁ、これがデジタルにはないフィルム撮影特有の不安と期待です。

昨日、2枚の現像が上がって来ました。ドキドキしながら電車の中で袋を開けて確認したら、やった〜・・・無事撮影出来ているじゃないですか。(笑)
光線引きを心配した1枚も光線引きはありませんでした。したがって同じ露光のフィルムが2枚になっちゃいました。でもまぁ、良かったです。

という事で、今日はその時の写真を掲載しました。やはり大きなフィルムは良いですねぇ・・・。

さて、私の夏休みも今日でお終い。この夏休みに消費したフィルムは、大判(4x5)6枚、ブローニー 3本、そして135が2本でした。デジタル撮影の合間にフィルムもきちんと消費致しました。

WISTA 45SP + Schneider Super Angulon MC 90mm/F5.6、Fuji PROVIA 100F

2012年8月13日 (月)

高崎駅にて

408

高崎駅に到着して最初に出会ったのがこれ、湘南色の115系。横浜住まいの人間には懐かしい車輛です。

537

何しろ東海道線でお馴染みだった車輛です。こちらで走っている事をまったく知りませんでしたから、出会った瞬間、目が点になりました。

474

しかしD51が横浜から案外近いところで走っているとは・・・。

471

シーズン向けのイベントとはいえ、こうして動態保存して頂けるのは非常に嬉しい事ですね。

また、あの「ブォ〜〜〜!」という汽笛の音を聞きたいものです。

Nikon D5100 + AF-S DX NIKKOR 18-55mm/F3.5-5.6G VR

2012年8月12日 (日)

デコイチ(D51)をデコイチで撮る!

438
「SLみなかみ号」群馬県・高崎駅で撮影(8月11日)

動くデコイチ(D51)を初めて自分の目で見て来ました。撮影に使ったカメラもデコイチ(D5100)です。(爆)

429

高崎駅9時56分発「水上行き」のD51がホームに入線して来ました。客車と接続です。

452

自宅を朝6時に出て、横浜駅から湘南新宿ライン「高崎行き」に乗って高崎駅に8時51分到着。どこのホームからSLが出るのか確認しようとしたら、何の事はない、電光掲示板に自分の降りたホーム2番線と表示されていました。

477

蒸気機関車の中でも最もポピュラー(私でも知っているくらいですから)なD51が「SLみなかみ号」として土曜日に走る事を前夜ネットで知り、急遽出掛ける事に。しかしいつも「急遽」ですね、私の場合は。(^^;

495

497

ブォ〜〜〜! という郷愁を呼ぶ汽笛とともに定刻通り発車しました。もう〜感動ものです!

502

この「D51 498」は昭和15年製造です。動態保存するにはメンテが大変でしょうね。

506

煙が私のところにまで来ました。凄かったですねぇ・・・。

510
行ってらっしゃ〜い・・・。

撮り鉄マニアの方々はあちこちの撮影ポイントで待っているのでしょうけど、私の場合はそこまでマニアックではないので、これで充分満足です。

この後、一度も乗った事のない「八高線」が高崎駅から出ているので乗る事も考えたのですが、D51の撮影を目的として来、いざ撮影が終わったら一気にモチベーションが急降下。結局帰る事に。最近、撮影目的を達成すると後が続かなくなっています。あははは・・・(^^;

Nikon D5100 + AF-S DX NIKKOR 18-55mm/F3.5-5.6G VR

2012年8月11日 (土)

新幹線テスト撮影!

0414
E3系2000番台

この夏休み、遠方への旅行を計画していなかった(計画出来なかった)ので、近場でちょろちょろと撮影しています。(^^;

0343
E5系

昨日は久々に新幹線を撮影して来ました。一昨日は旅客機、昨日は新幹線、乗り物の連続ですね。

0349
E2系1000番台

今日辺りから帰省客で東京駅、上野駅は大混雑するのでしょうか。私はそういう経験をする必要がないので助かります。

0383
E4系

2階建て新幹線のE1系とE4系を来年以降順次退役させ、5年後には全廃するそうですね。一度E4系に乗っておかないといけないですね。もちろん2階席で。

0419
E3系1000番台

山形新幹線の「つばさ」ですが、このマークはお気に入りです。

0357
E2系1000番台

鉄道を撮影していると、カーブから車輛が顔を出すところが好きで良くシャッターを切っています。

今回の撮影に使ったのはニコン D800ですが、購入後オートフォーカスの実力を試す撮影をしていなかったので、新幹線撮影に使ったのはテストの意味もありました。飛行機では撮影距離が大分ありますので、あまり厳しいテストが出来ません。

そういう意味では新幹線は結構なスピードで迫って来ますので、ちょっとしたカメラテストに最適です。で、結果は・・・さすがに最新モデルです。まったく不満は出ませんでした。

余談ですが、帰りに某量販店に寄ったらD800が「在庫あり」となっていて、レジ後ろの棚には山積みとなっていました。ようやく予約分が掃けたのですねぇ。いずれ少しずつ値が下がって来るでしょう。

Nikon D800 + TAMRON SP 70-300mm/F4-5.6 Di VC USD

2012年8月10日 (金)

エティハド航空 A330

0224
エティハド航空 A330-200(A6-EYG)
中部国際空港にて撮影(2012.08.09)

昨日は日帰りでセントレア(中部国際空港)に行って来ました。前夜、急に思い立ちまして、急遽行って来たという忙しい日でした。(笑)

0240

エティハド航空、初めて見るエアラインです。UAE(アラブ首長国連邦)から飛来して来ました。強烈なトップライトで、厳しい光線状態です。

0266

全日空とのコードシェア便ですね。同じUAEのエミレーツ航空もそうですが、独特のカラーリングに目を惹かれました。

0282

0283

昨日はこのエティハド航空が自分にとっての収穫でした。成田に飛来する事になったエミレーツ航空のA380も撮影したいですねぇ。

0294

海上空港の中部国際空港(愛知県常滑市沖)ですが、造りが関西国際空港に似ているように感じました。

0295

スカイデッキ(展望デッキ)からの撮影ですが、なかなか良いポジションに造られています。飛行機ウォッチングの事を良く考えた設計で感心しました、

今年が7周年との事。完成した時から行ってみたい・・・行ってみたい、と思っていたのですが、ようやく実現しました。

昨日は電車を使っての遠征ですが、往復の運賃(横浜〜中部国際空港間)はJR線 2,300円、名鉄線 1,580円の計3,880円です。え! 決してキセル乗車ではないですよ。知っている人は知っている。(笑)

Nikon D800 + TAMRON SP 70-300mm/F4-5.6 Di VC USD

2012年8月 9日 (木)

柴又・帝釈天

064
柴又駅(2012年8月5日)

成田空港の帰り、柴又に寄ってみました。拙ブログでご紹介した通り、前日の8月4日が渥美清さんの命日でしたので、半分くらい思い出に浸るつもりで柴又を訪れたわけです。

074

柴又を訪れるのはこれで4回目となりますが、前回は一昨年5月でした。

077

映画で何十回となく見ている帝釈天参道、今にもくたびれた鞄を持って寅さんが歩いて来そうです。

093

この帝釈天入り口では御前様とさくらさんの立ち話し、源ちゃんが箒を持って掃いていたり、タイトルバックに使われたりと、映画をご覧頂いた方ならどなたも記憶に残っている事と思います。

そういえば渥美清さんがお元気だった頃、今の時期は劇場で寅さんシリーズが上映されていたのですよねぇ・・・。

071

この明るい笑顔に釣られてお土産を買ってしまいましたぁ。(^^;
せっかくなので記念に1枚撮影させて頂きました。

Panasonic DMC-GX1 + G 14mm/F2.5 ASPH.

2012年8月 8日 (水)

日本航空 B787

2069
JAL B787-8(JA825J)成田空港

日本航空のボストン直行便、ボーイング B787を撮影出来ました。昨秋、世界最初にB787が納入された全日空に続き、日本航空にもB787が納入。そのB787をボストン直行便に投入し、4月22日から運行を開始しました。

2088

両翼に気象条件による変化が見られるのがお分かりでしょうか?

2374
JAL B787-8(JA826J)

そしてこちらはデリー直行便のB787が離陸。

2395

日本航空のB787を2機撮影出来てラッキーでした。両翼のこの美しさ!

2399

中型旅客機でこれだけ美しいデザインはB787が一番! と、私は思っています。
国内線にも早くB787を投入してもらいたいですね。

Canon EOS-1D Mark II N + TAMRON SP 70-300mm/F4-5.6 Di VC USD

2012年8月 7日 (火)

富士夕景

378

どなたが見てもお分かりでしょう。名峰富士山です。私は周辺から、或は遠くから撮影するのみで、未だ富士登山をした事がないのです。

396

一度、夏の富士山を撮影しに行った時、静岡県側の水が塚から五合目まで車で上がり、そこから六合目の少し上まで歩いた事があるくらいです。一度くらい頂上まで上がり、ご来光を拝みたいものです。

さて、今日から夏休みに入りました。世間一般からすると今年はやや早いですが、しばらくのんびりするつもりです。(^^;

Nikon D5100 + TAMRON SP 70-300mm/F4-5.6 Di VC USD

2012年8月 6日 (月)

エールフランス A380

1839
AIRFRANCE A380-800(F-HPJA)

ようやくエールフランスのエアバス A380を撮影出来ました。ようやく・・・なんて申しましたが、成田空港に行けば撮影出来るのです。

1848

ところが最近成田まで出掛けておりませんので、実に久しぶりの成田。

1853

さくらの山公園に到着し、ものの十数分でランディングして来たので運が良かったです。何しろいつもの通り、事前に何も調査せずに出掛けていましたので。(^^;

2186

昼前、パリに向かって飛び立つところも撮影出来ました。天気予報では曇り予報でありましたが、昼前から見事な天候となり、飛行機撮影には絶好の天候。

2206

成田空港上空の青空は羽田空港上空とは違い、スモッグに汚れていない真っ青で透明な青空はとても気持ち良かったです。

総二階建て、世界最大級の旅客機、エアバス A380の離着陸はとても迫力があります。他の旅客機が離陸後、急上昇して行くのに、A380は高度がなかなか上がらない・・・上がらない。本当に機体が重いのですねぇ。

昨日も日焼けで顔が真っ赤。おでこがヒリヒリしています。(笑)

Canon EOS-1Ds(1,2,3枚目)
Canon EOS-1D Mark II N(4,5枚目)
TAMRON SP 70-300mm/F4-5.6 Di VC USD

2012年8月 5日 (日)

みなとみらいサンセット

043

大さん橋から見る、みなとみらいの夕景です。

もう少し雲があるともっと赤く焼けたのでしょうが、早々こちらの思う通りには行かないもの。

横浜に生まれ、横浜で育っていますから海の風景は飽きるほど見ていますが、こうして改めて見るとやはり横浜の風景は良いですね。

Panasonic DMC-GX1 + G 14mm/F2.5 ASPH.

2012年8月 4日 (土)

続・男はつらいよ

Atsumi

松竹映画「続・男はつらいよ」1969年11月公開

出演 : 渥美清、倍賞千恵子、森川信、三崎千恵子、前田吟、太宰久雄、笠智衆、佐藤オリエ、東野英治郎、山崎努、ミヤコ蝶々 他

脚本 : 山田洋次、小林俊一、宮崎晃
音楽 : 山本直純
監督 : 山田洋次

今日、8月4日は渥美清さん、17回目の命日になります。渥美清さんといえば代表作は何といっても「男はつらいよ」シリーズである事にどなたも異存はないでしょう。全48作もある作品の中で、今日は第2作をご紹介したいと思います。

映画のシリーズに先立つ前、フジテレビで放送されていた「男はつらいよ」の最終回で寅さんはハブに噛まれて死んでしまいます(私は残念ながら見ていません)。視聴者からテレビ局へ大変なブーイングだったそうで、それを知った山田洋次監督が映画化に反対する松竹側を説得し、晴れて映画版「男はつらいよ」が製作されました。この間の経緯については以前NHKテレビの特集で山田洋次監督ご自身がお話ししておりました。

その時点ではシリーズ化の予定はなかったそうですが、松竹側が予想もしなかった大ヒットに大慌て。今度は松竹側から山田監督に続編を作るよう要請。そこで作られたのが今日ご紹介する「続・男はつらいよ」なのです。

簡単にあらすじを申しますと、懐かしい中学時代の恩師、坪内散歩先生(東野英治郎さん)のお宅を十数年ぶりに訪れてみたら、中学時代いじめては泣かせていた散歩先生の一人娘、夏子(佐藤オリエさん)に対面。今や麗しき美人となっている夏子を見て寅さんは例によって惚れてしまいます。さて、結果は・・・。

文化放送が毎週月曜日から金曜日の朝8時13分〜20分まで、「みんなの寅さん」という放送をしているのをご存知でしょうか?
これは山田洋次監督50周年の記念プロジェクトで、番組の監修を山田さん自らがしておりまして、映画の出演者インタビュー等々、なかなか興味深い放送です。

私は毎日出勤時にカーラジオで聞いているのですが、毎週金曜日は山田さん書き下ろしの小説「けっこう毛だらけ」が倍賞千恵子さんの朗読で聞けます。これは寅さんの少年時代を描いたストーリーで、丁度今は中学校で坪内散歩先生との出会いが放送されているのです。

昨日は散歩先生に寅次郎の母親の事について訊きたいから家に来なさいと言われ、恩を感じている少年寅次郎は渋々散歩先生に付いて行きます。妻に先立たれた散歩先生のお宅は意外にも綺麗に片付いており、寅次郎が驚いていると玄関の開く音がして、「お父さ〜ん、ただいまぁ・・・」という可愛い声が・・・。

来週の金曜日、この続きは倍賞千恵子さんの朗読で聞く事が出来ます。果たして少年寅次郎は夏子にどう対処するのでしょうか?

映画「続・男はつらいよ」では美しい女性となっている夏子と懐かしい対面をします。そして寅次郎を生みっ放しでどこかへ行ってしまった母親、お菊(ミヤコ蝶々さん)とも対面。文化放送の「けっこう毛だらけ」で描かれている時代が、現在はこの映画との結びつきが深く、倍賞千恵子さんの朗読が楽しみです。

夏子を演じている佐藤オリエさん、とてもお綺麗ですよねぇ。そりゃぁ寅さんでなくとも男だったら誰だって惚れるでしょう。(笑)
寅さんが夏子とともに母親、お菊を探して会いに行くシーンは寅さんにとっては悲しい結末となるわけですが、結構笑わせてくれます。その辺は山田監督の上手い演出ですね。

是非、この映画をご覧になり、そしてラジオ放送もお聞きになってみて下さい。あ、私は決して松竹映画と文化放送の回し者ではありませんよ。(笑)

2012年8月 3日 (金)

オリンピック私感

0582

毎晩遅くまでオリンピックの中継を見ているものですから、寝不足が続いています。もうすぐ夏休みに入るので、そうしたら心置きなくテレビ中継を見る事が出来るのですが。もっともその頃はオリンピックも終盤。

0572

昨日は無気力プレーで失格が出たバドミントン。スポーツは選手たちが全力を尽くして戦う姿に見る者は感動するのですよねぇ。なでしこジャパンが決勝リーグの組み合わせを考えて先日の南アフリカ戦の後半、引き分け狙いのプレーが見られた時には生中継を見ていて大変残念な気持ちになりました。

あまり手を抜き過ぎると本番の試合でも全力プレーが出来なくなる恐れがあるのがスポーツの怖さです。なでしこジャパンには黄色信号が点灯したように思うのは私だけでしょうかねぇ?

今日の2枚は手持ち長秒シャッターでの撮影です。2枚目は2秒です。場所は新宿。

Canon EOS-1D Mark II N + EF 40mm/F2.8 STM

2012年8月 2日 (木)

みなとみらい花火

0103

昨日は神奈川新聞社主催の花火大会が「みなとみらい」で開催されました。久しぶりに撮影に行ったのですが、↑この写真ではとても「みなとみらい」には見えませんよね。(^^;

自宅から近いのですが、大混雑の中を帰って来るのが嫌で、少し離れたところからランドマークタワーを入れて風景写真的に撮影しようと或る場所に行ったのですが、ロケハン失敗。

0094

大岡川に架かる橋の上で準備万端、花火の上がるのを待つのみ。ところが、いざ花火が上がったら、私が待っていた場所ではまともに見えません。結構、そこは見物客もいたのですが。そこで5分くらい歩いて移動。(^^;

0110

で、撮影したのが今日の写真。途中でモチベーションが一気に下がり、撮影を止めて帰宅してしまいました。これなら自宅周辺で撮影した方が余程良かったです。

無精して開催会場に行かなかった結果、つまらない写真となりました。

Nikon D800 + AF-S NIKKOR 24-120mm/F4G ED VR

2012年8月 1日 (水)

DXレンズでフルサイズ撮影

1804
18mm 開放

ニコン製デジタル一眼レフカメラは35ミリフルサイズセンサーと、APS-Cセンサー搭載の二種類あるのは今更申すまでもないですが、APS-Cマウントのレンズをフルサイズセンサー搭載カメラで使ってみました(実験)。

2404
24mm 開放

実験に使ったレンズはD3200、D5100といったデジタル一眼レフカメラの入門機で、ファミリーユースを想定したと思われるカメラのキットレンズの定番、18-55mmの標準ズームレンズ。

3504
35mm 開放

この焦点距離は多くのメーカーが採用していますが、各社使ってみた経験から、個人的にはニッコールが頭一歩画質的にリードしていると思います。

5504
55mm 開放

以上、各焦点距離の絞り開放です。以前、フィルムカメラでも同様の実験をしていますが、その時の印象より周辺のケラれが多いように感じます。

1808
18mm F8

次は絞りをF8にしての実験。

2408
24mm F8

18mmから24mmへの変化がやはり一番大きいですね。

3508
35mm F8

35mm域以降であればケラれはほとんど無くなるかと思っていたのですが、当てが外れました。それでもフィルムの同時プリントですと周辺が切られますからね。

5508
55mm F8

何故か35mmより55mmの方がケラれが大きいですね。

今回の実験、レンズに装着していたプロテクトフィルターを外さずに撮影しています。もしかしたら、フィルターのケラれも若干あるのでしょうかねぇ・・・?

結論、このDXフォーマット用ズームレンズはそのままDXフォーマットのカメラで使うべきですね。今回は試しませんでしたが、1.2Xモードでしたら35mm以降は使えるでしょう。

Nikon D800 + AF-S DX NIKKOR 18-55mm/F3.5-5.6G VR

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »