« 青春18きっぷ | トップページ | 月に一本のフィルムを・・・ »

2012年8月23日 (木)

タワーの見える水風景

F210_01

大判に手を出したのはいつだったかと調べてみたら、もう5年も経っていました。木製暗箱のタチハラ製を購入したわけですが、最初の頃は悪戦苦闘。(^^;

初めの頃はせっかく撮影したフィルムを取り出す時に光線引きをしたり、といった失敗もやりました。街中で撮影していると物珍しさから人だかりが出来て、恥ずかしい思いを何度も経験。そのうち街中での撮影を止めてしまい、富士山などの風景写真で使おう・・・と思ったのですが、そういう場所に出掛けないものですからカメラはいよいよ自宅で眠っているだけ。(笑)

フィルムカメラの中古市場での値崩れは何度もここで申しておりますが、大判カメラはそれが特に悲惨な状況です。新品時には数十万円もしていたものが程度が良くても3万、4万円という信じられないプライスが付いていたりします。

で、今年に入ってから私はウィスタというメーカーの代表的モデル、45SP という大判(4x5)カメラに破格のプライスが付いているのと遭遇。そのカメラにあまり知識のなかった私は一度お店を出てiPhoneで45SPというモデルを検索。そうしたらそのメーカーを代表するモデルであり、人気の高い製品だという事を知り、再度お店に戻る事に。(笑)

見せて頂くと多少の使用感はあるものの、プライス表の価格はほとんど捨て値と言っても良いほどで、私は即決。(^^;
しかし総金属製で重さは2.9kgあります。実に重いです。シノゴの名機、リンホフ スーパーテヒニカより重いらしいです。買ったものの、そのままタチハラ共々自宅で眠ったままになっていました。

ようやく夏休みに持ち出す決意をして(笑)、初めてウィスタ 45SPを使ったわけです。その時の写真が先日掲載した横浜・大さん橋での写真でした。いざ使ってみたら、私には木製暗箱のタチハラフィルスタンドより使いやすく感じました。

ウィスタとタチハラ、重くても操作性を取るかタチハラの軽さを取るか、ですが、仮にどちらかを選びなさいと言われたら、今はウィスタを選びますね。そのくらい大判初心者の私には使いやすかったです。

大判の話題でしたが、今日は軽い方のタチハラフィルスタンドを使って夏休みに撮影した写真を掲載しておきます。

Tachihara Fielstand 4x5 GF + Fuji FUJINON CM Wide 210mm/F5.6、Fuji PROVIA100F

« 青春18きっぷ | トップページ | 月に一本のフィルムを・・・ »

コメント

おはようございます。
ハッセルでもちょっと人の目が気になることがありますから、大判ではさぞや。でも、重くても大きくても撮りたくなる魅力があるのでしょうね~♪ それにしても価格は・・・。

koukoさん、おはようございます。
街中で撮影するのは今でも恥ずかしいのですが、上がりのフィルムを見ると大判は魅力を感じます。プリントのL判を見ているのと同じですからねぇ・・・。
価格はもう・・・フィルムサイズが大きくなるほど悲惨な状況です。

大判といえばリンホフですが、数年前に触ったリンホフの感触は良かったな〜 4X5は良いフォーマットですね。

スカルピアさん、こんにちは。
リンホフ、憧れの大判カメラです。一度は使ってみたいですね・・・。
今は無理なので、格安で入手したウィスタでしばらくは楽しむ事にします。

ウイスタは今でも特別長い凸ボードとか作ってますよね。カメラは業務のごく一部っていう感じのメーカーのようです。
私も気が付いてみればテヒニカを買って20年以上経ってしまいました(笑)
数年前に蛇腹(国産)交換した以外は全く不具合ナシです。
フィルムさえあれば、確かに死ぬまで使えそうです(^_^;)

マグネシウムフラッシュ焚いてリンホフで撮影する報道カメラマンを映画、ローマの休日で見たのかリンホフに関心があったのですがその後カメラから遠ざかり購入することも出来ませんでした。
4×5 で撮影することは場所も限定され使用しづらい時代となっているのに関わらず果敢にチャレンジされていることに頭が下がります。
プロも使用している人はいるのでしょうか・・・

NiCoLeiさん、こんばんは。
あのテヒニカ、もう20年以上もお使いですか。さすがに丈夫に出来ているのですね。長い間、プロに信頼されていただけあります。
ウィスタ、おっしゃる通りで、カメラメーカーと思っていたのですが、ホームページを見てビックリです。多分、もう作ってないでしょう。おそらく市場在庫だけなのではとホームページを見て思いました。

Tokiwaiさん、こんばんは。
昔のカメラマンはスピグラなど、大判を手持ちで使っていたのですよね。デジタルの現代からすると隔世の感があります。
撮影は大変ですが、上がりを見るとやはり止められません。これからもマイペースでやりたいと思います。
リンホフ使いのプロの方というと山岳写真の白籏さんが有名ですね。多分、今もお使いになっているのではないかと・・・。

こんばんは。実は2か月くらい前にニッコールのTED800mmとか600mmとかを検討しているときにウイスタに電話してみたのですが、まだちゃんと作っているようでいろいろ相談を受けてくれました(笑)
でも実際にこれらの超望遠レンズを買うまでには至りませんでしたけどね。
大判はまだまだ細く生きているようです・・・(笑)

NiCoLeiさん、
本当ですか! 今だにカメラを作っておりましたか・・・素晴らしい事ですね。もっとも私は中古購入なので、お恥ずかしい限りです。総カタログだけはヨドバシさんから頂いているのですが、アクセサリー関係もいろいろと出ているのですね。
超望遠レンズですかぁ・・・、800mmなんてどういう写りなのか興味があります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 青春18きっぷ | トップページ | 月に一本のフィルムを・・・ »