« タワーの見える水風景 | トップページ | 浅草で、 »

2012年8月24日 (金)

月に一本のフィルムを・・・

P75_07

以前、ここで「月に僅か一本のフィルム」を消費しましょうと訴えた事がありますが、その後も残念ながらフィルムの銘柄は減る一方です。売れないのですからメーカーさんも銘柄を絞らざるを得ないわけで、現状残されたフィルムで楽しむ他ありません。

嘗て、デジタルカメラが世に出る前、写真撮影を楽しむ事が出来たのは富士フィルムさんやコダックさん等が販売してくれたフィルムのお陰だったわけです。今こそ恩返しの意味でもカメラファン、写真ファンが月に一本消費するだけでかなりの売り上げに貢献出来ると思うのですが・・・。

P75_05

とまぁ・・・、私一人がこんな事を叫んでも笑われてしまうだけですね。何しろプロの現場でもフィルムはほとんど使われなくなっているのですから。報道関係(スポーツも含めて)は100パーセントデジタルでしょうし。

結局フィルムはもう・・・「趣味」の世界だけで細々と使われるだけなのでしょうね。私は今まで通り、細々と使って行きますが。

写真は夏休みに撮影した、他愛もないスナップです。

PENTAX 645N + SMC PENTAX FA645 75mm/F2.8、Kodak 400TX

« タワーの見える水風景 | トップページ | 浅草で、 »

コメント

同感です。
最近は月に一本は使うようにがんばっていますが・・・
バルナックやM6で・・・

私は昨日120で6本撮りました。いま現像中です。
8月だけでも120、135で20本近く撮っています。ただし5年前は月に80~100本は撮っていたのでこれでも消費量は激減しています。
撮れば撮るほどコストが嵩むのが辛いところです。自家処理だから可能なわけで、ラボ出しですと無理ですね。
それでも1人で10人分くらいはフィルム消費に貢献しようと思います。

おはようございます。
月に一本はとりあえずキープしていますが、やはり以前に比べると減ってきてしまって^^; でもずっとフィルムは使っていきたいので、フィルムメーカーさんには微力(超~微力^^;)ながら貢献したいと思います^^ 今日のお写真、まるで昭和の時代にタイムスリップしてしまったかのような♪

 ささやかなつぶやきです。
 「フジの業務用24枚撮りは安いのに、36枚撮りは高くなってます」・・・
 で、使うフィルムに少し困っています。

 次はKodakの一番安いのを使おうと思っています。

 DPE店でフィルム現像の実態を知った人が、フィルムは一番安いので良いと思ったそうです。
 私が依頼しているところは、安いフィルムで正解です。(笑)

ramble-leicaさん、おはようございます。
ご賛同頂きまして、ありがとうございます。
バルナックやM6はフィルムを通さなければただの飾り物になってしまいます。カメラのためにもお使いになってあげて下さいませ。

cucchi3143さん、おはようございます。
もう・・・cucchi3143さんは写真ファンの鏡です。私なんか足元にも及びません。フィルムにはフィルムの楽しさがあるのに何故使われないのだろうか・・・と考えてしまいます。
デジタルは安直、初期投資(カメラ、レンズ)以外基本的にコストが掛かりませんですから無理もないのですが。
少しずつフィルムの種類がなくなって来ましたが、まだまだ楽しむのには充分なフィルムを発売してくれているので、これからも使いたいと思います。

koukoさん、おはようございます。
いえいえkoukoさんはフィルムをお使いになられている事をずっとブログで拝見しておりますので、これからもお互いフィルム写真を楽しみましょう。
今日の写真ですが、映画館の上映作品を見て目が点になりました。(笑)
今でもこういった作品が上映されているのですねぇ・・・。

pyosidaさん、おはようございます。
業務用フィルム、時々カメラ店の店頭で投げ売りのようにして売られているのを見ます。中身は市販のものと同じなのでコストパフォーマンスは最高ですね。
街中のDPE店での現像処理、私も一度見せてもらった事があるのですが、おっしゃる意味が少し分かります。(^^;

週に1本はフィルムを使う、ように努力中(?)です。
近くのミニラボ、処理数が極端に少ないのか、仕上がりにも結構出来不出来があるようです。
時間をかけて、まともな(?)ラボにだすか、
どうも、今からまた自家現像も億劫だしと。

私は、、、135判はこの1年は使ってないなぁ(^_^;)
ブローニも寒かった頃に3本、4x5も今年に入って20カットほどしか(^_^;)

そう言えば昨日テレビで山田洋次監督の作品をフィルムで上映する企画を行っているとのことでしたよ。
今は映画もデジタルデータなんですね。
「上映が始まりますと"カタカタカタ..."という音がしますが、それは映写機の音です」なんてアナウンスが入ってました。

kurakameさん、こんにちは。
素晴らしいです。週1本、私も見習わないといけませんですね。一応、4で割れば達成かもしれません。f^_^;)
デジタルも楽しみながら、フィルムも引き続き楽しみたいと思います。

ボン村上さん、こんにちは。
大判を20枚、素晴らしいです。私はしばらくお休みしていましたが、夏休みに持ち出したら面白かったです。また京都か奈良で使ってみたいですね〜。
山田作品のフィルム上映、京都南座なんです。今、考え中です。(#^.^#)

こんばんは。
先日、NHK-BSで、写真家の石内都さんが、被爆者が被爆したときに着用していた服や靴などを保管している機関で、写真展のために、それらを撮影している様子をみることができたのですが、ニコンF3を手持ちで使って窓から入って来る自然光だけで撮っていたのには驚きました。
石内さんが仕事でもデジタルを使わないのかどうか知りませんが、やはり当時の状態を質感を豊に表すためにはフィルムが良いと思っているのでしょうね。
写真展は、バンクーバーで行われ、来館者に静かな感動を与えていたのが印象的でした。

yymoonさん、こんばんは。
その番組は見逃してしまいました。
撮影にはF3を手持ちでしたか。質感を豊かに表すために・・・、案外そうかもしれませんですね。デジタルだと作り物のように見えるような気もします。
私は広島の原爆記念館で被爆時の衣服その他を見ましたが、正視出来ないほどだった事を思い出します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« タワーの見える水風景 | トップページ | 浅草で、 »