« 大判写真と格闘 | トップページ | ポートサイド公園 »

2012年9月30日 (日)

ニコン F5 帰還

50_24

山口県萩市で故障してしまった愛機ニコン F5、ようやく修理が完了して戻って来ました。

修理内容は巻き上げ基板の交換です。ボディを分解する時に擬革(外観ゴム)を剥がして作業するらしく、ボディ前部とグリップ部のゴムが新品に変わりました。なんか外観が一段と綺麗になったような。(^^)v

萩での撮影時、シャッター音(&巻き上げ音)が完調時の音ではなかったのですが、帰還後フィルムを一本通したところ、いつものF5らしい音になっておりました。これでまた安心してF5を使えます。奈良に出掛ける前にまたフィルムを一箱買いましたので、F5で楽しみたいと思います。

あ、35ミリカメラは他にもしばらく使っていないのがありましたねぇ。LEICA R9、EOS-1V、Nikon F3 etc...

Nikon F5 + AF-S NIKKOR 50mm/F1.8G、Fuji PRO 400

« 大判写真と格闘 | トップページ | ポートサイド公園 »

コメント

良かったですねぇ〜 F5の退院おめでとうございます。
今月はSL66を集中して使いましたけど、やはり大きなフィルムは良いですね。スキャナーを久しぶりに引っ張り出しましたが、フィルムのスキャンは外注の方が、精度の確保と時間の節約になると思った次第です。

おはようございます。
修理していつまでも使えるというのはいいですね。修理できる物は修理していつまでも使いたいたちなので、修理に持っていって、もう直りませんと言われるのが一番悲しいです。F5のお写真楽しみにしてますね。

スカルピアさん、おはようございます。
またいつものF5に戻りました。初めて遭遇したF5のトラブルですが、機械モノは例えどういうものであれ、故障する事がある、という良い経験になりました。
フィルムのスキャニング、やはり業務用機器で読み込んでもらった方が結果は良いかもしれませんね。最近、35ミリは現像と同時にお願いする事が多くなりました。今日の写真は拙宅のスキャナーですけど。ブローニーはいつも自分でやっていますが・・・。

koukoさん、おはようございます。
日本の工業製品は生産完了から数年で修理対象から外れてしまいます。長く愛用したものが故障した際、メーカーから修理出来ませんと言われるのは悲しいものですね。
カメラもデジタルになってからは完全に消耗品となりましたが、フィルム製品は愛着がありますから・・・。

こんばんは。
F5はまだ修理可能なのですね。
無事ご帰還良かったですね。
大判まで使いこなされていてすごいなと感心しています。

Eurekaさん、こんばんは。
はい、F5はまだ大丈夫のようです。F一桁は古いタイプも結構面倒見が良いようです。
大判は格闘しています。(笑)

こんにちは。
修理できてよかったですね。
まだ巻き上げ部分の修理ならそれほどでもないでしょうが、例えばデジタルカメラでセンサーが故障になったら、修理費も高そうです。少し古いと修理不可能とか。

ビワさん、おはようございます。
おっしゃるように巻き上げ部分ならそう大きな故障ではないのでしょうね。
デジタルでセンサーの不具合に遭ったら致命的です。ライカ Mデジタルではあるようですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大判写真と格闘 | トップページ | ポートサイド公園 »