« "α99" 特別先行体験会とD600 | トップページ | 秋芳洞 Part II »

2012年9月18日 (火)

OM-1Nでハイカラ銀座

Ginza03
東京・銀座にて

ハイカラなんて今時死語ですよね。(笑)
昨日記事にしたα99の先行体験会を見に行く時に持参していたのがオリンパス OM-1Nでした。

Ginza06

手頃なストラップがないので今も付けていません。レンズを付けたボディを右手で鷲掴みにして歩きながらの撮影です。

Ginza12

自分にはもっとも相応しくない華やかな銀座をお散歩しながらチョロチョロッと撮影。(^^;

Ginza23

ボディは小さいけどファインダーは大きい。スクリーン上のどの場所でもピン山は掴みやすい。今の一眼レフが忘れてしまった大事な事。

Ginza31

萩で故障した我が愛機、ニコン F5は只今里帰り中。

OLYMPUS OM-1N + ZUIKO AUTO-S 50mm/F1.8、Fuji PRO 400

« "α99" 特別先行体験会とD600 | トップページ | 秋芳洞 Part II »

コメント

おはようございます。
ハイカラ、モダン・・・もうすっかり死語ですよね~。そういう言葉って、味があっていいと思うのですが^^ 以前に「写真機」と口から出てしまい、いまどき使わないと言われたことがあります^^; 銀座の街角は、やはりお洒落ですね。

koukoさん、おはようございます。
モダンかぁ・・・、これも死語ですね。
写真機、日本語ですからおかしくないのですが、やはりカメラでしょうか。(^^;
銀座は自分にもっとも縁のないウィンドウを見るのが楽しいですね。(笑)

ファインダーが良くないと、盛り上がらんですね^^ゞ OMはボディが軽くてファインダーが大きい。巻き上げはヘンですが良いカメラですよね。ウチのデジタル部隊の入れ替えでD7000とD3200で迷ってますが、D7000に決まりそうです。決めては少ない画素とファインダー、あとD7000に搭載されたシャッターのQモードです。D7000もD700と似たような音色なので、ニコンはD700の音で相当言われたのかな、と思います。

スカルピアさん、こんばんは。
あれ!?
D7000、お持ちではなかったのですか? 以前、頂いたコメントの中にD700を使ったらお気に召さなかったようで、D7000の方が良いような事をおっしゃっていたので私はてっきりD7000をご購入されていたものと思っていました。
そうでしたか・・・、それならば山口を訪れた時に私のD7000で感触を見て頂いたのですが・・・。後継機が出るとすれば2400万画素になってしまうと思い、実売7万円になったところで慌てて購入しました。都内では7万円を切るところもありましたよ。
D7000のシャッター音はD700に比べるとかなり静かです。APS-Cという事でミラーが小さいからですが。
ファインダーはD3200、D5100に比べればペンタプリズムなのでかなり良いです。
以上、ご参考までに。

こんばんは。
銀座でカメラを構えるのは苦手です。日曜日でしたら別でしょうが、長年、銀座界隈は昼は仕事をする所、夜は飲食する所でしたので、何となく通りでカメラを構えるのが恥ずかしかったのです。
OM1良いですね。OM-D E-M5 でデザインが復活した感じですが、感触は断然OM1の方がいいですね。E-M5というネーミングは米谷さんへのオマージュでしょうか。
NIKON D7000は良いですか。

yymoonさん、こんばんは。
お仕事で銀座に通っていたら写真は撮りづらいでしょうね。その点、私などは年数回しか訪れませんですから、スナップ写真が面白かったりします。
久しぶりのOMですが、やはり0M-Dと銀塩OMは別物だと思います。大きなファインダーはとても気持ちが良いです。昔のMF機は皆こういう作りだったのですよねぇ・・・。
D7000、ミラーのパタつきがイマイチですが、今の価格(7万円前後)なら・・・という事で購入しました。APS-Cは1600万画素くらいがちょうど良いと思いますので。

こんにちは。
フィルムのOMはよく出来たカメラです。レンズも軽くて小さいし、持ち出すのが全く苦にならないです。MFは、どこに焦点を合わせるか、ファインダーを見ながら決める過程も楽しいです。

ビワさん、こんばんは。
考えてみれば同じ35ミリフィルムを使いながら、AF時代になってからはボディは肥大化し、ファインダーは縮小化しと、MFカメラの作りとは対照的になってしまいました。
OMのような大きなファインダーは写真撮影の醍醐味を感じさせてくれます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« "α99" 特別先行体験会とD600 | トップページ | 秋芳洞 Part II »