« ふたつのブラームス | トップページ | ローカル線 »

2012年9月21日 (金)

田中家

C019
田中家(横浜市神奈川区台町)

田中家(たなかや)さんをご存知でしょうか? と問われてもなかなか「あぁ、あそこの・・・」と答えられる人はあまりいらっしゃらないと思います。地元の人さえ知らない人は沢山おります。いえ、知っている人の方が珍しいと思います、多分。

田中家さんは文久三年(1863)創業の歴史ある料亭です。

C020

嘗てここは東海道の神奈川宿でした。日本橋から品川、川崎、そして神奈川宿。広重の浮世絵、「東海道五十三次」にもここが描かれているのですよ。

C021

その浮世絵を見ると田中家(当時はさくらや)さんの後ろはもう海なんですね。文久三年、田中家さんの初代がさくらやを買い、今もって続いている老舗中の老舗と申して良い料亭なのです。

C022

米国総領事のハリス、伊藤博文、西郷隆盛、高杉晋作等々、幕末の著名人がここを利用しています。倒幕の計画などがここで議論されたらしいです。

何より坂本龍馬の妻、おりょうさんがここで仲居さんとして住み込み、外国語が堪能だったため、外国人のお相手をしていたそうな。田中家さんへ仲介したのが勝海舟という事ですから、まるで映画でも見ているようなお話しです。

Hiroshige
上から三番目のお店が「さくらや(田中家)」

料亭の中には龍馬がおりょうさんへ送った恋文が飾られているそうですが、もちろん私は中へ入った事がないので見ておりません。先ず、料亭なんて縁がないので。(^^;

そうそう、私が聞いている良からぬ噂は、某官公庁のお役人たちが接待と称して田中家さんで豪遊し、電車が充分ある早い時間帯からタクシーを呼んでそれぞれ自宅に帰るとの事。もちろんそれらに使われる費用はすべて我々の血税です。(^^;

S024

神奈川区台町、実は横浜駅西口から徒歩7、8分という近さであります。もう随分前から田中家さんの事は知っていたのですが、写真にまで収める事をしていませんでした。今回偶々直ぐ近くに用事があったので、ついでという感じで写真を撮って来ました。

Canon EOS-1Ds + EF 40mm/F2.8 STM

« ふたつのブラームス | トップページ | ローカル線 »

コメント

おはようございます。
これが有名な(地元でだけかな?)田中屋さんですか♪ このあたりは何度か歩いているのですが、お店を見たのは初めてです。お台場跡やこうした料亭、領事館跡など、神奈川区界隈は幕末の時代をたどることができて面白いエリアですね。

ここは宴会で使ったことがあります
青木橋あたりは昔の繁栄を垣間見ることができますね

koukoさん、おはようございます。
ご存知でしたか。マンションに囲まれて案外目立たなくなっていますね。建物の後ろも撮影しているのですが、これは掲載するのは止めておこう・・・と思いました。koukoさん、いつかご自分で確認して下さいね。(^^;
この周辺は地味ですが、koukoさんがおっしゃる通りのエリアなんですよね。

roxanne6さん、おはようございます。
おお・・・宴会でお使いになった事が・・・。
ここら辺りは過去の栄華を垣間見られますねぇ・・・。

こんにちは。
浮世絵に描かれていた料亭が残っているなんて、さすが横浜ですね。海なんて、ずいぶんと遠くなりました。広重もびっくりでしょう。

ビワさん、こんばんは。
この浮世絵を見ると現在の横浜駅なんて海だったわけですよね。この絵を見て初めて知りました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ふたつのブラームス | トップページ | ローカル線 »