« 田中家 | トップページ | 明日香村の彼岸花 »

2012年9月22日 (土)

ローカル線

S708
草江駅(JR宇部線 2012.09.08))

山口宇部空港からホテルへ向かうため、空港近くの「草江駅」からJR宇部線に乗る事になり、徒歩で「草江駅」へと来ました。実にローカルチックな駅で、空港前の駅だからそれなりにモダンな駅舎と思っていたら、自分の想像していた駅とは少々違っておりました。まぁ、そんな事はどうでも良いのですが・・・、

無人駅であった「草江駅」のホームに入って時刻表を見て愕然! 列車はほぼ1時間に1本の割合。時間帯によっては2時間に1本です。私が向かう方面の列車が来るまでまだまだ45分もある! 実は空港前の駅ですから列車は頻繁に来るものと思っていたので、事前に時刻表なんて調べていなかったのです。(^^;

いつも行き当たりばったりの旅を続けている私ですが、たまには事前の下調べも必要ですね。勉強になりました!

O219

7月、北海道の大地をレンタカーで走っていた時の事。屈斜路湖を後にしてナビを頼りにオホーツク海方面へと向かっていたら、途中で「川湯温泉 25km」という道路標識が目に入りました。「え? 川湯温泉って釧網本線のあの駅?」という不思議な感動が。上の地図をご参照下さい。

思えば私が鉄道に惹かれたのは偶々BS放送の鉄道番組で釧網本線を見た事が切っ掛けです。冬の釧路湿原を走る釧網本線、沿線にタンチョウやエゾジカが見られる事に感動。で、早速釧路空港までの航空チケットを買い、リムジンバスで釧路駅へ。ところが駅で時刻表を見ると列車本数が実に少ない! ローカル線とはいえ、30分や1時間に1本は走っているだろうと高をくくっていたら、何と一日8本くらいなのです!

正直自分的にはちょっとしたカルチャーショックでした。おまけに釧路駅からはほとんどの列車が知床斜里駅より少し手前の「川湯温泉駅」までしか走りません。仕方ないので川湯温泉駅までの切符を買い、列車が来るのを待って乗車。帰りも川湯温泉駅から釧路駅まで乗って来る事に。

結局自分にとって初めての乗り鉄の旅は釧路〜川湯温泉間の短い距離を乗っただけに終わったのでした。

O211
川湯温泉駅(JR釧網本線 2012.07.02)

まさか車でその川湯温泉まで走って来るとは思ってもいませんでした。懐かしかったです。と言っても前回来たのは一昨年四月の事。駅前に車を止めてホームに入ってみたのですが、初めてこの駅に来た時の事を思い出しました。

ローカル線、今度乗る機会がある時は、事前に下調べをする事に致します。(笑)

さて、今日の夕方から急遽奈良へ出掛ける事になりました。したがって明日のブログはお休みさせて頂きます。

« 田中家 | トップページ | 明日香村の彼岸花 »

コメント

おはよう御座います。
毎回、楽しく拝見して楽しませてもらっています。
今日から奈良へ・・・これらからの季節は大和路が映えますね。フォト楽しみにしています。

おはようございます。
懐かしい川湯温泉駅。数年前、この駅の真っ暗なホームで、鹿とぶつかってなかなか来ない知床斜里方面行きの最終電車を待ったのでした^^;
奈良ですか! いいですね~♪ お写真と土産話を楽しみにしてますね^^

ramble-leicaさん、おはようございます。
関西方面は暑いのではないかと、それが心配。
とにかく暑いのはダメなので。(^^;

koukoさん、おはようございます。
川湯温泉駅での出来事、以前おっしゃっていましたねぇ・・・。あそこで延々と待たされたら不安になりますよね。
一度釧路から網走まで乗ってみたいものです。

ローカル線の本数の少なさと、全線直通便の少なさには参りますね。それだけモータリゼーションに押されていると言うことなんでしょうね、人口も減っていることですし

roxanne6さん、こんにちは。
一日の乗降客数を考えたら仕方のない事ですね。
それでも廃線にならないだけ救われます。地元の方々にとっては大事な足ですから。

こんにちは。
空港の近くの駅でも、場所によってはそのくらいの頻度なのですね。地方空港は便数も少ないし、みんな車で移動するのが当たり前だから、そうなってしまうのでしょう。でも、一日8本はきついですね。

ビワさん、こんばんは。
やはり人口密度の関係なのでしょうね。その代わり、空港の駐車場は車でびっしりでした。ちなみに駐車場は無料です。羽田もそうしてくれると・・・(^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 田中家 | トップページ | 明日香村の彼岸花 »