« The rainbow of a harbor | トップページ | B787の翼 »

2012年10月 6日 (土)

眠らぬ街

Afs50_14

随分前からこの街の夜をモノクロで撮影しようと思っていました。それも普通に撮っていては面白くないなぁ・・・と。取り敢えず修理完了したF5を持って夜の街へと出ました。場所はどこだか直ぐお分かりになると思います。

Afs50_21

Afs50_15

今回の撮影はごくごく狭い範囲ですが、そのうちに他のところも撮ってみたいと思っています。

Afs50_17

Afs50_20

私は相変わらずモノクロと言えばフィルムになってしまいます。デジタル写真でのモノクロが写真雑誌の特集記事として掲載される時代に、未だ私はモノクロフィルムに固執しております。

しかし今日の写真撮影に使ったフィルム、すでに生産を完了しているのですよねぇ・・・。

Nikon F5 + AF-S NIKKOR 50mm/F1.8G、Fuji NEOPAN 1600 Super PRESTO

« The rainbow of a harbor | トップページ | B787の翼 »

コメント

このフィルムがディスコンになったのは痛手でした。
高感度にもかかわらず粒状性もなかなかでしたね。
いまストックが10本だけ残っています。
このフィルムとPRESTO(120)がディスコンになったので富士のフィルムを買うことがなくなりました。

おはようございます。
夜の濃密な空気が感じられるようです。デジタルの高感度に負けて、ついつい夜はデジタルになってしまいがちですが、モノクロフィルムで撮る夜景は独特の雰囲気が出るような気がしますね。

cucchi3143さん、おはようございます。
良いフィルムだったのですけどねぇ・・・。富士のフィルムも種類がどんどん少なくなってしまいました。
モノクロフィルムの需要はカラー以上に少ないのでしょうね、残念です。

koukoさん、おはようございます。
デジタルですと高感度も6400とか12800などと、フィルム時代には考えられないISO感度が使えるようになりました。特に最近のデジカメは高感度画質を各社競っているように思います。
しかし私は変わらずフィルムです。(^^;

暗闇でデジタルが強いのは当然として、先日の秋芳洞でフィルムもISO800+三脚で結構撮れるということを再認識しました。私は,フィルムの選択肢が減るのは仕方ないと諦め,目の前にあるフィルムをありがたく使わせて頂きます。
でも、デジタルは楽なんですよね〜夜なんか特に。D600が…(*_*)☆\(-_-;)

スカルピアさん、こんばんは。
そうなんですよね、三脚さえあればISO800でも充分使えます。フィルムはもう・・・有るもので楽しむ他ありません。種類は減っても供給してくれるだけで感謝ですね。
D600、逝きましたか? それともこれからでしょうか? D600、良いと思いますよ。

こんにちは。
夜の街の猥雑な感じがよく出ていて良いですね。
単に感度だけでいえば、もうフィルムの出番はないです。ただし、独特のアレた感じはフィルムだけのものでしょう。デジタルは超高感度でもツルっとしてますから。

ビワさん、おはようございます。
1枚目の写真ですが、縮小しているので分かりづらいとおもいますが、1200dpiでスキャニングしたオリジナルには高感度フィルム独特のやや目の粗いフィルムの粒子がハッキリと出ています。
これを見た時に、やはりモノクロはフィルムだよなぁ・・・と思ってしまいました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« The rainbow of a harbor | トップページ | B787の翼 »