« ミノルタ XD | トップページ | 私の愛聴盤 第10回 »

2012年11月 2日 (金)

フィルムの衰退

M08

時代の流れとはいえ、身近でフィルムを使う方が極めて少なくなりました。何故フィルムが敬遠されてしまうのでしょうか?

常時フィルム代、現像代が掛かり、それらの出費がバカにならない、というところが一番の理由でしょうか。

M20

私もデジタルカメラは結構購入して来ましたが、フィルムは未だに捨てる事が出来ません。デジタルとフィルム、上手く使いこなせば写真撮影がデジタルだけよりよっぽど楽しみが広がると思っているのですが。事実、自分はそう感じています。

M13

M15

でもまぁ、人それぞれ自由です。今日は愚痴でしたね。(^^;

写真は昨日のカメラとレンズで撮影したものです。ロッコールの50mmレンズ、歪曲が極めて小さいですね。フィルム撮影ですからデジタルのようにボディ内での歪曲収差補正はありません。(笑)

MINOLTA XD + MD ROKKOR 50mm/F1.4、Kodak ColorPlus 200

« ミノルタ XD | トップページ | 私の愛聴盤 第10回 »

コメント

 こんばんは・・・

 最近の一番楽しい撮り方ですが、気軽にとることが出来るデジタルカメラを主体にします。
 そして、あっここだ・・・と言うときに、フィルムカメラで撮ります。

 フィルムカメラだけだと、枚数制限があり、デジタルだけだと、充実感がないと言いますか、楽して儲けたような感じがします。

 そこで、デジタルとフィルムの併合。共にコンパクトの方が、いい感じですね。
 これが最近のお気に入りです。

pyosidaさん、こんばんは。
非常に上手い使い方だと思います。おっしゃるようにフィルムだとどうしても枚数に制限が出てしまいます。デジタルを使いながらここぞという時に「物」として残るフィルム撮影を。
そういう両刀使いの時はコンパクトが一番ですね。一眼レフ2台は重いですから。私もT2とGX1で歩いた事があります。

昨日の記事にコメントできませんで・・・
ボディではXD、XD-S、それとX700が気に入っています。
ROKKORの標準レンズはMC ROKKOR-PF 58/1.4もぜひ使ってみてください。歪曲は小さいですし、中間調のトーンが絶妙です。
フィルム機は「勝負カメラ」として可能な限り使い続けていきたいですね。

cucchi3143さん、おはようございます。
実はXDとMD 50/1.4を入手してからcucchi3143さんのレンズリストでROKKORを探してモノクロ写真をずっと見ていました。
PF 58/1.4も拝見しておりまして、文中でも歪曲の事を述べられておりましたですね。40mmも以前中古ショップで見た事があります。これからROKKORを見掛けたら購入したいと思ってます。
勝負カメラ、私もここぞというところはフィルムで撮っています。昨秋、HDDのクラッシュで全データを消失してからは特にその気持ちが強いです。

おはようございます。
だいたいフィルムカメラのほうがメインになるので、フィルムカメラにGF2で出かけることが多くなりました。二枚めのお写真、秋の街角の雰囲気がいいですね~。フィルムの良さも感じられるような気がします^^

koukoさん、おはようございます。
koukoさんはフィルムがメインですよね。女性がフィルムに固執して頂くのは実に嬉しい限りです。
フィルム現像もポジですとさすがに中一日とか中二日とか掛かるようになりましたが、ネガですと朝出して夕方受け取りと、まだまだ早い処理で助かります。

FILM&IMAGE 2011 VOL.25に掲載されている白旗史朗先生の記事に…「それに、どう見てもまだまだフィルムの方が写真画像として優れていると思うから僕はこだわっているんです。…中略…僕の求めている山のメリハリや立体感、さらには風景の中の空気感などは、絶対にデジタル写真では再現できません。」あと、白旗先生のグループではデジタルを使う人はクビ!だそうで^^ゞ 

スカルピアさん、こんにちは。
大判はやはり別格ですね。自分も夏休みに大さん橋で撮影した4X5のポジをライトボックスで見た際(写真の出来は別にして)、これはデジタルでは出せない描写だと思いましたですから。
まして白旗先生が撮られる山岳写真などは尚更・・・ではないかと思います。

この秋に撮影に行った各所で知らない人といろいろ話す機会がありましたが、みんなデジタル遣いながら愚痴を漏らしてますよ(笑)。画像はやっぱりフィルムの方がイイという人ばかり。敢えて言えば、高感度でデジタルの恩恵を受ける・・・というくらいでしょうか。私の知り合いのハイアマの方々もほとんどが「タダにはかなわない・・・」と言いながらデジタル使ってます(~_~;)

にこらいさん、こんばんは。
そうでしたか。フィルムの方が良いと分かっていながらもデジタルを使う。(^^;
確かに高感度撮影に関してはデジタルの方が圧倒的に有利ですね。しかしスキャンダル狙いのパパラッチならともかく、普通は早々高感度撮影なんてやってないと思いますよ。雑誌のテストリポートが必ず高感度のノイズ問題を記事にしているので、その影響が大きいですね。
しかし切手大の大きさの写真を載せてノイズを云々しても分かるはずありません。(笑)

こんにちは。
フィルムはコストが高いのが一番のネックですね。あと、デジタル化にも手間がかかりますし。その代わり、一枚一枚が真剣勝負。
最近、フィルムを使っていないので、たまには気合いの入った一枚を撮ってみたいです。

こんばんは。
私もフィルムはやめられないクチで(^.^)、それは、どう見ても、フィルムで撮った方が、被写体が本物っぽいというかリアルに感じられるからです。
一眼レフでは、動きものがほとんどなので、デジタルの高感度での強さは絶大な恩恵ですが、それは高速シャッター速度で時間を切り取ることにこそ、スチールでの動体撮影に意義があるからで、中低速でよい撮影ならば、高感度の必要性は、実際にはほとんどなかろうと思ってます。
小口の商いになっていくのでしょうけれど、フィルムはまだまだ健在でいてほしいですね。

ビワさん、おはようございます。
フィルムが嫌われる一番の理由はコスト、次に手間でしょうね。撮影はまさに真剣勝負。デジタルはコスト度外視でやや雑になる事も考えられます。
フィルムで入念の一枚、なかなか良いのではと思います。

kv492さん、おはようございます。
デジタルの高感度耐性はフィルムに対する一番のメリットだと思います。極端な話し、一枚一枚感度を変えられる事も。
kv492さんは動体撮影が比較的多いので、その時はデジタルが有利ですよね。こうしてデジタルとフィルムを上手く使い分けていらっしゃるので写真撮影の幅が広がるわけです。
デジタルとフィルム、それぞれに良さがあるわけで、もっとフィルムの良さを見直して欲しいと一ファンとして思います。

こんにには
フィルムかデジタルか 多分そんな議論もあと20年(根拠はなにもありませんが)くらいかと
そのころには昔々フィルムっていうのがあってねえ ってなぐあいになるんじゃないでしょうか 小生年齢的にそのころはもう居ませんが・・・

以前は大判カメラで撮っておりましたが 最近三脚の重さに耐えかねてまた35mmになりました
中古市場の現状はフィルムカメラフリークには天国ですねえ 
とことん楽しもうじゃありませんか

ヒロさん、こんばんは。
フィルム、20年も持ちますでしょうかねぇ・・・?
カメラも電気カメラですと修理不能になるものが相当数出そうです。
でも、レコードを知らない世代が増えているように、フィルムを知らない世代がいずれは出て来るのでしょうねぇ・・・。
中古市場のフィルムカメラ、今まさに買い手市場ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ミノルタ XD | トップページ | 私の愛聴盤 第10回 »