« 大阪ステーションシティ再訪 | トップページ | B787で伊丹へ »

2012年11月10日 (土)

大阪・靭公園

P514
靭(うつぼ)公園(大阪市西区)

大阪二日目の早朝、カメラを持ってお散歩していたら、バラ園は有るわ、美術彫刻品は有るわ、カエデは綺麗だし・・・という素晴らしい公園に出会ったのです。

P521

最初遠目に見た時はお散歩している「人間」だと思ったのですが、動く気配がない。(笑)

P527

近付いてみてビックリ! あまりのリアルさにホント驚きました。

P531

捨て猫? (^^;

P543

こちらはちょっとドキッ! (^^;;;;;

P535

すべて作者の名前入りで展示されていました。

P516

バラ園もなかなか見応えがありました。

実はこの公園、大阪では有名な公園だという事を後で調べてから知りました。戦後、占領軍の靭飛行場が在ったところだそうです。公園が細長い形になっているのですが、それは滑走路の跡地という事だからです。それにしても素敵な公園でした。

Panasonic DMC-GX1 + VARIO X PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.

« 大阪ステーションシティ再訪 | トップページ | B787で伊丹へ »

コメント

3枚目は仕草も服もリアルですね。
GF2を使った結果m4/3はもう使わないと決意してレンズもすべて売却したのですが、いま手元にGX1があります(笑)
実はレンズを買ってボディが無いので慌てて入手した次第です。
まだろくに撮っていないのですが、操作性は悪くないですね。
PZ14-42POWER O.I.S.付きを買おうか悩み、結局ボディ単体にしたのですが、このレンズの使い勝手はいかがですか?
自分の場合は明るい単焦点でないと稼働率が落ちるだろうからというのがセットで買わなかった理由です。

おはようございます。
2枚めのお写真、最初は人だと思ってしまいました。すごい! 散歩に良さそうな公園ですね。薔薇も見事だこと♪ 公園の名前の文字「靭」、読めませんでした~^^;

cucchi3143さん、おはようございます。
4/3が発売された時、私はこのセンサーサイズこそコンデジ向きだと思い、オリンパスの人にも是非コンデジを出して下さい、とお願いした事があります。もちろん当時は一眼レフに一生懸命だった頃ですからまったく無視されましたけど。(笑)
ですからGF1が発表された時、これこそ待ち望んだコンデジ、という事で予約して購入しました。その後、GF2も購入しましたが、GF3、GF5は好きなデザインではなく無視。
GX1はまさにGF1の系統を引くデザインですからお気に入りです。
お尋ねのPZ14-42ですが、描写については可もなく不可もなし、というところです。マニュアルズームも持っていたのですが、そちらは売却しました。プラマウントはイマイチ信頼出来ません。
PZはメタルマウントです。当初パワーズームはズーミングで不便を感じると思ったのですが、いざ使ってみると思った程ではなかったのと、バッグに仕舞う際に場所を取らない事もベターでした。
旅の際のお気軽スナップ(記録)に最適の組み合わせになっています。NEX-7は画素数が多過ぎるのと、標準ズームも大きいので。

koukoさん、おはようございます。
遠目にはまったく人だと思いました。リアルですよねぇ・・・。
「靭」、普通はうつぼなんて読めないですよねぇ。

淀屋橋付近で宿泊されたのですか。
ここはバラ園とテニスコートで有名です。以前はホームレスの住み家でした。
バラの撮影に今年も訪れたのですが時期が少し遅かったようです。バラは専門家が手入れし見ごたえのあるバラ園です。その時彫刻展も開かれていたのすが撮影しませんでした。改めて画像を拝見するとあれっ・・・と思いました。
御堂筋等市内には結構、彫刻も多いのですが大阪でも知らない人が多いようです。
歴史も古く難読地名が多いのですがそれぞれに歴史があり解説を読むと面白いですね。

Tokiwaiさん、こんばんは。
テニスコートも有名らしいですね。ただこの時はこちらの方は行ってないのです。何しろまったく知識がないまま歩いておりましたので。
バラ園は専門家が手入れをしておりましたですか。さもありなん、という見事なバラ園でした。
今回の公園は思わぬ拾い物、そういう感じでした。

こんにちは。
面白い公園があるんですね。足の上の顔、面白いです。足が手のようにも見えますし。
飛行場跡地を公園にするというのは、良いアイデアですね。

ビワさん、こんばんは。
お散歩時に出会った公園でして、なかなか良いところでした。
飛行場跡地、上手く使ったものですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪ステーションシティ再訪 | トップページ | B787で伊丹へ »