« 京都・宝筐院 | トップページ | 京都・鹿王院 »

2012年12月10日 (月)

ベルリン・フィル in 銀座

Ginza

京都の紅葉が続きましたので、今日はひと休み。

昨日、銀座ソニービル(8F OPUS)で現在開催中の「4K映像」によるベルリン・フィルのコンサート映像を観て(聴いて)来ました。曲目は、

1. メンデルスゾーン : ヴァイオリン協奏曲 第一楽章
 五嶋みどり(Vn)マリス・ヤンソンス指揮

2. ワーグナー : ワルキューレの騎行
 サー・サイモン・ラトル指揮

メンデルスゾーンはDSD(Direct Stream Digital)2chステレオ収録による音のみの再生。そして本番は4K DSD収録による映像を200インチの大型スクリーンに映し出したものを観る事が出来ます。

L1286
銀座ソニービル

ところで映像にあまり関心、ご興味のない方には「4K」って、いったい何? と思われるかもしれませんので簡単にご説明を。

現在、各家庭に普及している薄型テレビは最高解像度が1920x1080ドットのフルHDだという事はご存知だと思います。ちなみに地上デジタルは1440x1080ドットのHD映像で、BSデジタルが1920x1080ドットのフルHDです。もちろん市販ソフトのブルーレイディスクもフルHDです。

画素数にするとフルHDは約207万画素。携帯カメラでさえ1000万画素を超える現在、フルハイビジョンと言っても僅か207万画素です。そこで一部の映像業界やハイアマチュアに少しずつ広まり始めているのが「4K」と言われる高画質映像。

L1274
ビル全体がプレゼント品のような飾りですね

4K(よんけい)とは約4000x2000ドットの解像度を持つ映像の事を指します。シネマ用の規格では4098x2160ドットで、もうひとつは現在のフルHDの縦横の解像度を2倍した3840x2160ドットの規格もあります。画素数にするとフルHDの約4倍あります。当然映像はフルHDより更に高密度になりますね。

すでに民生用の「4Kテレビ」も市販されています。ちなみにこの「4K」は現在NHKが開発を進めている次世代スーパーハイビジョン映像とは別物です。スーパーハイビジョンは7680x4320ドットで、約3300万画素にもなります。私は一度このスーパーハイビジョン映像を巨大スクリーンで観た事がありますが、絶句致しました。

L1283
天賞堂さんお馴染みの・・・

で、昨日観たベルリン・フィルの4K(3840x2160/60p)映像ですが、もちろん素晴らしいものでした。照明を受けている金管楽器の生々しい輝き(照り)具合は如何にも金属である事を実感させてくれます。この映像を知ってしまうとフルハイビジョンでも物足りなさを感じてしまいます。困りましたねぇ・・・。

この4K映像を観た後に別フロアでソニー製46インチ液晶テレビ(フルHD 1920x1080)で同じ映像を観たのですが、がっかりしちゃいました。明らかに違います。4K映像を観ていなければフルHD映像でも充分綺麗なのですが。

そうそう、以前ご紹介した「007シリーズ50周年記念ブルーレイBOX」はオリジナルフィルムを「4K」でスキャニングしたものをマスターとして使っています。ブルーレイでも製作年代を感じさせないほど綺麗に復刻されているのですが、スキャニングした「4K映像」はもっと凄いのでしょうね。500台のMacを使って作業している映像を見てビックリしました。

何でもそうですが、「上」を見ると切りがないですねぇ・・・(笑)
それにしてもベルリン・フィルの4K映像は素晴らしかった。

写真は今日の話題とは全然関係なく、昨日銀座で撮影したものです。

LEICA R9 + Summicron-R 35mm/F2 type II + DMR

« 京都・宝筐院 | トップページ | 京都・鹿王院 »

コメント

おはようございます。
4K、ひとつ賢くなりました^^; まさに上を見たらきりがないですね~。実際に目で見てみたいものです^^ 師走の銀座は、いつにも増して素敵ですね♪

koukoさん、おはようございます。
4K、ご参考になりましたか。全然別の意味で3Kというのが使われていましたが。(笑)
しかし映像にご興味のない方々にはまだまだ4Kを気にされる必要はないと思います。でも、映像を見ればフルハイビジョンとは違う事に気が付かれるかと。

おはようございます!
今日のレンズ、Summicron R35の最終型でしょうか。
人気という点ではSummilux R35mmのようですが、使いやすさも含めるとSummicronは侮れませんね。
コントラストが高い割には、ぼけも素直で好きなレンズの一つです。

tamuraさん、こんにちは。
おっしゃるように最終型です。購入した時は元箱が完全にファクトリーシールされた新品でしたが、中古扱いで超格安入手しています。メーカーからの在庫整理だったようです。しかしながら保証登録しましたのでメーカー5年保証です。(^^)v
でも、そろそろ保証も切れる頃です。
Summiluxの方がもちろん好きなのですが、Summicronも良いレンズですね。
お話ししたバッテリーの件、活性化させるために昨日わざわざDMRを持ち出しました。(笑)

こんばんは。
 LeicaRレンズ、やはり魅力的ですね。

 NEXというお手軽カメラ活用のため・・・、セカンドバックに入れても苦にならない、MINOLTA MD・MCレンズや、Pentax auto110、改造レンズを多用するようになってしまいました。

 たまにLeicaRレンズで撮ると、やはり違いを感じます。

こんにちは。
4Kの映像は2Dなのに3Dに見えるほどリアルだとか。iPhoneのRetinaディスプレイが大画面になったような感じなのでしょうか。
覗き見ている天使がかわいいですね。

pyosidaさん、こんばんは。
たまにRレンズを持ち出して結果を見ると、やはり良いなあ・・・と思います。
カメラとレンズが重い事、これが玉に瑕。(^^;

ビワさん、こんばんは。
例えが良いですね。
おっしゃる通り、4K映像は実に立体感があります。
出始めのデジタル写真はおもちゃみたいでしたが、今やフィルムを凌駕するほどの高画質になって来ました。
映像もまた同じで、進歩が止まりません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都・宝筐院 | トップページ | 京都・鹿王院 »