« 京都・祗王寺 | トップページ | 京都・宝筐院 »

2012年12月 8日 (土)

京都・厭離庵

N1005
京都嵯峨野・厭離庵

この色、決してパソコンで作った色ではありません!

N1016

嵯峨野散策時、小さな路地を入った突き当たりに位置していた「厭離庵(えんりあん)」、つい見落としがちになりますが、小倉百人一首の撰者、藤原定家の山荘跡と言われています。

N1029

燃えるようなこの鮮やかな色合いにはとにかくビックリしました。

N1035

広さは幾らもないのですが、足元に広がる真っ赤な散り紅葉、今回の京都訪問の中でも特に印象に残っています。

Nikon D800 + AF-S NIKKOR 24-120mm/F4G ED VR

« 京都・祗王寺 | トップページ | 京都・宝筐院 »

コメント

ふふふっ、知らずに見れば「またぁ、デジタルは色も自由だものね」って思われるかもしれませんね。
ホント、ここの散り紅葉は凄まじかったですね。

おはようございます。
本当に真っ赤ですね♪  見事な紅葉。やはりこの季節は京都が一番かな^^

おはようございます!
まあ何度も訪れているのですが、今年の色合いは近年でもベストでした。
これだけの赤い散り紅葉はなかなか見ることができませんので良かったです。

厭離庵は昨年久しぶりに訪れてはこのこじんまりしていても禅寺の迫力のある庭園美に感動し秋の特別公開にと今年もと計画していましたが残念ながら流れてしまいました。
京の庭園は手入れされていないようで手入れされているので美意識が感じられますね。
まだ訪れていない紅葉の新緑の京の庭は多くありこれからが楽しみです。

ボン村上さん、こんばんは。
お世話様でした。
普通はあんな色を写真で見たら信用しないですよね。ましてデジタルですから。(笑)
しかし凄い色でしたよねぇ・・・。

koukoさん、こんばんは。
とにかくびっくりの色でした。
京都でしかああいう凄い色は見られないかもしれません。

tamuraさん、こんばんは。
案外通り過ぎてしまうような場所で・・・。
あれほどの紅い紅葉は未だ見た事がないです。
本当に感謝しております。

Tokiwaiさん、こんばんは。
京都は奥深いですねぇ。
こちらには昨年訪れていらっしゃいましたか。この散り紅葉は素晴らしいものでした。私の拙い写真ではその一部しかご紹介出来ません。
新緑の京都も良いですし、ますます嵌ってしまいます。

こんにちは。
これは本当に真っ赤ですね。気候も関係しているのでしょうか。新緑も美しいのでしょうね。

強烈な赤ですね、こんなのが現実なんですね、すごいです

ビワさん、こんばんは。
いや〜・・・本当に真っ赤だったのです。
種類や気候風土が関係しているのだと思いますが、とにかく凄かったです。

roxanne6さん、こんばんは。
はい、現実なんです。
こんな色を見たのは初めてでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都・祗王寺 | トップページ | 京都・宝筐院 »