« フィルム写真 | トップページ | 寒中飛行機撮影 »

2013年2月16日 (土)

ABBEY ROAD/THE BEATLES

Beatles

ABBEY ROAD

1. COME TOGETHER
2. SOMETHING
3. MAXWELL'S SILVER HAMMER
4. OH! DARLING
5. OCTOPUS'S GARDEN
6. I WANT YOU
7. HERE COMES THE SUN
8. BECAUSE
9. YOU NEVER GIVE ME YOUR MONEY
10. SUN KING
11. MEAN MR MUSTRAD
12. POLYTHENE PAM
13. SHE CAME IN THROUGH THE BATHROOM WINDOW
14. GOLDEN SLUMBERS
15. CARRY THAT WEIGHT
16. THE END
17. HER MAJESTY

THE BEATLES

1969年4月20日〜8月18日

英EMI 0946 3 82468 2 4(輸入盤)

一昨日の晩、ビートルズのデジタルリマスター盤「アビイ・ロード」を久しぶりに取り出して聴いたのですが、翌日はまぁ・・・仕事をしている最中、或る曲がずっと頭の中に流れて来て参りました。(笑)

その曲は4曲目の「OH! DARLING」なのですが、ボールペンを持って書き物をしている最中、キーボードを叩きながらパソコン処理をしている最中も、どういうわけかこの曲が頭の中を巡っていました。凄いインパクトですよね。ビートルズは偉大!

何を今更・・・と、古くからのビートルズファンには叱られてしまいそうですが、何しろ私がビートルズの偉大さを知ったのは2009年9月に購入した「ザ・ビートルズ MONO BOX」からなので、実はビートルズを語る資格はないとも言えるわけです。

Beatles_11

しかし事はそれだけではなく、仕事中自社店舗に電話をした時、「お待ち下さい」と言われ、待っている間に音楽が流れて来たのですが、その音楽がなんとなんとビートルズ「HERE COMES THE SUN」のインストゥルメンタル音楽!(笑)

二日間、正にビートルズ攻めに遭いました。こういう事もあるのですね。
さて、ビートルズについては知識が乏しいので、このアルバムについて調べてみると、ビートルズ事実上のラスト・アルバムとの事。録音が1969年ですから、さすがにこの頃になると「音」もかなり良くなっています。初期のマルチモノ的ステレオ録音ではなく、自然な広がりを感じる真正ステレオ録音になっていますね。

ギターも実に心地よい良い音で収録されています。すでに4人は音楽的衝突が起き始めていて、解散は時間の問題だったとの事。そういう意味ではローリング・ストーンズは未だに活動していますから驚きます。皆さん、おじいちゃんになっているというのに・・・(^^;

ジャケット写真、良いですよね。英EMIのアビイ・ロード・スタジオ前の横断歩道を使って撮影したそうですが、警察に依頼して通りを通行止めにして撮影したらしいですね。以後、ここは有名になってしまい、この横断歩道でジャケット写真を真似て記念写真を撮る人が後を絶たないらしく、死亡事故や接触事故が起きているというのですから、ここでもビートルズの影響は偉大です。

実はこの記事を書いている最中、今一度このアルバムをBGMとして流し、聴きながらキーボードを打っていました。(^^)v

« フィルム写真 | トップページ | 寒中飛行機撮影 »

コメント

ABBEY ROADのジャケット撮影に使われたカメラは、勿論ハッセルで、レンズはディスタゴン50mmです。写真家は脚立に乗って、確か7カット撮ったそうですよ。我が家の豚児もイギリスに行って、ここで写真を撮ったと自慢してました^^ゞ

おはようございます。

偶然ですが、私は、昨日帰宅後、疲労回復と気分転換に選んだのが、ABBEY ROADの2012年リマスターLPでした。

KONDOHさんの頭の中にOH! DARLINGが流れ続けていたということですが、それはメロディですか詩の内容ですかそれとも両方でしょうか。詩の内容だと若干深刻なような(笑)。

HERE COMES THE SUNはジョージ・ハリスンの名曲ですね。LPでは、2面の冒頭曲です。当初届いたリマスターLPのHERE COMES THE SUNの一部で音がビリついて我慢できなかったので、交換してもらったことを思い出しました。昔はレコードショップが交換に応じるようなことはなかったと思いますが、ネットだと簡単に応じてくれるので、安心です。

ポールが裸足で歩いていることが、解散を暗示しているなど、話題になったジャケットですね。

音に関して言いますと、昨日気がついたのですが、なぜかこの盤は、中高音が甘い感じになっているのが気になりました。プレーヤーを替えても同じでしたので、アナログらしい音にしてあるのかもしれません。この盤に関しては、リマスターCDの方が良い感じです。

スカルピアさん、こんにちは。
ジャケット写真、ハッセルにD50mmでしたか。この時代のジャケット撮影となればハッセルが先ず第一に使われたのでしょうね。
ご子息もここで記念撮影されましたか。ビートルズファンなら誰しも同じ事をやりたくなりますよね。

yymoonさん、こんにちは。
頭を巡っていたのは詩ではなく、メロディの方です。(笑)
しかし知らず知らずのうちに強烈なインパクトを受けていたのでしょうね。初めて聴いたわけではないのに。
ところでほぼ同時期に同じアルバムをお聴きになっていらしたのですね。それもリマスターLPの方で。
「HERE COMES THE SUN」も名曲ですね。ハリスンの曲ですか。私もこのリマスターLPを購入しようかなぁ・・・。ジャケット写真を楽しむのはやはりLPレコードですね。
しかしポールが裸足で歩いていたのは気が付きませんでした。yymoonさんのコメントで初めて知りました。これも30cmLPジャケットでしたら気が付いていたかもしれません。CDではねぇ・・・。
ところで音の方はリマスターCDの方が良いですか。CDも外盤と国内盤とで音が微妙に違う場合がありますね。

こんばんは。
私もここに行って記念撮影してきました(^0^)。それと Baker Street 221B 。
しょうがないミーハーですね。

kv492さん、こんばんは。
ええ〜・・・、行かれたんですかぁ!
素直に羨ましい・・・(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フィルム写真 | トップページ | 寒中飛行機撮影 »