« 寒中飛行機撮影 | トップページ | 羽田空港D滑走路 »

2013年2月18日 (月)

羽田空港洋上撮影

C3798_2
羽田空港A滑走路着陸進入灯前にて

羽田空港沖、北西の風8メートルという強風。いや〜寒かったです!
カメラ、レンズはもちろん、自分も全身に潮を浴びて来ました。(^^;

昨日は前回の東京湾クルーズと違い、羽田空港D滑走路の離陸機を海から撮影するクルーズに参加して来ました。

上の写真は東京湾から多摩川に入った地点、A滑走路34Lの着陸進入灯前から撮影しています。

C3891_2

こちらはその着陸進入灯のライン上から撮影していますので、飛行機が頭上を通過して行きます。大阪伊丹空港エンド付近の「千里川の土手」での撮影を思い出しました。

飛行機のお腹が赤く反射しているのはもちろん進入等の色が映っているからです。

C3901

着陸進入灯の真後ろから撮影しています。海からでなければ羽田空港ではこんなアングルで撮影出来ません。撮影中は寒さも忘れてしまいます。

C3923

A滑走路34Lへ降りて来る飛行機を下(船上)から撮影しています。日を浴びながら爆音とともに頭上へ!

C4044

D滑走路エンド付近05に近付くと新ポケモンジェットがテイクオフの準備に入っているところに遭遇しました。その向こうはC滑走路34Rにアプローチ中のANA機。

長年撮影して来た羽田空港。いつも展望デッキや陸上からの撮影でした。しかし今回のような撮影は飛行機好きにとって実に新鮮な撮影でした。

カメラもレンズも潮だらけになりましたが(自分も)。(笑)

Canon EOS-1D Mark II N + TAMRON SP 70-300mm/F4-5.6 Di USD

« 寒中飛行機撮影 | トップページ | 羽田空港D滑走路 »

コメント

寒い時期お疲れさまです。波しぶきが激しいので大変でしたようですね。そのため視点が異なりインパクトがありますね。
わたしも飛行機の撮影を思い出しました。ネット見ると海上からの撮影ツアー結構行われているようですね・・・しかし揺れる船からは撮影はお疲れではないてせしょうか。

こんにちは。
これは珍しい写真ですね。最後の写真は、いかにも羽らしい風景です。大きな航空母艦のようにも見えますよ。

Tokiwaiさん、こんばんは。
一番波しぶきを被ったのは羽田空港へ向かうまでの間です。結構スピードを出して空港へ向かっていたものですから、舳先が巻き上げる波しぶきが凄かったのです。(^^;
海上の撮影ツアーは結構多いようで、私もネットで調べました。おっしゃるように揺れる船上での撮影はバランスを取りながらなので、終わってみると結構疲労感が残ります。

ビワさん、こんばんは。
陸上からの撮影では見る事が出来ないアングルですので、自分も楽しみながら撮影出来ました。
最後のカットは確かに航空母艦に見えなくもないですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 寒中飛行機撮影 | トップページ | 羽田空港D滑走路 »