« 象の鼻静寂 | トップページ | 松竹映画「東京家族」 »

2013年2月10日 (日)

本牧埠頭のキリン

Cf50_14

今日は本牧埠頭のガントリークレーンを撮影した写真です。

名前を知らなくても、こういうクレーンを何かの機会にご覧になった事があるのではないかと思います。埠頭の岸壁に接岸されたコンテナ船から荷物の積み降ろしに使われるクレーンです。

Cf50_12

下から見上げてみると、よくもまぁ・・・こういうクレーンを考えたものだと思います。と同時に、良く出来ているなぁと、実際の作業を見ると感動してしまいます。もっとも港湾関係者でない私はそういった作業時は遠目に見ているだけですが。

先日の東京湾クルーズに乗った際、海側からガントリークレーンが動いているところを見る事が出来ました。船上からですから通りすがりに見ただけですが、なかなか面白かったです。

クレーンの形から、「キリン」と称す人もいるようです。確かに動物のキリンに似ていなくもないですね。

HASSELBLAD 503CW + Zeiss Distagon T* CF 50mm/F4 FLE、Fuji RVP 100

« 象の鼻静寂 | トップページ | 松竹映画「東京家族」 »

コメント

こんにちは。
足が2本なら鶴でしょうが、4本ならキリンの方がぴったりですね。
こんなに大きなものが土台ごと移動するとは、スゴイです。

ビワさん、
本当にこのクレーンの働きは凄いと思います。
よくこんなものを作りますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 象の鼻静寂 | トップページ | 松竹映画「東京家族」 »