« ポートレートレンズ | トップページ | DP2 Merrill 雨の新宿御苑 »

2013年4月21日 (日)

DP2 Merrill 試写

Sd001

SIGMA DP2 Merrill、我慢出来ずに昨日の朝、出勤時にテスト撮影してみました。実は一昨日、仕事帰りに購入していたのでした。先月、或る記念で勤め先から頂いた商品券(3万円分)、熟慮の結果、やはりカメラに使ってしまった。(^^;

天気予報では雨になるとの事で、重い雲がたれ込める中、忙しい思いで撮影したのですが、夜帰宅後にパソコンで開いてみれば、背筋が凍りました。私は滅多に等倍鑑賞はしないのですが、上記写真をその等倍で見ると・・・、

ランドマークタワー屋上のアンテナもきちんと解像しています。そして右端の建物、タイル模様がハッキリと分かります。その他、中心も周辺も、「何これ・・・」という驚きの描写。

Sd008

先輩ユーザーのMさんから、レンズは DP1 Merrill より DP2 Merrill の方が凄いですよ、とお聞きしていたのですが、本当にこのレンズは驚嘆ものです。

Sd022

画像そのものも大変線の細い描写です。と申しましても、横800ドットの縮小写真ではオリジナルデータの 10パーセントもお伝え出来ないかもしれません。

Sd024

さて、カメラそのものも前モデルのメカより大分進歩しているように感じました。オートフォーカスも大分速くなっています。手持ちの DP1X では迷う被写体も、DP2 Merrill はあっさりと合焦します。

Sd025

一昨日の晩、Mさんから頂いた RAW データで先ずは驚嘆。そして自分のテスト撮影でもその事実を再確認するに及び、改めて DP2 Merrill が並大抵のコンパクトデジカメではないという事を知りました。

問題はひとつ。このカメラに負けない写真を撮らなければならないというプレッシャーです。

果たして RICHO GR は、DP2 Merrill(焦点距離は違いますが) に画質的に太刀打ち出来るのか不安に。(笑)

SIGMA DP2 Merrill(SIGMA LENS 30mm/F2.8)

« ポートレートレンズ | トップページ | DP2 Merrill 雨の新宿御苑 »

コメント

DP2M入手おめでとうございます。
FOVEONセンサーはベイヤー配列センサーとは次元の異なる解像力ですね。いったんこれを知ってしまうとベイヤー配列のセンサー、とくにローパスフィルターのあるセンサー搭載機は使いたくなくなるかもしれません。
今回の製品コンセプトで評価したいのは単焦点レンズ固定式にしたことで、これがズームであったらここまで評価されなかったように思います。DP1Mは画角が広い分だけレンズ設計の条件が厳しいですよね。周辺が甘くなる、色収差が出るのはある意味仕方がないかもしれません。
私はキャッシュバックを当て込んでSD1Mを考えているのですが、おそらくセンサーの性能とマッチするレンズはそれほどないと推測しています。GW明けには野望を現実にしたいです(笑)

遠景の解像感は凄いですよね。
KONDOHさんはD800もお持ちですが、高画素の解像とは何か違いますよね。
葉っぱの描写などは他のセンサーと一味違うでしょ(^^)

GRとは求めるものが違うので十分棲み分け出来ると思いますよ。
こっちも逝きましょう(^^)/

cucchi3143さん、SD1Mで使えるレンズですが、標準より長いものは大体問題ないと思いますよ。
古い設計のレンズは開放でふわふわした感じが目立つものもありますが、私はそれも楽しんでします(^^)

 おはようございます。
 
 DP2は使いたいと思いつつ、そのままですがSIGMA DP2 Merrillは、さらに凄そうですね。

 Foveonの描写、やはり魅力的ですね。

cucchi3143さん、おはようございます。
いや〜・・・ホントにFOVEONセンサーの凄さを知っちゃうと後々困りますね。(笑)
ローパス付きベイヤー配列が生温く感じるようになります。
おっしゃるように単焦点を組み込む事によってセンサー性能を生かす事が出来たのだと思います。わざわざ広角、標準、中望遠と、3機種に分けたのも頷けます。
キャッシュバック、大きいですね。私もこれがあったから・・・(笑)

ボン村上さん、おはようございます。
遠景の描写にはホントに驚かされました。確かに高画素の解像度とはまた違いますね。葉っぱは一枚一枚、気持ち悪いくらい解像しています。(笑)
GRにここまで期待してはいけませんですね。センサーが違うのですから。
DP2M、これからいろいろな被写体で楽しんでみます。

pyosidaさん、おはようございます。
DP1sを初めて使った時も驚嘆したのですが、DP2Mはその感動をも上回っておりました。
FOVEON、恐るべしであります。

Foveomの画像は驚くような精緻さですね。単焦点での成果だとは思いつつこれぞデジタルカメラのあり方を考えさせてくれる凄いカメラですね。
メーカーのサンプル画像を見ても焦点距離をわけたのもそれなりに根拠があったのですね。
4600万画素しかしパソコンに負荷はかかりませんか(v^ー゜)

Tokiwaiさん、こんばんは。
いろいろ雑誌記事やネット、そして何より写友の実体験を聞くに及び、かなりのものだという事は想像していました。
実際にDP2Mを自分で使ってみたら、想像以上でした。凄いカメラです。4600万画素、画素数だけはD800を超えていますね。

こんにちは。
いくら2000万画素、3000万画素あっても、ベイヤー配列のセンサーでは太刀打ちできないでしょうね。モアレの心配もないですし。

ビワさん、
自分でこうして使ってみると長所短所が良く分かりますね。
センサーを外販すればもっと広まると思うのですが。そういう事は考えていないのでしょうかねぇ?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ポートレートレンズ | トップページ | DP2 Merrill 雨の新宿御苑 »