« 新宿御苑にて | トップページ | EOS M に G Biogon 28mm »

2013年4月18日 (木)

GR DIGITAL の事

Grd

昨日、GR DIGITALのニューモデルが正式に発表されました。搭載されるセンサーはようやく・・・本当にようやく・・・と申しても良いAPS-Cセンサーです。

GR DIGITAL、私は初代のモデルと第二世代とを続けて購入しましたが、いずれも短期間で手放しています。その理由については2007年11月10日に述べています。

GRと言えば銀塩時代に一世を風靡したコンパクトカメラ GR1が思い出されます。優れた28mm単焦点レンズを搭載しており、当時私は大伸ばしのプリントを見た時に感嘆したものでした。後にレンズだけをライカ Lマウントで発売するや即完売。

ですからGR DIGITALが発売された時、GR1の印象を思い出して直ぐに入手。しかし、「あれ?」という画質。第二世代にはスクエア 1:1のモードがあったので今一度購入。ところがそれも売却。その後のモデルには興味を惹かれる事はなかったです。

銀塩時代、一眼レフに負けない画質を誇ったGRシリーズ、当然デジタル時代にもデジ一眼に負けない画質を持って頂きたかったです。となるとセンサーは最低でもフォーサーズと思っていましたので、今回のAPS-Cセンサー搭載に自分的には拍手喝采です。

以下の写真はGR DIGITAL第二世代で撮影したものです。コンデジ用の極小センサーを使っていた事もあって大変白飛びしやすいので、ややアンダー目に撮影していました。

Grd2_14_2

Grd2_15

しかしニコンさんにとっては同じくAPS-Cセンサーを搭載したCOOLPIX Aを発売したばかりなのに、強力なライバル出現となりましたね。

後は資金捻出をどうするか・・・です。その前にDP2 MerrilIも欲しい。
デジカメ10年化計画もあるし・・・(^^;

« 新宿御苑にて | トップページ | EOS M に G Biogon 28mm »

コメント

こんばんは、
私もGR DIGITALはIとIIのみ使い、KONDOHさんと同じ理由でIII、IVには手を出しませんでした。
銀塩ではR1sに始まり、GR10、GR1、GR1s、GR1vとほぼ網羅するくらい好きだったカメラなので、新型には期待大。さっそく金策に動き出しそうです。

yoss70さん、こんばんは。
おお、同じ感想をお持ちの方がいらっしゃるのは嬉しいですね。
銀塩GR1シリーズは本当に良いカメラでした。やはりGRという冠を付けるなら、デジタルでも画質に拘って欲しいですね。

GRですが、ContaxT2のようなMF、目測の目盛がありますね。
 クロックで35mmも撮れるので、COOLPIX Aよりいい感じがします。

 私の方は・・・ご先祖様にあたるかもしれないR1を36枚撮り終えました。

 また私の方は、FUJI TIARAとTIARA ZOOMの試し撮り。
 10-20年回顧計画を実践しております。(笑)

 KODAKDisk4000やポラロイドカメラまで、机の上にあります。
 今回のGRの時代に追いつくのは、だいぶ先のようです。(苦笑)

pyosidaさん、こんばんは。
今度のGRには惹かれています。COOLPIX Aには脅威のカメラとなりそうです。
私はデジカメ10年化計画を経てていますが、pyosidaさんは回顧計画ですか。(^^;
ティアラは私も当時予約して購入しました。良く写るコンパクトです。
新しいデジカメを導入しても、フィルムは私も止めません。

銀塩GRはレンズがよくても電気系統がダメでしたね。3台使っていずれもいまは不動です。
どうもこの印象が強いのでRICOH製カメラに手を出すのが憚れて、GRDも結局買わずじまいでした(私の場合は高感度に弱いというのもネックでした)
今回、ローパスレスのAPS-Cセンサー搭載というので、やっと食指が動くようになりました。
で、自分の予想ですと解像感はDP1xと同等。DP1Mまでは届かない(//∇//)
周辺まで含めたレンズの描写はGRが優れるでしょうね。
あとは価格ですね。サンプル画像を見て考えますが、DP1MをやめてGRにするかも・・・おっとSIGMAはキャッシュバックがあるんだ!(笑)

cucchi3143さん、こんばんは。
そうなんです。GR1は機械的、電気的箇所が少々弱かったですね。あの薄いボディに無理やりメカを詰めた事も影響していたのだと思います。
さて、今度のGRですが、描写だけならDP1Mの方かもしれませんですね。ただ、スナップ用に使うにはGRの方だと思います。私はDP1MではなくDP2Mを狙っています。
GR、量販店価格で10万切りですね。DP1Mの方が安いですが・・・。

 おはようございます。
私はGR1s、GRDⅠ、GRDⅣ、GXRと使っています。 GRDは画質に面で評判が良くないようですが、私は接写が好きなのでセンサが小さく焦点深度の深いこのカメラを重宝しています。
 新GRももちろん気になっていますが・・・。

mtanakaさん、こんばんは。
GRシリーズ、銀塩とデジタルで楽しまれていらっしゃるのですね。目的を持ってお使いなのですから、よろしいかと思います。小さいセンサーは接写が得意ですものね。
GR1s、今や貴重ですね。

大きいサイズの画像素子のカメラが増えてきましたね、といってもそんなにカメラを買ってもしょうが無いのでおとなしくしています

こんにちは。
GR1sは愛用していましたが(今も持ってはいます)、GRD系は手を出さずにきました。今度のGRDはセンサーが大きくなって期待も大きいですが、さすがに手ぶれ補正は入れられなかったようですね。

また尖ったカメラですね。
レスポンスの良さは秀逸でしょう(^^)

私はDPmを揃えちゃったので、ちとムリかなぁ、、、

こんばんは。
とうとう出てきましたね。
魅力的で画質も良さそうですし、
Nikonはかなり影響うけそうですね。

roxanne6さん、こんばんは。
少し前なら考えられないほど大きなセンサーを搭載したカメラが入手しやすくなりました。影響されずにおとなしくしているのが一番ですが・・・(^^;

ビワさん、こんばんは。
銀塩GR1はお持ちでしたか。しかしGRD系には手を出されなかったのですね。
手ぶれ補正、センサーサイズが大きくなって、コンパクトにまとめるのには入れられなかったのでしょうね。

ボン村上さん、こんばんは。
APS-Cセンサーサイズの選択肢が増えましたね。
DPMシリーズ、私は2が欲しいのです。しかしなかなかいっぺんに揃えられないので・・・。

Eurekaさん、こんばんは。
今回のGRDはかなり話題になっているようですね。それだけ銀塩時代の印象が強いという事だと思います。
Nikonは結構堪えると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新宿御苑にて | トップページ | EOS M に G Biogon 28mm »