« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月30日 (火)

DP2 Merrill スナップ写真

Sd0153
東京ミッドタウン

日曜日は東京・井の頭公園をお散歩し、その後は富士フィルムさんで開催されている写真展を見るため電車を乗り継いで久々に六本木へ。今日はその時のスナップ写真です。

Sd0159

このモスラの卵のようなもの、いつもこの位置からしか見た事がないのですが、廻ってみると穴が空いているのですね。今回初めて知りました。(^^;

Sd0165
日比谷線「六本木駅」

この写真は ISO 800 で撮影しています。さすがに地下鉄のホームは暗いですから、シャッターを稼ぐ為に感度を上げました。Foveonセンサーは高感度が苦手なんですが。

Sd0166
東京・有楽町

知る人ぞ知る、ちょいレトロなガード下。

Sd0167

以上二枚はモノクロの方が向いているかもしれませんね。

DP2 Merrill、前世代よりボディが少し大きくなりましたが、自分的には持ちやすくなりましたのでグッドです。

SIGMA DP2 Merrill(SIGMA LENS 30mm/F2.8)

2013年4月29日 (月)

DP2 Merrill で JPEG テスト

Sdim0126

Foveonセンサーを採用したカメラは基本 RAW撮影と言われているようで、私も今迄 RAWでしか撮影した事がありませんでした。

Sdim0123

それでは JPEG で撮影した写真はどういう感じになるのか興味を持ち、設定を JPEG FINE にして撮影してみました。

Sdim0119

ホワイトバランスはすべてオートです。露出もカメラ任せ。

Sdim0122

「いせや」さん、ビルディングになるのですね。

さて、DP2 Merrill による JPEG撮影、それほど悪くはないですよね?

今日の写真はすべて撮って出しで、レタッチは一切しておりません。リサイズのみです。

SIGMA DP2 Merrill(SIGMA LENS 30mm/F2.8)

2013年4月28日 (日)

NIKON F6

F356
手前からF3、F5、F6

デジカメ10年化計画(EOS-1DXの購入)を断念しました。(笑)

愛用する LEICA Summilux-R 35mm/F1.4 を、1DX でならライブビューでフルサイズ撮影出来るかもと思い、ショールームで実際に装着させてもらいテストしました。しかしながら 5mくらいから無限遠方向へピントリングを回すとレンズ後方がボディにつかえてしまいます。残念!

ちなみに 1Ds ではミラーがレンズ後玉にぶつかってしまいます。近接しか使えません。なので、ミラーアップしたまま撮影するライブビューならひょっとして使えるかも、と思ったわけです。(^^;

1DX を思い切って購入し、以後 10年は使うつもりでしたが、上記理由で断念したわけです。お笑いになるかもしれませんが・・・いや、実際のところ笑い話しですが、一度ズミ 35mm をデジタルでフルサイズ撮影してみたかったのです。このレンズ、後玉が少し出っ張っており、これがあだになって EOS で使えないのです。

T015

で、断念したその日、某店で新同品のニコン F6 と出会いまして、見せてもらったらシリアルNo. が最近の番号、ボディも擦り傷ひとつないとても綺麗な個体なので、逝ってしまいました。もしキヤノンショールームで無事ズミルックスを使う事が出来ていたら、そのままカメラ店に向かい、EOS-1DX を購入するつもりでした。

T022

拙ブログで申していた通り、ニコン F6 は今年こそ入手しようと考えていたカメラ。それが 1DX 購入を断念したその日に F6 と出会うというのも何かの縁だったのかもしれません。本来なら新品を購入したいところですが、ほとんど新品と変わらない状態の個体と出会ったので決めてしまいました。

それにしても新品価格と中古価格との差が実に大きいですね。ニコンフラッグシップと言えども現在のフィルムカメラの人気度、需要度が良く分かります。

T006

ところで F6 には撮影データを記憶(最高で約 57本)する機能を持っているのですが、背面液晶で前ユーザーの記録を調べてみたら僅か 7本しか記録されていません。もしこれが本当なら、前ユーザーさんはあまり使っていなかった事になります。まぁ、ボディは元箱から出したみたいに綺麗なので、案外本当に 7本しか使われていなかったのかもしれません。

これからは私の愛機として使わせて頂きます。(笑)

シャッター音は F5 とは対照的ですね。F6 はとても軽い品の良い音です。ピン山も掴みやすく、これからの撮影が楽しみです。これで私の愛用ニコン F 一桁フラッグシップ機は F3、F5、F6 の三台となりました。以前は F、F2、F4 も持っていたのですが。(^^;

昨日の写真でお二方から F6 をご指摘されたので、今日は急遽 F6 を採り上げました。(笑)

Nikon F6 + TAMRON SP AF 28-75mm/F2.8 XR Di SD Aspherical、Fuji FUJICOLOR 100

2013年4月27日 (土)

瞳にインパクト

T001
都内にて

歩いていたら、この色、そして美人の瞳にインパクトを受けて一枚撮影してしまいました。(笑)

なんか強烈ですよね。

T005

T008

後の二枚はおまけです。(^^;

ところで使ったタムロン製標準ズームレンズ、名称が実に長いですね。これでも後ろをカットしているのですから。(笑)

Nikon F6 + TAMRON SP AF 28-75mm/F2.8 XR Di LD Aspherical、Fuji FUJICOLOR 100

2013年4月26日 (金)

ポートレートレンズでスナップ

P8504

先週、ポートレートレンズの記事の際に話題にしたヤシコンのプラナー 85mm でスナップした写真を今日はご覧頂きます。

P8514

コシナツァイスの 85mm も良いのですが、デザインがイマイチ好きになれず、私はやはりヤシコンマウントの方が好みです。

P8517

街角スナップは広角、或は標準レンズの方が撮影しやすいのですが、たまにはこうした中望遠でのスナップも面白いものです。

P8508

「斬られりゃぁ痛えぞぉ〜」と、あっという間の居合い抜き。娯楽映画としての最高傑作「用心棒」の続編とも言うべき「椿三十郎」の映画ポスター。年季が入ってますね。このカットは絞り開放で撮影しています。

P8524

今回使ったボディは RTS III ですが、ファインダーは断然 RTS II の方が良いです。

CONTAX RTS III + Planar T* 85mm/F1.4 MMJ、Fuji FUJICOLOR 100

2013年4月25日 (木)

冬の富良野線

N480
JR富良野線

今迄にも何度か撮影している富良野線(旭川駅〜富良野駅)ですが、冬のシーズンに撮影した事がありませんでした。

JR北海道の鉄道ですから、やはり雪の中を走る姿を撮影しておきたいと思い、今回初めての撮影。

N492

雪はいろいろな音を吸収しますので、列車を待つ間は実に静かです。

自分はガリガリの鉄ちゃんではないのですが、それでもこういう景色の中を走る列車に少し興奮しました。(笑)

Nikon D7000 + TAMRON SP 70-300mm/F4-5.6 Di USD

2013年4月24日 (水)

塩狩峠

Img_0512
4月1日撮影

三浦綾子さんの小説「塩狩峠」の舞台となった塩狩峠です。すっかり雪に覆われていました。

Img_0508
JR宗谷本線「塩狩駅」

2010年9月に訪れて以来、二度目となる「塩狩駅」です。

Img_0505

氷柱(つらら)の凄さに仰天。私の出身地、横浜ではこんな長い氷柱なんて見る機会はありませんので。思わず突いて一本落としてみたりしました。(^^;

Img_0504

待合室です。前回訪れた時は大きな蛾がいっぱいいて、蛾が苦手の私は待合室に入る事が出来なかったのです。(笑)

そうそう、その時「先月、ヒグマが出没したので充分ご注意下さい」というような内容の貼り紙がしてありました。

Img_0509

ここがホームです。と言っても何が何だか雪で良く分かりませんよね。(^^;

都内、横浜ではソメイヨシノが葉桜に変わっていた時期なのに、こちらではご覧のような雪景色。改めて日本も南北で気温差が大分あるという事を実感しました。

今日の写真はすべて iPhone 5 で撮影しています。

2013年4月23日 (火)

DP2 Merrill 雨の新宿御苑(2)

Sd052

今日も新宿御苑からです。この春だけでも何回目になるのか、梅の時期から度々訪れておりますね。

Sd068

もっとも春だけでなく、新宿御苑はオールシーズン訪れております。大都会の真ん中にこういうところがあるのは嬉しいですね。藤が見頃を迎えています。

Sd086

毎週のように訪れていますが、その度にいろいろな花々が開いています。ハナミズキもピークの時でないとあまり綺麗に見えないような。

Sd092

八重の終焉です。これから桜を狙うには北国へ行かないといけませんね。

Sd100

イチハツです。アヤメ科で一番最初に咲くので「一初」と呼ばれるそうです。雨にピッタリの花ですね。

雨の新宿御苑もなかなか楽しめるところです。

SIGMA DP2 Merrill(SIGMA LENS 30mm/F2.8)

2013年4月22日 (月)

DP2 Merrill 雨の新宿御苑

Sd071
新宿御苑(4月21日)

昨日は遠景テストのような DP2 Merrill の写真でしたが、今日は主に近景を撮った写真を。

雨の中、新宿御苑に出掛けて来ました。雨模様の日、しっとりとした情感を写せれば、と思いまして。

Sd034

家を出る時は結構降っていたのですが、御苑に着いてみれば雨も小降りに。その後、霧雨程度になり、時機に止んでしまいました。

Sd040
ムラサキハナナ

小雨の中、歩いていると足元に紫色の可憐な花が沢山咲いていたので、しゃがみこんで撮影。

Sd036
ラクウショウ

先月、この近くでリンホフスーパーテヒニカで大判撮影をしている方がいらっしゃいました。新宿御苑では時々大判で撮影している方を見掛けます。

Sd107
ハンカチの木

花振りがいっそう大きくなっていたハンカチの木。実は白い部分が花ではなく、もじゃもじゃした黒い部分が花だそうです。

DP2 Merrill、レスポンスは一時代前のデジカメという感じです。撮影データをメモリに書き込みしている間は液晶で撮影データのチェックが出来ません(書き込み前のデータでも)。ただ、書き込みをしている間も次の撮影は出来ます。まぁ、こういった事には目をつぶる必要があります。代わりに目の覚めるような写真を記録してくれるので。

それとバッテリーは持たないですねぇ。予め2個同梱されているのですが、一日撮影しようとしたら2個では間に合わないでしょう。グリップ部分を膨らませて、もう少し容量の大きなバッテリーにしてくれたら良いのに、という思いです。

SIGMA DP2 Merrill(SIGMA LENS 30mm/F2.8)

2013年4月21日 (日)

DP2 Merrill 試写

Sd001

SIGMA DP2 Merrill、我慢出来ずに昨日の朝、出勤時にテスト撮影してみました。実は一昨日、仕事帰りに購入していたのでした。先月、或る記念で勤め先から頂いた商品券(3万円分)、熟慮の結果、やはりカメラに使ってしまった。(^^;

天気予報では雨になるとの事で、重い雲がたれ込める中、忙しい思いで撮影したのですが、夜帰宅後にパソコンで開いてみれば、背筋が凍りました。私は滅多に等倍鑑賞はしないのですが、上記写真をその等倍で見ると・・・、

ランドマークタワー屋上のアンテナもきちんと解像しています。そして右端の建物、タイル模様がハッキリと分かります。その他、中心も周辺も、「何これ・・・」という驚きの描写。

Sd008

先輩ユーザーのMさんから、レンズは DP1 Merrill より DP2 Merrill の方が凄いですよ、とお聞きしていたのですが、本当にこのレンズは驚嘆ものです。

Sd022

画像そのものも大変線の細い描写です。と申しましても、横800ドットの縮小写真ではオリジナルデータの 10パーセントもお伝え出来ないかもしれません。

Sd024

さて、カメラそのものも前モデルのメカより大分進歩しているように感じました。オートフォーカスも大分速くなっています。手持ちの DP1X では迷う被写体も、DP2 Merrill はあっさりと合焦します。

Sd025

一昨日の晩、Mさんから頂いた RAW データで先ずは驚嘆。そして自分のテスト撮影でもその事実を再確認するに及び、改めて DP2 Merrill が並大抵のコンパクトデジカメではないという事を知りました。

問題はひとつ。このカメラに負けない写真を撮らなければならないというプレッシャーです。

果たして RICHO GR は、DP2 Merrill(焦点距離は違いますが) に画質的に太刀打ち出来るのか不安に。(笑)

SIGMA DP2 Merrill(SIGMA LENS 30mm/F2.8)

2013年4月20日 (土)

ポートレートレンズ

N591

一眼レフ用で単焦点 85mm レンズとなれば、一般的にはポートレートに最適のレンズ、というイメージを持っていると思います。

中でもヤシコンマウントの Planar 85mm/F1.4 なんてその最たるレンズでした。あの 85mm を使いたくてヤシコンマウントに手を出した、そういう方って大変多いと思います。

前玉から見ると鏡胴いっぱいに詰まったガラス(レンズ)が何とも所有欲をそそられます。
私も Planar 85mm は AEG、MMJ とタイプ違いで購入しましたし、コシナツァイスから再登場した Planar も購入しました。

N572

しかし私の場合、単焦点 85mm はもっぱら花の撮影とスナップに使っていました。何しろ全くと言って良いほどポートレート写真はやらないものですから。

N584

で、単焦点 85mm は今日のような写真を撮る為のレンズなのです、自分は。大口径は背景を適度にボカせるので、花の撮影には最適なのです。是非、皆さんも試して下さい。

昨日、カメラ量販店に行ったら RICHO GR のカタログが置いてあったので貰って来ました。

Grc

一枚目の作例、小さいけど「SONY」が写っています。良いのだろうか?(笑)

余談ですが、写友 Mさんから SIGMA DP2 Merrill の RAWデータを 5枚頂いたのですが、その描写に驚愕しました。ただひと言、「スゲェ〜・・・!」

Nikon D800 + AF-S NIKKOR 85mm/F1.8G

2013年4月19日 (金)

EOS M に G Biogon 28mm

M100

ミラーレスカメラ EOS M にマウントアダプター経由でコンタックスの G Biogon 28mm(ライカ Lマウント改) を装着して使ってみました。ソニー NEX-7 では盛大にマゼンタ被りが生じたのですが・・・。

M107

EOS M でも同様にマゼンタ被りが・・・。

M109

やはり後玉がせり出しているビオゴンタイプはセンサー周辺に光が斜めに入るので仕方ないのでしょうかねぇ?

M120

ミラーレスカメラを入手する度にテストしてみるのですが、どれも大なり小なりマゼンタ被りを生じます。
ちなみに絞りはF8まで絞っています。

やはりこのレンズはフィルムだけで使う他ないのかもしれませんね。

Canon EOS M + Zeiss G Biogon T* 28mm/F2.8

2013年4月18日 (木)

GR DIGITAL の事

Grd

昨日、GR DIGITALのニューモデルが正式に発表されました。搭載されるセンサーはようやく・・・本当にようやく・・・と申しても良いAPS-Cセンサーです。

GR DIGITAL、私は初代のモデルと第二世代とを続けて購入しましたが、いずれも短期間で手放しています。その理由については2007年11月10日に述べています。

GRと言えば銀塩時代に一世を風靡したコンパクトカメラ GR1が思い出されます。優れた28mm単焦点レンズを搭載しており、当時私は大伸ばしのプリントを見た時に感嘆したものでした。後にレンズだけをライカ Lマウントで発売するや即完売。

ですからGR DIGITALが発売された時、GR1の印象を思い出して直ぐに入手。しかし、「あれ?」という画質。第二世代にはスクエア 1:1のモードがあったので今一度購入。ところがそれも売却。その後のモデルには興味を惹かれる事はなかったです。

銀塩時代、一眼レフに負けない画質を誇ったGRシリーズ、当然デジタル時代にもデジ一眼に負けない画質を持って頂きたかったです。となるとセンサーは最低でもフォーサーズと思っていましたので、今回のAPS-Cセンサー搭載に自分的には拍手喝采です。

以下の写真はGR DIGITAL第二世代で撮影したものです。コンデジ用の極小センサーを使っていた事もあって大変白飛びしやすいので、ややアンダー目に撮影していました。

Grd2_14_2

Grd2_15

しかしニコンさんにとっては同じくAPS-Cセンサーを搭載したCOOLPIX Aを発売したばかりなのに、強力なライバル出現となりましたね。

後は資金捻出をどうするか・・・です。その前にDP2 MerrilIも欲しい。
デジカメ10年化計画もあるし・・・(^^;

2013年4月17日 (水)

新宿御苑にて

Yc020_2

昨日に引き続き、新宿御苑でのフィルム写真です。

Yc005_2

今回使ったフィルム、某店でワゴンいっぱいにまるで捨ててあるかのような売り方をされていた富士フィルムのネガカラーで、一本170円ほどでした。800円強するPRO 400とあまり変わらない写りかも。これなら170円のフィルムをもっと買っておこうかなぁ・・・(笑)

Yc016

北国の方たちには申し訳ないですが、春がいっぱいの新宿御苑です。これで風さえ吹いていなければお散歩もとても気持ちが良いのですが。

Yc019

新緑も眩いほど輝いています。

Yc017

失敬して上から撮影。良い写真、撮れましたか?

CONTAX RTS II + Makro-Planar T* 60mm/F2.8 AEJ、Fuji FUJICOLOR 100

2013年4月16日 (火)

桜吹雪

Yc004
新宿御苑にて(4月14日)

まだまだいろいろな桜を楽しめた新宿御苑。しかしこの日はまたまた強い風が吹いており、桜の花弁が舞い上げられて時折桜吹雪が見られました。場所によってはご覧のように何が何だか・・・(笑)

持参したカメラはコンタックス RTS II とマクロプラナーです。

Yc008

今年はほぼ一ヶ月くらい桜を楽しんだ事になります。新宿御苑には実に多種多様な桜がありますので、充分堪能しました。今春は毎年恒例の京都詣でが出来なかったのですが、その代わり都内と横浜で楽しみました。

Yc002

これは「ハンカチの木」です。花びらがまるでハンカチのように見えるところから付けられた名前らしいです。

Yc013

お馴染み、アヤメ科のシャガです。今が見頃ですね。

Yc011

今、新宿御苑は沢山の春の花に飾られています。来月になれば春バラも見られますね。

ところでRICOH GR DIGITAL、ニューモデルはいよいよAPS-Cセンサー搭載で登場するようですね。これは期待出来そうです。(^^)

CONTAX RTS II + Makro-Planar T* 60mm/F2.8 AEJ、Fuji FUJICOLOR 100

2013年4月15日 (月)

雪スナップ

P252
北海道・美瑛にて

早朝の美瑛。キタキツネの足跡でしょうか?
今回の北海道、何処を走っても雪だらけ。横浜の気温とはエラい違いです。そういえばレンタカー会社の女性が私に、「ゴールデンウィークにも雪が降る事があるんですよ」と言っていた事を思い出しました。

P259
美瑛・北西の丘公園にて

見て下さい。自販機が雪に埋もれています。(^^;

P262
美瑛にて

美瑛の丘は天候がコロコロ変わります。晴れていたかと思うと途端に雲が出て来て雪に変わる事も。

P287
旭川市内にて

宿泊したホテルで朝目が覚めて、ブラインドを開けてみてビックリ。ご覧のように外は真っ白。前日、車道と歩道は綺麗に除雪されていたのですが、一晩でまたまた積雪です。さすが北海道。

P292

ホテルをチェックアウトして駐車場に向かう時の撮影です。まだまだ雪が降っています。この後、横断歩道を渡り始めた時、車が来たので小走りしたら、見事に足が滑ってスッテンコロリ。腰を打ってしまいました。(笑)

N799
旭川空港付近にて

空港に向かう直前、羽田からのJAL機を撮影しようと待っていたら、視界の右端で何かが動く気配。そちらを見たら、キタキツネが走り抜けて行きます。立ち止まったところを撮影したのが上の写真。

横浜ではソメイヨシノが満開を過ぎて葉桜になっていたのに、北海道は未だ真っ白。狭い日本などと言われますが、いえいえ充分広さを感じます。

2013年4月14日 (日)

EF-M 22mm/F2 STM

M141

今年はチューリップも例年より早く、ピーク時を逃しました。

今日はキヤノン EOS Mのキットレンズ、22mm/F2の単焦点で撮影したチューリップです。撮影場所は毎年撮影している横浜公園ですが、もう大分傷み始めていて綺麗なものが少なくなっています。

M154

キヤノン APS-Cセンサーでの単焦点22mmですから、35ミリ換算で35mmレンズに相当。開放値がF2なので、フルサイズで言えば35mm/F2のレンズを装着して撮影しているようなもの。

M175

最短撮影距離が15cmですからマクロレンズ的な使い方が出来るわけで、使い勝手が良いです。

M161

このレンズはなかなか良いですね。フルサイズ用のパンケーキ 40mm/F2.8も良かったですが、負けず劣らずというところ。

M188

タッチシャッター機能を試しに使ってみたのですが、今日のような花の撮影には便利な機能でした。

EOS M、結構気に入りました。ミラーレスカメラが増えてしまったので、一部整理しました。何台も持っていても使い切れないのと、何より新規購入の為の軍資金作りが必要なので。あぁ、ビンボーが憎い。(^^;

デジカメ10年化計画は・・・

Canon EOS M + EF-M 22mm/F2 STM

2013年4月13日 (土)

ラフモノクロ

M086

今日の写真はEOS Mの撮影機能のひとつ、クリエイティブフィルターの中の「ラフモノクロ」で撮影したものです。どの写真もリサイズのみで、レタッチはしていません。

M089

一時、O社と同じアートフィルターという言葉を使っていたようですが、さすがに拙いと思ったのか、後にクリエイティブフィルターと名前を改めたようです。

M092

そのO社のアートフィルターに「ラフモノクローム」がありますが、こちらは「ラフモノクロ」という名称です。

M097

まぁ或る種、お遊びのモードですが、たまにはこういうのも良いかな、と思いまして。レンズは22mmの単焦点を使いましたが、このセットはコンパクトでスナップには最適です。

Canon EOS M + EF-M 22mm/F2 STM

2013年4月12日 (金)

和寒駅(宗谷本線)

N516
JR和寒(わっさむ)駅にて

初めて訪れたJR和寒駅、列車が来るので跨線橋から撮影しようと上がってみれば、目の前に電線が。(^^;

ホームに降りて撮影しようとも思いましたが、そのまま俯瞰撮影。電線が気になりますが、そこそこ北国の駅という雰囲気が出ているかな・・・と自己満足。(笑)

N554

北海道上川郡和寒町字北町。2010年秋も駅前の国道を通過したものの、駅には寄っていませんでした。帰宅後調べてみたら、和寒駅は特急「スーパー宗谷」が停車する駅だったのですね。残念!

P296

これが駅舎です。

P305

ホームで乗り降りする部分はきちんと除雪がしてあるのですね。無人駅ですが、関係者のご苦労が感じられます。

P302

駅舎内待合室です。

P308

こんなノートが置いてあったのでパラパラとページを捲ってみました。

P309

私も記念に書き残しておこうかと思いましたが、止めました。またいつか訪れるつもりなので。

Nikon D7000 + TAMRON SP 70-300mm/F4-5.6 Di USD
Panasonic GX1 + X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S.

2013年4月11日 (木)

Canon EOS M

Mset
Canon EOS M ダブルレンズキット

(キット内容)
EOS M(ボディ)、左回りにEF-M 22mm/F2 STM、マウントアダプター EF-EOS M、スピードライト 90EX、EF-M 18-55mm/F3.5-5.6 IS STM

私の周辺では、私がキヤノン EOS Mを購入した事に大変驚いている方々がいらっしゃるようです。正直そういう方々の疑問に対し、私の方は「え! 何故?」という気持ちです。 (笑)

ミラーレスカメラへの参入がユーザーからまだかまだかと鶴首状態の中、ようやく昨年9月末に待望のミラーレスカメラ EOS Mが発売されました。ところがいざ発売されてみると、AFが遅い、ファインダーが内蔵されてない、外付けファインダーも用意されてない、とバッシングが甚だしい結果に。

正直私も発売直後に量販店店頭で弄ってみた際、AFは思ったより遅いなぁという印象を持ちました。しかしです、キヤノン製デジ一眼レフのライブビュー撮影って他社より合焦時間が遅いですよね。私は直ぐその事を思い出し、まぁキヤノン製ミラーレスカメラのコントラストAF(実際はハイブリッドAF)はこんなものだろう・・・と思ったものです。

Gxm
GX1 + 20mm と EOS M + 22mm

ご覧下さい。マイクロフォーサーズセンサー機のパナソニック GX1と大きさ的には変わりません。EOS Mの方がやや小さいくらい。

EOS Mはご存知のようにセンサーサイズはAPS-Cです。私的にはこれで充分購買意欲が湧いていました。それも昨年暮れから。後は自分の懐具合と売価とを天秤に掛けるだけ。

で、購入の決め手になったのが「ザ・ゴールドラッシュキャンペーン」です。EOS M ダブルレンズキットは何と1万円ものキャッシュバックがあるのです。発売時の売価から比べれば現在は投げ売りの状態。キャッシュバックを差し引きすると私の持ち出し金額は38,800円(ポイント無し)です。コンデジ価格で冒頭のセットが手元に来ているのですから、まったく文句はありません。(笑)

C057

写真はマウントアダプター EF-EOS Mに、EF 24-105mm/F4の一眼レフ用標準ズームレンズを装着して撮影しています。彩度はやや高めです。ターゲットにしているユーザー層を考えれば当然の結果ですね。

ストラップの取り付け金具はコインを使ってワンタッチで外せます。ですからストラップが邪魔に感じたら簡単に外せるのもグッドです。ハッセルブラッドの純正ストラップが装着出来るようです。

C059

さて、肝心のオートフォーカスのスピードですが、人物撮影やスナップには充分のスピードです。ネットでは「爆遅」などと揶揄する人もいるようですが、オリンパスペン E-P1やE-P2等より余程速く感じます。慣れればまったく問題ありません。

C072

背面の液晶(3型 104万ドット)、明るい日中でも充分フレーミング出来ますので私はこれでOKです。1800万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーにDIGIC 5の映像エンジン搭載ですから、このコンパクトさでEOS 7Dと同等以上の写真が撮れるわけです。売れないのが不思議。(笑)

Canon EOS M + EF 24-105mm/F4L IS USM + EF-EOS M

2013年4月10日 (水)

フィッシュアイの世界

N925

驚かれるかもしれませんが、フィッシュアイ・・・魚眼レンズを今まで一度も使った事がないのです。で、ようやく今回自分にとって初めての撮影を経験してみました。

レンズはニッコールのDX専用対角線魚眼レンズ 10.5mmです。とてもコンパクトで軽く、カメラバッグに入れておいてもまったく重さで負担になる事がないです。

N911

いや〜・・・面白いです。しかし同時に扱いが難しいレンズですね。このレンズは昆虫写真家、海野和男さんが汎用のテレコンを装着して昆虫写真の傑作を撮られていらっしゃいます。私も真似して夏には昆虫写真に使ってみようかと。

N927

今日の写真はお馴染み、新宿御苑にて撮影したものです。ついつい上を見ての撮影が多くなりました。

N935

この写真は黙っていたら魚眼レンズを使った事に気が付かないかもしれません、如何でしょうか?
カメラの水平に注意して撮影してみました。

魚眼レンズ、これからいろいろと楽しめそうです。

Nikon D7000 + AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm/F2.8G ED

2013年4月 9日 (火)

美瑛、塔のある小学校

P100_05
北海道美瑛、美馬牛小学校

前田真三さんによる数々の名写真ですっかり有名になった美馬牛小学校。昨年、拓真館で私が購入したプリントもこの美馬牛小学校の塔が朝靄に遠く見えている写真です。

初めてこの塔を自分の目で見る事が出来た時は何とも言えない感動を覚えたものです。今はもう自分にとってもすっかりお馴染みの風景となりましたが。

P100_10

美瑛川です。石狩川を横断した時もそうですが、橋から川の様子を見ると水量が少なく、水が流れていないところは雪を被って真っ白。静けさに思わず心が奪われます。

HASSELBLAD 503CW + Zeiss Planar T* CFi 100mm/F3.5、Fuji RVP 100

2013年4月 8日 (月)

爆弾低気圧一過後の新宿御苑

C024
新宿御苑にて(4月7日)

土曜日に続いて強風の中、昨日も新宿御苑に出掛けてしまいました。台風一過ならぬ爆弾低気圧一過後の新宿御苑は見事、抜けるような気持ちの良い青空。ただし、前述したように猛烈な強風は続いています。

C006

しかし初夏を思わせる気温の高さで、散策していると汗ばんで来ます。

C009

新緑が目に眩しいですね。

C028

日差しが強いので、花の撮影には必ずしも向いている天候ではありませんが、青空とのコントラストは良い感じかもしれません。私、PLフィルターを使った写真があまり好みではないので使っていません(持っていません)が、昨日みたいな日はPLフィルターを使った方が良いかも。

C043

二日続けて新宿御苑を訪れたのはもちろん今回が初めて。東京メトロと相互乗り入れが始った東横線に乗り、新宿三丁目で下車。地下に潜った東横線渋谷駅ですが、普通の地下鉄の駅、という感じでした。(^^;

Canon EOS M + EF-M 18-55mm/F3.5-5.6 IS STM

2013年4月 7日 (日)

新宿御苑は八重が満開

S34
新宿御苑にて(4月6日)

北海道の写真は駄作がまだまだ沢山あるのですが (^^;、今日は昨日訪れた新宿御苑での写真を。

爆弾低気圧がまたまた近付いているというのに、天気が荒れないうちにさっと撮影して帰宅しようと、少しの時間歩きました。八重桜が見頃を迎えていて素晴らしかったです。

S65

前述のように天気予報では爆弾低気圧が近付いているので出来るだけ外出は控えるようにとの事でした。そういう日でしたから御苑は閑散としているのではないかと思ったのですが、入ってみてビックリ。

いつもと変わらないほどの来苑者がおりまして、中には中国の団体客も沢山いらっしゃいました。皆さん、ニコン、キヤノンのデジ一眼を首から提げて、賑々しく私の横を歩いて行きました。中国の方々、景気が良いみたいですね。ショボイのは自分だけ?(笑)

八重桜、まだ八分咲きの木もありましたので、もう少しの間楽しめそうな新宿御苑でした。

SIGMA DP1X(SIGMA LENS 16.6mm/F4)

2013年4月 6日 (土)

北の大空に

N803
旭川空港付近にて

月曜日夕刻、帰りの飛行機までには時間がたっぷりあったので、ターミナル真向かいの撮影ポイントで飛行機を撮影しようと現地に行ってみました。

しかし、いつも撮影するそのポイントは雪に覆われていて車が入る事は無理。もちろん誰一人おりません。(^^;

仕方ないので少し車を走らせてみると沿道に車一台止められる箇所を見付け、そこに駐車。滑走路からはかなり離れているのですが、仕方ありません。iPhone 5で空港の時刻表を調べてみると、およそ20分後に羽田を発ったJAL機が到着予定。

問題はどちらから(旭川の方位は16/34)アプローチして来るか、です。R/W34を使ってくれれば十勝岳連峰を背景に入れられるのです。前日の朝、自分の乗った飛行機はR/W16に降りたので、風向きが気になるところ。

で、待っていたら十勝岳連峰方向から灯りが見えました。やった〜! です。(笑)

その時の一枚が今日の写真です。

Nikon D7000 + TAMRON SP 70-300mm/F4-5.6 Di USD

2013年4月 5日 (金)

比布駅(宗谷本線)

P312
比布(ぴっぷ)駅(北海道上川郡比布町)

「ピップエレキバン」のテレビCM撮影が行われた事によって一躍有名になった、宗谷本線の比布駅を訪れてみました。

P313

ピンク色のオシャレな駅舎には少々ビックリでした。待合室には誰も写っていませんが、実は数人ほどおりました。

P314

旭川方面です。反対ホームへは跨線橋を渡ります。

P315

こちらは稚内方面。とは言っても稚内までは大分距離がありますが。

P316

北比布と南比布があるのですね。

時刻表を調べて比布駅に来たわけではないのですが、丁度5分後に旭川行きが来る時間で、グッドタイミングでした。

N561

雪の中から列車が現れて来る、そんな雰囲気を感じさせてくれます。

N577

ジーゼルエンジン特有の音が小気味好いです。

N598

宗谷本線を撮影するのは今回が二回目となります。駅舎内の時刻表を見ると、とにかく本数が少ないです。2010年9月、初めて宗谷本線を撮影に来た時は本数の少なさからまるまる半日掛かったのを思い出します。

一度、特急「スーパー宗谷」を撮影してみたいですね。今回は鉄道写真が目的で北海道を訪れたわけではないので、比布駅も行き当たりばったりの行動の結果です。(笑)

Panasonic GX1 + X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S.
Nikon D7000 + TAMRON SP 70-300mm/F4-5.6 Di USD

2013年4月 4日 (木)

美瑛厳寒

N465
親子の木(北海道・美瑛の丘にて)

自分自身、もう何度訪れているのか分からないほどの回数になっている美瑛。今更申すまでもなく、美瑛は私が最も尊敬している風景写真家、前田真三さんによる数々の傑作写真で一躍有名になったところ。

今回は冬の美瑛を見たくてレンタカーを駆って向かいました。東京、横浜はもう春の様相ですが、北海道美瑛はまだまだ春遠し、という感じです。

親子の木、周りはご覧のように白一色。とにかく積雪が結構なものでした。

N454
ケンとメリーの木

空港から途中少し寄り道をしたものの、最初に向かったのはお馴染み、ケンとメリーの木。前の駐車場は深い雪に覆われていて、車は入れません。夏のシーズンと違って実にひっそりとしています。他の車も滅多に出会いませんから。

物好きに写真撮影している人をほとんど見る事はなかったです、他へ車を走らせても。何しろどこを走っても深い雪だらけですから。(笑)

遠く、十勝岳連峰が見えていますが、中でも美瑛富士が美しく写っていました。

N478
独身の木

と、呼ばれているそうです。確かに一本だけ地味に立っていますね。(^^;

夏のシーズンは観光客でいっぱいになる美瑛の丘ですが、今回は道路上に車を止めてもまったく大丈夫でした。もっとも正規の駐車場も含め、どこも深い雪に覆われていますから、路上駐車するほかないくらいです。

思ったよりも今のシーズンに美瑛を訪れる人は少ないという事ですね。

Nikon D7000 + TAMRON SP 70-300mm/F4-5.6 Di USD

2013年4月 3日 (水)

白鳥の歌

N738
北海道・旭川市永山新川にて

2010年9月、この永山新川の近くで宗谷本線を撮影した事があり、その時の写真は当時ここで掲載していました。

N687

しかし当時、この川に白鳥が飛来して来る事なんてまったく知りませんでした。

N708

ここに白鳥が飛来する事を私に教えてくれた方は旭川在住の I さんでして、昨春はミズバショウの群生地に案内して頂いたり、カタクリの群生地をお教え頂いたりと、すっかりお世話になっています。

N706

永山新川は渡り鳥の中継地となっているそうで、カモ類もおそらく数千羽はいるのではないかと思います。

N693

白鳥の数も相当なものです。白鳥の湖ならぬ、白鳥の川、というところでしょうか。(笑)

N618

人を怖がらず、実にひょうひょうとした白鳥でした。

N642

まるで作り物のような水掻きですねぇ。

N784

いきなりカモが飛び立ち、空はこういう感じに。バサバサバサッと、凄い羽の音でした。

しかし北の地に、白鳥は似合いますね。

Nikon D7000 + TAMRON SP 70-300mm/F4-5.6 Di USD

2013年4月 2日 (火)

美瑛・白ひげの滝

P266
白ひげの滝(北海道・美瑛町字白金)

二日間、北海道を訪れておりました。今年最初の旅行になります。

旭川空港に降り立ち、いつも通りレンタカーで二日間走り回りましたが、とにかく何処を走っても真っ白な雪風景。まぁ、今の時期なら当たり前の事ですが、それでも例年以上の積雪のようです(地元談)。

P268

撮影した写真がまったく整理出来ていないので、取り敢えず十勝岳望岳台に向かう途中の「白ひげの滝」を今日は掲載します。以前も掲載した事がありますが、過去夏や秋に撮影していますので、この時期は初めてです。

今やすっかり観光名所となっている途中の「青い池」は駐車場や道路が深い雪に覆われて見に行く事が出来ません。で、「白ひげの滝」を過ぎてどの辺まで行けるのかと十勝岳望岳台方面へと車を走らせてみたら・・・、

P264

この通り、ゲートが閉められて通行止めとなっていました。かなり雪が深くなっていましたので、当然ですね。昨秋、十勝岳の紅葉を撮影に行った時はここから入って行ったわけです。雪が降っているのが写真でお分かりになるでしょうか?

走行中、タイヤが雪を掻き分ける際、ズボズボと音を立てていました。横浜ではこんな雪道になりませんよね。(笑)

Panasonic GX1 + X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S.

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »