« 冬の富良野線 | トップページ | 瞳にインパクト »

2013年4月26日 (金)

ポートレートレンズでスナップ

P8504

先週、ポートレートレンズの記事の際に話題にしたヤシコンのプラナー 85mm でスナップした写真を今日はご覧頂きます。

P8514

コシナツァイスの 85mm も良いのですが、デザインがイマイチ好きになれず、私はやはりヤシコンマウントの方が好みです。

P8517

街角スナップは広角、或は標準レンズの方が撮影しやすいのですが、たまにはこうした中望遠でのスナップも面白いものです。

P8508

「斬られりゃぁ痛えぞぉ〜」と、あっという間の居合い抜き。娯楽映画としての最高傑作「用心棒」の続編とも言うべき「椿三十郎」の映画ポスター。年季が入ってますね。このカットは絞り開放で撮影しています。

P8524

今回使ったボディは RTS III ですが、ファインダーは断然 RTS II の方が良いです。

CONTAX RTS III + Planar T* 85mm/F1.4 MMJ、Fuji FUJICOLOR 100

« 冬の富良野線 | トップページ | 瞳にインパクト »

コメント

私のRTS3はニコンの部品でファインダー倍率を上げてあります、フッフッフッ…^^ゞ
よく見えますよ。
85ミリはS2に付けてスナップで使ってました。面白いけど、やはり限界がありましたね。最近はもっぱら25ミリを使っています。28/2.0も良かった〜手放して後悔するの図。

 おはようございます。

 フィルム、Planar80mmF1.4・・・いいですね。
 開放でもOKですね。

 コシナのは、私の撮り方では芯がなく、ふにぁふにぁ・・・という感じでした。
 やはりContaxのが良いですね。

 フィルムですが、骨董品が加わり、脳トレ真っ最中です。(笑)

RTS III ・・・懐かしいです。自分もRTS III と85mm/F1.4他レンズ一式を使ってました。KONDOHさんのブログを見ているとRTS III と85mm/F1.4を買いたくなっちゃいます。
さて、今日は午後から写真展(グループ展)のために六本木です。KONDOHさん、もし都心に出る用事がありましたらお立ち寄りください。

スカルピアさん、おはようございます。
DK-17Mですよね。一度装着してみて確認したいのですが、お店では出来ませんからね。APS-Cセンサー搭載カメラにも良さそうなんですが。
あれ? 28/2は手放されたのですか。もったいないです。

pyosidaさん、おはようございます。
P85はポートレートに一度も使った事がないです。(笑)
今、程度の良いモノを入手するにはコシナツァイスが手っ取り早いわけですが、デザインは好き嫌いが出そうです。
ハッセル、楽しみにしていますので。

harasawaさん、おはようございます。
RTS III に P85、ヤシコンファンに人気でした。
だからといってまた是非・・・とは申せませんですね、今となっては。(笑)
グループ展、NiCoLeiさんのところで知りました。なんとか時間が取れれば、と思ってます。

 ・・・
 ハッセルブラッドですが、さすがに骨董品とは言えません。(笑)

 ・・・本当に骨董品の二眼レフを手に入れました。(笑)

いくらファインダー倍率の高いRTSIIとはいえ、P85/1.4の開放でピントが出るとは!(笑)  かつえらくシャープですよね。
私のものはAEGですが、たしか背面液晶で拡大表示しても山が掴みにくかったと記憶しています。
買い直しを検討するかなあ・・・MMJのほうがマシですか?

こんにちは。
中望遠というのは使い方が難しいですが、適度の整理されて良いかもしれませんね。広角だと、ついついたくさん入れてごちゃごちゃになりがちですから。

pyosidaさん、こんばんは。
おお、二眼レフをご入手されましたか。二眼レフも面白いですね。
そういえば私も最近オートコードを持ち出していませんでした。

cucchi3143さん、こんばんは。
一般的にはMMJの方がハズレが多いと言われているようです。私は50mmで大ハズレ(新品購入)を掴みました。(笑)
AEGは比較的良いモノが多いと思うのですが、cucchi3143さんの個体はたまたまハズレたのかもしれませんですねぇ・・・。
50mmも85mmも、開放は柔らかく、絞るとシャープと過去雑誌等で言われていましたが、これはハズレ玉の方便です。(^^;
私は実際に大ハズレを引いて体験しました。(笑)

ビワさん、こんばんは。
大都市圏のごちゃごちゃした街並みの一部を切り取るのには、中望遠は案外使いやすいかもしれません。
広角だとどうしても画角に入り過ぎますので。

Y/C Planarのハズレ玉ってどんなのでしょうか。

吉田豊司さん、
ハズレ玉ですが、多分に感覚的なものがありますので一概には言えないのですが、ファインダー上でピン山が掴みづらいものはほぼハズレと見て良いかと思っています。
ヤシコンプラナー(50mmもそうですが)、巷では開放は柔らかく、絞るとシャープになる・・・と言われておりますが、そういう玉は先ずハズレです。本来は開放からとてもシャープです。
私は昔、RXとP50/1.4を新品で購入しましたが、ピン山が掴みづらく、ダメなカメラだなぁ・・・とカメラの所為にしていました。
ところが写友が、「それはレンズがハズレ玉だから」と申し、アタリのP50/1.4を貸してくれたのですが、絶句するほどの違いでした。
ピン山はカミソリの如くピシッと立ちますし、何よりポジフィルムをライトボックスでアタリ玉の描写を見るに及び、再び絶句。
「何が開放は柔らかく・・・だ。滅茶苦茶シャープじゃないか!」と思ったのが私の第一印象でした。
これはP85mmにも言えまして、アタリ玉は開放でもとてもシャープですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬の富良野線 | トップページ | 瞳にインパクト »