« 函館・赤レンガ倉庫 | トップページ | 函館駅鉄道ウォッチング »

2013年5月13日 (月)

F3 はまだ現役!

Ai35002
新宿御苑にて

1980年に発売されたというニコン F3、まだまだ使っていますよ。今回はポジフィルムを詰めての撮影。場所は相変わらずの新宿御苑です。(^^;

Ai35006

今日は緑の色合いを中心とした写真をご覧頂きたいと思います。

Ai35011

こんな写真を撮るのは私くらいでしょうか。松を撮影している人ってあまり見ないですね。

Ai35013

風にそよぐ柳です。

Ai35017

さくらんぼでしょうか? もっとも食用になるのかどうか分かりませんが。

Ai35020

かろうじて藤がまだ残っていました。

ニコン製フィルム一眼レフで現在保有部品が有る製品を調べてみたら、F3はまだ対象になっているのですね。ところがF4は対象になっていません、意外でした。

私のF3は三年前、未使用品らしきものを超安価(4万5千円ほど)で入手出来たわけですが、そんな捨て値みたいな金額で購入出来る事自体、如何に現在のフィルムカメラ市場が冷え込んでいるかが分かります。しかしそのお陰で私は往年の名機、F3を再入手出来たのですから有り難いものです。

再入手と申しますのは、F4がF5に切り替わる少し前、私は二台のF3で写真撮影を楽しんでいました。もっぱらAiレンズで。もちろんその時のF3は二台共すでに無いですが。

で、AFを使いたい時はEOS-1N HSを使っていたのです。その頃からニコン、キヤノン両マウントを使っていましたので実に不経済。(笑)

Nikon F3 + Ai Nikkor 35mm/F2S、Fuji RVP 100

« 函館・赤レンガ倉庫 | トップページ | 函館駅鉄道ウォッチング »

コメント

F3は未使用品を購入した事が…
でも結構な値段でした(;_;)

スカルピアさん、おはようございます。
おお、スカルピアさんも未使用品を購入されたのですか!
で、今もお持ちなのでしょうか?
F3ユーザーってもの凄く多いでしょうね。

私の中古カメラ購入歴でも初期に買った機種です。ファインダーの見え方は好きでした。でも倍率を調べるとDE-3が0.75倍しかないのですね。DE-2で0.8倍。合焦で苦労したことはないので、ファインダーの見え方はよかったのでしょうし、眼もいまほど悪くはなかったのでしょう(笑)
データを調べていませんが、F一桁のなかでも出荷台数はいちばん多いのでしょうか? 綺麗な個体に遭遇するとクラっとします (//∇//)

こんにちは F3の話にはついていけますので・・・
自分のは17×××××番台でかなり使い込んであるのを2万円ほどで3年位前買いました 機械はいたって元気らしく しっかりとポジ画を作ってくれます
まあ最近は目が可なり衰えてきていましてオートフォーカスが恋しくて仕方ありません!F3の丈夫さは人間様の比ではありませんね
このF3が故障する前に大好きなRDPⅢが消滅してしまわないか心配している今日この頃です

こんばんは。
F3は1982年に最初のものを買って以来、4台は新品を買ってますね。F3が一台、Pが二台、チタンが一台です。
その後F4やF5のためにどんどん減って、今ではPがい一台だけ未使用で残っています。ただ、MD-4だけは最初のF3についていたものです(笑)
F3AFや黒のチタンも中古で買いましたが、これらも既にないです。
F3が終了する時に、ノーマルのファインダーが欲しくてそれだけ二つ買いました。
あのF3の頃、キヤノンはニューF1でしたが、メカを踏襲したキヤノンに対して電気を前面に出してきたニコンは結構叩かれましたね。
でもそんなことを云々できる、いい時代だった・・・と、今になって思います。

cucchi3143さん、こんばんは。
恐らく写真をやっている方、或はカメラそのものがお好きな方、そういう方々の多くはF3を購入されているのではないかと思います。
私のF3はノーマルのファインダーなので0.8倍の方です。MF機では0.8倍は小さい方かもしれませんが、デジ一眼が主流の現在では0.8倍も大きい部類になりますね。
出荷台数はもしかしたら一番多いかもしれませんね。F4、F5の時代も現行品でしたから。

ヒロさん、こんばんは。
2万円でF3が買えちゃうのですから新品価格を考えると信じられない時代になりました。
確かにAFに慣れちゃうとMFは徐々にキツくなるかもしれませんが、大事にしたいカメラですね、今となっては。
RDP III、私も先日箱単位で購入しておきました。

にこらいさん、こんばんは。
4台も新品で購入されましたか。私はノーマルファインダーとHPファインダーの2台を購入して使っておりました。
MD-4を装着した時の音に当時痺れていました。その組み合わせで尾瀬沼を歩いて撮影しました。わざわざモードラを付けて重くする必要はなかったのに。(笑)
発売当時、私は写真をやっていなかったのでF一桁初の電気カメラとして叩かれた事は知らないのですが、その後一番長く売られたF一桁としての実績を見れば、ニコンの選択は間違っていなかった事になりますね。その電気カメラが未だに使えますし。

そうなんですよ。
当初の電子シャッターとメカシャッターの決着ですが、結局ニコンの方が耐久性が優れていた・・・という結論がずっと後になって出ました。
それと、日本カメラの編集長だった梶原さんがF3終了の時のカメラ雑誌の特集で言ってますが、あのF3が発売になった月のカメラ雑誌は各社完売だったそうで、こんなことは初めてのことだったとのことです。
それだけF2の後継機には注目が集まったんでしょうね。

こんにちは。
松の写真、好きですよ。茶色い花がアクセントになっています。
F3は生産完了を知ってから駆け込みで買いました。完全にミーハーですが、買って良かったと思いましたよ。

にこらいさん、
F-1も素晴らしいカメラですが、その後の耐久性を鑑みればF3の方が機械的に勝っていた事が実証されたわけですね。
私がF3を使っていて驚嘆する点、第一にフィルムを装填しても巻き上げのトルクが全然変わらないところです。実にスムーズに巻き上げ出来ますよね。これは凄い事だと私は思っています。
しかしF3が発売された時の雑誌が完売ですか。一般の方も大変注目していたという事ですね。凄いなぁ・・・。

ビワさん、こんばんは。
ありがとうございます。あまり注目されない松ですが、今の時期はなかなか惹かれる被写体です。
F3、駆け込みで購入されたとの事、結果オーライだったのではないでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 函館・赤レンガ倉庫 | トップページ | 函館駅鉄道ウォッチング »