« 函館・五稜郭 | トップページ | SL函館大沼号 »

2013年5月 9日 (木)

F6 より愛をこめて

N6002
ユリノキ(百合の木)

新宿御苑のシンボルツリーとされているユリノキの花が咲いたという事で、日曜日ニコン F6を持って撮影に行って来ました。大変な巨木で、沢山の花が開いておりました。しかし枝が高い位置にありますので、せっかくの薄緑色の花を下から見上げるようになってしまいます。

偶々背を伸ばせば届く位置にあった枝を軽く掴んでやや下げ、花弁が写るように片手撮影したのが上の写真です。この一枚だけ撮影して手を放しました。他の写真はすべて花を下から見上げたカットになっています。

モクレン科の高木で、花はチューリップに似ていますね。

N6015
ホオノキ(朴の木)

同じモクレン科のホオノキも今が盛りと花開いていました。新宿御苑は二月以降、花撮影が好きな私にとっては毎週でも行きたくなるところ。実にいろいろな花々が目を楽しませてくれます。すでに春バラも咲いていますし。

で、今回は入手以来すっかりお気に入りとなったニコン F6での撮影ですから、一回一回シャッターを切る事が楽しくて仕方ありません。これほど写真撮影を楽しませてくれるカメラは実に久し振りのような気がします。

EOS-1N HSを新品で購入した時もそうでした。MD-4を装着したニコン F3、そしてF5を初めて手にした時も同じような感動がありましたねぇ。F6を自宅に置いて北海道旅行に出掛けたら、無性にF6で撮影したくなった事はすでに記事にしていますが、これから自分のメインカメラとなりそうです。

N6016
ミッキーマウスの木

以前も掲載したミッキーマウスの木が成熟して来ました。見ようによってはこちらの方がミッキーに似ていますね。

Img_0498

さて、F6には撮影データを記録してくれる機能があります。現在5本のフィルムを撮影していますが、すべて ISO 100 のフィルムを使っている事がお分かりになると思います。

それぞれ絞り値やシャッタースピードなどを見る事が出来るのですが、こういう機能は完全にデジタルカメラからの恩恵ですね。しかし知らない人がF6を見たらデジタルカメラと思うかもしれません。何しろ背面に液晶モニターがありますから。(^^;

Img_0504

ボディキャップに「Nikon F6」と刻まれています。メーカーの心憎い配慮ですね。こういう些細な事にもマニア心を刺激されます。(笑)

シャッター音(フィルムの巻き上げ音含む)はF5の重厚感と違い、とても軽い音なのですが、実に感触が良いです。今ではF5より気に入ってしまいました。それと特筆すべきはシャッターを切った時のブラックアウトの短さ。比べてみた感じはF5より短いのではないかと。

明るく美しいファインダー像もF5以上でした。そしてピン山の掴みやすさ。もちろんオートフォーカスも速く、文句はありません。文字であれこれ私が書き記しても、実際に使って頂かないとF6が持っている高性能さは分かって頂けないとは思いますが、とにかく素晴らしいカメラです。

数年前、小売価格(オープン価格ではないです)が値上げされ、現在の価格は362,250円(税込み)です。F5が341,250円(税込み)でしたから、値上げ前はF5より安かったのですね。しかし中古市場価格は新同品でも7万円前後で入手出来ますので、新品と中古の価格差は相当なものですね。

それだけ現在のフィルム市場が冷え切っているとも言えるわけです。逆に今フィルムカメラを楽しみたかったら絶好の時だと思います。デジタルカメラしか経験のない方々、是非フィルム写真を試してみて下さい。デジタルはいつ消えるか分からない「電気写真」です。対してフィルムは無くさない限り、自分の一生の間は「物」として残りますよ。

長い間写真撮影を楽しみ、現在はデジタルをメインにされている方々も、是非月一本くらいはフィルムを消費しましょう。それがフィルムメーカーさんに対する恩返しだと思いますよ。

Nikon F6 + AF-S Micro NIKKOR 60mm/F2.8G ED、Fuji FUJICOLOR 100(F6のボディ写真を除く)

« 函館・五稜郭 | トップページ | SL函館大沼号 »

コメント

 おはようございます。

 私の場合は、冷え切っている状況なので、様々のフィルムカメラを楽しんでおります。

 F6・・・いつの日か、使うことを楽しみにしておきます。

 F6のキャップ・・・富士山マークだと最高です。

F6の背面のことなどすっかり忘れていました。液晶があったのですね。
手元にあるminoltaのα7にも背面液晶があるのですが、速度や絞り値が表示されます。賢いなあと思うのが、縦位置と撮るときは表示も90°動きます。実際に使うと凄く使いやすいです。
それにしても新品と中古の価格差は大きいですね。最安を調べると24万円強。とても衝動買いはできません (//∇//)

pyosidaさん、こんばんは。
いえいえ、フィルムを消費されている、それだけでも素晴らしい事だと思います。
F6のキャップ、富士山マークですか。Fの頃のマークですね。良いかも・・・。(^^)

cucchi3143さん、こんばんは。
そういえばミノルタ α7にも背面液晶がありましたですね。デジタルが普及し始めた頃の産物です。個人的には良い影響だったと思います。その後、フィルムカメラの新製品が出なくなってしまいましたが。
F6の新品最安が24万円ですか。デジタル一眼には皆さんもっと高額商品を買われているのに・・・。

文面の長さからしてF6への「愛」が感じられます(笑)
F6はホントに心地よいカメラですよね。私も去年レンズの関係でF6を引っ張り出して使いましたが、それからしばらくF6を使うようになってました。今はまたRですけど。
F6は買い取りが4.5万くらいですからホントにかわいそうです。
でも、最後の銀塩フラッグシップにふさわし出来上がりになっている素晴らしいカメラだと思います。

にこらいさん、こんばんは。
あははは・・・、F6にすっかり惚れ込んでしまいました。(^^;
以前、にこらいさんからもおススメ頂いておりましたが、いざ入手してみたら、もっと早く買えば良かったと心底思いました。
新品定価を考えますと買い取り金額は本当に可哀想なくらいですね。それだけフィルム市場での引き合いがないという事なのでしょう。残念です。しかしそのお陰で私も大変安価に入手出来たわけですが。
おっしゃるように、素晴らしいカメラです。

こんにちは。
フィルムカメラの末期には背面に液晶画面の付いたモデルがいくつか出ました。ぱっと見は初期のデジタルカメラと変わらないので、人に見せるとデジタルかと勘違いされたものです。
ユリノキの花、たいてい高いところにあるので、なかなか見られません。こんな感じで咲くのですね。

ビワさん、こんばんは。
ホントに背面に液晶が付いているとデジカメのようにも見えますよね。カメラにあまり詳しくない方が見ればデジカメに見える事と思います。
ユリノキの花、木が高いのでいつも下からしか見る事が出来ません。今回は少し垂れ下がった枝があったのでラッキーでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 函館・五稜郭 | トップページ | SL函館大沼号 »