« F3 はまだ現役! | トップページ | 函館・路面電車 »

2013年5月14日 (火)

函館駅鉄道ウォッチング

Img_0318
北海道・函館駅

北海道の鉄道は札幌駅が起点となっていますが、函館駅もいろいろな車輛を見る事が出来ます。上の写真はキハ283系・特急「スーパー北斗」と在来線のキハ40形のツーショット。

Img_0370
キハ281系・特急「スーパー北斗」

このキハ281系の特急「スーパー北斗」に私は札幌まで乗車しました。

Img_0363

今回で三回目の乗車となる振り子式車輛。本当に揺れますね。京急線も揺れる路線として有名ですが、キハ281系、283系に比べれば京急線は実に安定した走りです。(笑)

Img_0377
789系・特急「スーパー白鳥」

新青森〜函館間を走る「スーパー白鳥」です。函館駅に到着後、「回送」として函館駅を出て行きました。なかなか派手と言いますか、オシャレな色ですよね。

N1279
485系3000番台・特急「白鳥」(JR東日本)

こちらは同じ「白鳥」でもJR東日本所属の車輛です。同じ特急でもJR北海道の方は「スーパー白鳥」、JR東日本はただの「白鳥」です。

でも、こちらの色もなかなか派手ですね。首都圏を走るJR東日本は結構地味目なのに。

N1286
キハ183系・特急「北斗」

こちらは国鉄時代からの特急列車だそうです。何となく時代を感じさせるスタイルですよね。

Img_0379

こちらは函館駅での撮影ではなく、お隣の五稜郭貨物機関区に停車していた貨物のディーゼル機関車。「RED BEAR」というネーミングに惹かれましたし、北海道らしくて良いですね。

札幌駅では偶然カシオペアとも遭遇しましたし、函館駅や札幌駅での鉄道ウォッチングは横浜住まいの私にはとても新鮮に映りました。

Canon EOS M + EF-M 18-55mm/F3.5-5.6 IS STM
Nikon D7000 + AF-S DX NIKKOR 18-55mm/F3.5-5.6G VR

« F3 はまだ現役! | トップページ | 函館・路面電車 »

コメント

私も何度かスーパー北斗乗っていますが、
カーブで車体を内側に倒しこむのが面白くて車窓に集中、
気になったことはないのですが…

KONDOHさんこの編成に乗られるたび
揺れるとお書きになっていますね。
カーブで通常と逆に傾くことに慣れず
酔うという人がたまにいるそうですがKONDOHさんもかな?
あるいは乗り心地が悪く
左右に揺すられるとお感じでしたか。

P+さん、こんばんは。
いえいえ、私は全く酔う事はないですよ。そもそも揺れる事を承知で乗っておりますので。(^^)
また、振り子式を楽しんでいるところもあります。こちらでは経験出来ない事なので・・・。
またいつか乗る事もあろうかと思います。ただ、鈍行でのんびりというのも良いですよね。問題は時間があればですが。

そうなんですか。

私は逆に都内でギブアップ寸前になる路線があり、
いつまでも慣れず、できれば他路線を回り道したりしています。

寒暖の差が大きい等の事情で地盤の水平を保つのがシビア、
しかもきついカーブの連続を高速で飛ばす需要のある路線と、
寒暖の差は小さくほぼ直線、
路面維持も相対的に容易で短距離低速な路線とは
なかなか比べ難いかなと個人的には思っています。

ただ新幹線が全通したら過去の話になるかもしれませんね。
東北本線の昼行特急で北のほうへ行くと、
揺れどころか横っ飛びするくらいだったことも昔話になりました。
飛行機のみならず昼行夜行で陸路走るのもいいものですよ。

こんにちは。
「スーパー白鳥」もそうですが、JR北海道の特急列車は独特なデザインのものが多いですね。すごく格好いいですよ。

P+さん、
振り子式、北海道独特の地形も関係しているわけですね。
ところでP+さんは都内で苦手な路線がおありでしたか。私、子供の頃は乗り物が苦手でよく酔ったりしたものです。小学生時代、父と都内へ出掛けた帰り、電車の中で吐いてしまった事があり、その事を未だに記憶しております。(^^;
そうそう、函館本線沿線には新幹線の看板がやけに目立っておりました。

ビワさん、こんばんは。
本当ですよねぇ、JR北海道の特急列車はデザインが素敵です。首都圏のJR東日本も少しデザインに凝って頂きたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« F3 はまだ現役! | トップページ | 函館・路面電車 »