« ハッセルで春バラを | トップページ | バラ香る都電荒川線 »

2013年5月19日 (日)

札幌市電、新型車輛投入

Img_0451
車庫を出るA1200形(5月4日、午前9時32分)

札幌市電に新型低床車輛(A1200形)が投入され、5月5日から営業運行が開始されたようです。

偶然私は試乗会に出くわしまして、撮影したのが今日の写真です。

3日の夜、函館から札幌に移動。翌朝、小雨降る中をお散歩がてらぶらぶら歩き、旧北海道庁舎などを見た後、「すすきの停留場」から市電に乗り、「電車事業所前停留場」で下車。

そうしたら車庫入り口で「試乗会」のプラカードを持った女性が立っています。奥を見ると札幌市電では見た事のない最新型の車輛が停まっていて、職員らしき人がビデオ撮影や写真撮影をしています。

ダメ元でプラカードを持った女性に、「飛び入りでも試乗会に参加出来るのでしょうか?」とお訊きしてみたら、「申し訳ありません。本日の試乗会は事前に予約された方のみの受付なんです」との事。やはり飛び入りは不可。当然ですよね。(笑)

Img_0457

で、間もなく車庫を出た新型車輛はすすきの方面へと発車進行して行きました。

ちなみに外で写真撮影をしていたのは私だけ。札幌には鉄道ファンがあまりいらっしゃらないのでしょうかねぇ?

ところで同じ路面電車の都電荒川線をビデオカメラで撮影した動画を、YouTubeに以前アップしています。よろしければご覧になってみて下さい。

都電荒川線

ついでにJR函館駅の「SL函館大沼号」も。こちらはホーム上での撮影なので制約があってご参考程度です。

SL函館大沼号

Canon EOS M + EF M 18-55mm/F3.5-5.6 IS STM

« ハッセルで春バラを | トップページ | バラ香る都電荒川線 »

コメント

 おはようございます。

 新型車両は、岡山のもそうでしたが、ヨーロッパをイメージしてしまいます。

 ・・・動画見ました。荒川線は、妻が「懐かしい、お世話になった」と喜んでおりました。と共に、「ここ、ポイントや。直線が撮れるところ。」と言っておりました。

 蒸気機関車、特に汽笛が良いですね。何だか、ぐっと感傷的になりそうです。(笑)

 素朴な疑問なのですが、音声はどうされているのですか?

pyosidaさん、おはようございます。
そういえばヨーロッパの路面電車をテレビなどで見ると、札幌市電が導入したような車輛ですね。
奥様が「直線が撮れるところ」とおっしゃっておりましたですか。私はどこへ行くにしても撮影ポイントをwebなどで調べずにいつも出掛けてしまうので、ビデオ撮影も自分で乗車しながらロケハンしての結果でした。
蒸気機関車の汽笛は本当に郷愁感を誘われますね。不思議です。
さてビデオの音声の件、収録方法の事でしょうか?
収録方法でしたら今回の2本はいずれもホームビデオでの撮影なのでカメラの内蔵マイクをそのまま使っています。小さいカメラを使う時は機材を増やしたくないものですから。
大きな半業務用HDVカメラの時は外付けマイクを装着しています。絵に負けない音を録る為ですが。

こんにちは。
新型車両はオシャレで格好いいですね。乗り降りもしやすそうです。
SLの動画、黒い煙と白い蒸気が迫力ありますね。
同じ北海道で、最新の路面電車とSL、対照的で面白いです。

ビワさん、
偶然試乗会で車庫から出て来るところを撮影出来ました。
路面電車に乗る時いつも思うのは、お年寄りはステップが高いので大変だろうなぁ・・・という事でした。
しかし今回のような新型車輛はその辺を考慮しているのか、他県も含め低床になっていますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハッセルで春バラを | トップページ | バラ香る都電荒川線 »