« 1000円札の裏 | トップページ | 京浜急行「京急蒲田駅」 補完その三 »

2013年6月27日 (木)

気になるデジカメ

G6
Panasonic DMC-G6

パナソニック G5の後継機、G6が発表された時、「あれ? ライカ R8、R9に似ている」と思ったものです。似てますよね?

以来、実機に触れる時を楽しみにしていまして、発売後に店頭で弄ってみました。第一印象、軽い!

外装はエンプラですからデザインとは裏腹に高級感には欠けます。これがもし金属外装だったら危ないですねぇ・・・。危ないとは購買意欲が湧いていたかもという事なんですが。(笑)

リニューアルされたレンズキットの14-140mmも前世代より軽くなっていますから、まさに軽さが売りのミラーレスカメラという感じです。外部マイク端子も付いて(G5は無し)動画撮影が強化されており、GH2の後継機はこちらのような気が個人的にします。

思えばミラーレスカメラはこのシリーズの初代、G1から始ったのでしたね。今やすっかり「ミラーレス一眼」などという名称(私的には疑問を感じてますが)も定着し、デジ一眼の売り上げを脅かすまでになったのですから大したものです。

Kissx7
Canon EOS Kiss X7

もう一台気になるのがこのKiss X7(X7iではない方)です。発表された時点では特に気にもしていなかったのですが、偶々店頭で見掛けた時、「何! この小ささ!」と少々驚かされました。持ってみると本当に小さいし軽いです。シャッター音も結構切れの良い音を出しており、俄然注目してしまいました。

昔から小さく作るのはSONYさんのお家芸でしたが、今回のKiss X7には参りました。レンズマウントがやたら大きく感じるくらいボディが小さいのです。Kiss X7のレンズキットなら女性の方々も「大きく重い」というイメージを持たれている一眼レフへの印象が変わるのではないかと思います。

もし、キヤノン EFレンズに25mmか30mmくらいの単焦点パンケーキレンズが有ったら多分私は購入していると思います。現在持っている40mm/F2.8のパンケーキレンズでは64mm相当の画角になってしまいますからね。お散歩用にはやはりもう少し広い画角が欲しいです。

Kiss X7のようなカメラにはズームレンズよりコンパクトな単焦点が一番似合います。久し振りにやや衝撃を受けたデジ一眼レフでした。

でも、G6もKiss X7も購入する事はないでしょう・・・。

多分。(^^;

« 1000円札の裏 | トップページ | 京浜急行「京急蒲田駅」 補完その三 »

コメント

意欲的な商品が次々出ますが,痒い所に手が届かない感じがします。APS-Cフォーマットでは、良質の単焦点広角レンズが無いのが欠点だと思います。クルマと一緒で市場調査の結果を重視するからでしょうね。

 おはようございます。

 幸い両方とも、また見てもいません。(笑)

 ・・・FUJIからX-M1が発表され、X-E1と共にGXR A12 外付けファインダー、NEX-6・・・EOS-M等選択に迷います。

 X-M1・・・単焦点のパンケーキですね。

スカルピアさん、おはようございます。
そうなんです。APS-Cは単焦点が少ないですね。
ただ将来的に考えると一眼レフはフルサイズに統一されて行くように思います。APS-Cはミラーレスで残るフォーマットではないかと。
いずれにしても単焦点は大量に売れるものではないので、メーカーとしても出し辛いのでしょう。私の周りでもズームレンズが圧倒的ですし。

pyosidaさん、おはようございます。
X-M1は小さくなりましたね。背面液晶でフレーミングする事に旧来のユーザーがどう反応するかですね。カメラにあまり知識の無いユーザーですとブランド名の訴求に少し欠けるような気もしますし。(^^;
ミラーレス部門、各社とも元気ですね。

しばらくデジカメは買わないようにと、
自分に言い聞かせてます。

swingphotoさん、こんばんは。
それが懸命だと思います。
デジカメはいつでも購入出来ます。

こんにちは。
G6を金属外装にしてライカブランドで発売とか、、、無いですね。(笑)
X7は実機を持ってみたいと価値が分からないカメラですね。これが本当のEOS Kissなんだと思います。
もしどちらか一方を選べと言われたら、G6でしょうか。初代G1を使っていたこともありますし。

ビワさん、こんばんは。
G6、なかなか良かったです。金属外装だったら更に。
X7はとにかく小さい事にびっくりしました。よくぞあそこまで、という感じです。Kissに二系統も要らないですね、X7だけで良いような。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 1000円札の裏 | トップページ | 京浜急行「京急蒲田駅」 補完その三 »