« 美瑛の青空 | トップページ | 黄金の麦 »

2013年7月26日 (金)

就実の丘

N240134

今日は就実の丘から撮影した写真。

今までジャガイモの花を撮影した経験がなく、それを今回初めて撮影する事が出来、個人的には大いなる収穫です。

いつものように羽田空港早朝出発ではなく、旭川空港に昼過ぎに到着する便でした。そのままレンタカーを駆って最初に訪れたのがこの就実の丘。

N240135

富良野岳(左)と前富良野岳(右)です。

ここは大雪山系と十勝岳連峰を正面に見る事が出来る最近人気のスポット。気温の高い昼下がりで、やや霞んでいるのが残念。

N240138

そしてこちらが美瑛富士と美瑛岳。右端で小さく尖って見える山が十勝岳です。多分、朝夕の方がもっと綺麗に見えるのではないかと思います。

この丘でじっと風景を眺めている地元の方に「こんにちは、暑いですね。」とお声を掛けたら、ご親切にいろいろとお話しをしてくれました。地元の方のお話しはとても有意義で、参考になります。

Nikon D2X + AF-S VR Zoom-Nikkor ED 24-120mm/F3.5-5.6G

« 美瑛の青空 | トップページ | 黄金の麦 »

コメント

最初に写真を見てフィルム撮影なのかと・・・D2Xだったのですか。
1枚目は最初クローバーかなと思いました。ジャガイモの花もこれだけ広大な面積で開花していると見応えがあるでしょうね。

cucchi3143さん、おはようございます。
普通ならD800を持参するところですが、彩度の高い最近のデジタルと違い、ややフィルムライクな写りをするデジタルで美瑛を撮ってみようと持参しました。
この組み合わせは一昨年二月、オホーツクの流氷を撮りに行った時にも使っています。
D3以降は彩度がやや高くなり、D2Xとは雰囲気が変わりました。D3にはD2Xモードなる機能を搭載しているくらいですから、明らかに絵作りが違うのでしょう。
ジャガイモの花、もう少し高い位置から撮影出来ていれば広大さがより出ていたのではないかと思います。

私もD2xモードで処理するケースが多いようです。色彩感覚も時代とともに移り変わりがあるのでしようか。カメラやソフトに任せるると最近のように彩度の高い画像となりますのでそのような画像も多く見られこれが現在の流れなのでしょうか。
しかしそれにしても広大な農園が広がっていますね。空から眺めたこともありますが北海道の大地で日本の農産物の大半は自給できるのではないかと思ったこともありました。
楽しい旅行記楽しみにしています。

Tokiwaiさん、こんばんは。
D3のD2Xモード、お使いになりますか。
昨今のデジタルカメラは記憶色に振っているようで、どのメーカーも彩度が高くなっていますね。
その点、D2Xやキヤノンの初代1Dsなどは現在のデジタルカメラに比較するとフィルムライクな絵作りに感じます。
北海道の農地は本当に広大ですね。飛行機から見下ろすとスケールの大きさを感じます。

こんにちは。
ジャガイモの花は東京でも見ることはできますが、さすがにこれだけの広さの畑は北海道ならではでしょう。ただ広いだけでなく、変化に富んでいるのがよいですね。そこが北海道の良いところでしょう。

ビワさん、おはようございます。
私はジャガイモの花を今まで写真でしか見た事が無く、今回初めて見る事が出来ました。
起伏のある広大な丘、見応えがありました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 美瑛の青空 | トップページ | 黄金の麦 »