« ビアガーデン | トップページ | 銀座、夏スナップ »

2013年7月13日 (土)

SIGMA 35mm/F1.4 DG HSM

N350513
絞り F5.6

表題のレンズ、発売以来あちこちで大評判ですね。シグマさんの傑作レンズかもしれません。シグマさんに限らず、今のレンズメーカーさん、一昔前の安かろう悪かろうというイメージを完全に払拭していますよね。

思えば私が大口径レンズに目覚めた切っ掛けは、ヤシコンの35mm/F1.4 AEGというレンズを入手してからでした。そこそこ寄れるレンズでしたから絞りを開けると背景がかなりボケます。準広角レンズでも大口径は絞りの使い方ひとつで表現の幅が広がる事を知ったわけです。

元々35mmという焦点距離のレンズはもっとも使う機会が多く、ニコン F3を愛用していた時はAisの35mm/F2を、F5に変わってからはAi AFの35mm/F2がメインレンズでした。その後、今度は50mmが好きになって今に至ります。

さて、シグマさんの「Art」ラインに含まれる本レンズ、気になっている方も多いと思います。以下の写真はすべて絞り開放で撮影しています。

N350526

N350528

N350573

N350572

如何ですか?
さすがに大口径、絞り開放では周辺光量落ちがやや大きいですね。しかし等倍で見ても開放にも関わらず大変シャープです。絞り開放からシャープなレンズとは本レンズのために有るような言葉です。この周辺光量落ちも使い方によっては面白い表現が出来そうです。

デジタル時代が生んだ傑作レンズと称して良いと思います。鏡胴のツルッとした作りは好き嫌いが別れるかもしれませんが、とてもしっかりした作りで私は気に入っています。この系統で50mm/F1.4も作り直してくれると良いんだけどなぁ。

写真はすべて手持ちで撮影しています。

Nikon D800 + SIGMA 35mm/F1.4 DG HSM

« ビアガーデン | トップページ | 銀座、夏スナップ »

コメント

必ず入手しようと思っているレンズです。ただし安価ではないのでAPS-C用の30/1.4の新モデルが先になるかもしれません。
開放での周辺光量落ちは目立ちますね。ただし実際には高感度で絞って撮る場合が多いでしょうから、それほど気にしなくともよさそうに思います。
SIGMAは少し前のビロード用の外装がペケでしたね。スレやすい外装でした。50/1.4も滑面仕様になったものを拘って使っています。

cucchi3143さん、おはようございます。
30/1.4は旧型とは光学系が変わって、更に良くなったようですね。
35/1.4の開放はご覧の通りです。しかし今日のような写真を撮るのに普通は開放では撮らないと思います。これはブログ用として撮影したもので、絞っての撮影もしております。先鋭な描写です。
おっしゃるように以前の外装は私も嫌いでした。

おっ、このレンズ買ったんですね(^o^)
私も使っていますよ。
でもフルサイズで使っていないのでこんなに周辺減光が大きいとは知りませんでした。
贅沢に真ん中の美味しいところ使いです(^^;)

こういう大口径のレンズはハイライト部に妙な色付きがあることが多いかと思いますが、このレンズはスッキリしてますよね。
味云々は置いといて良い描写だと思っています。

50mm/f1.4も使っていますが、描写はずいぶんと違いますよ。
50を作り直してくれる際には光学系も手を入れて欲しいな。

ボン村上さん、こんばんは。
APS-Cですと周辺が切られるので周辺減光は目立たないでしょうね。まさに美味しいところだけ、という事ですね。(^^)
しかしこのレンズ、フルサイズでも素晴らしいですね。普通今日のような写真を撮るのに開放では撮りませんし。おっしゃるようにハイライトも気持ち良いです。
50/1.4も使っていますが、こちらは35/1.4とは正反対のレンズですね。

こんにちは。
シグマのレンズはフォビオンをターゲットにするでしょうから、画質の高さも当然でしょう。純正に対抗して単焦点レンズを出すということは、相当な自信があるということですね。

こんばんは。
このレンズ、評判良いですね。
純正もうかうかしてられないというところでしょうか。

ビワさん、こんばんは。
フォビオンの解像度はかなりのものですから、それに対応するレンズを設計した、という感じですね。
なかなかの単焦点です。

Eurekaさん、こんばんは。
純正も良いレンズのようですが、シグマの倍近い価格がネックです。(^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ビアガーデン | トップページ | 銀座、夏スナップ »