« 落日の知床斜里駅 | トップページ | 知床峠 »

2013年9月25日 (水)

オシンコシンの滝(知床)

C240103
オシンコシンの滝(9月22日)

以前も掲載した事のある、オシンコシンの滝です。アイヌ語のオシュンク・ウシ(そこにエゾマツが群生する所という意味)が語源。

C240104

今回行ってみて少しガッカリしたのは水量がとても少なかった事。秋という事で雪解け水がないからでしょうか。しかし6年前の夏、旅行社のツアーで初めて来た時には水量がもっとありました。当時の撮影写真を見るとハッキリ分かります。

C240116

滝の撮影といえばスローシャッターを使うのが定番ですが、上の写真は敢えて高速で写してみました。撮影していたら中国からの観光団が大挙して来たので、慌ててその場を立ち去りました。(^^;

C240123

知床の海です。綺麗な海を見るのはとても気持ちが良いです。

C240127

真ん中の下に見える白い部分がオシンコシンの滝です。一昨年二月に訪れた時の凍った滝もなかなか見応えがありましたが、やはり滝は水が流れていてこそ滝ですからね。

Canon EOS-1Ds Mark III + EF 24-105mm/F4L IS USM

« 落日の知床斜里駅 | トップページ | 知床峠 »

コメント

北海道は海の色が格別な感じですね。いい色です。
騒がしい国の観光団に会えば私も逃げるが勝ちをモットーとしています。
本日はじめて体調もよくなり亀岡曽我部の彼岸花撮影に行ったのですが、シニアの男も女も似たようなものに何人かあいました。連休は凄かったようです。BLOGで強烈に嘆かれていました。迷惑をかけてはいけませんね。
全ての人ではないと思いますが自戒しています。
しかしそれにしても800キロ運転凄いですね。

Tokiwaiさん、こんばんは。
オホーツクの海、綺麗でした。
三脚を使って撮影していたので、中国の方々が来たところで場所を空けたわけです。でも、大きな声で話される姿が苦手なので・・・。
体調の方、お気を付け下さいませ。
今回はかなり広範囲に動きましたので、走行距離が延びました。

こんにちは。
今回の写真で見る限りでは十分迫力があるように感じますが、これでも少ない方なんですね。
デジタルで水流を写し止めると、粒がはっきりして独特の雰囲気が出るような気がします。

ビワさん、こんばんは。
実は一枚目の左側も以前はかなりの水量が流れていたのですが、今回そちらはほんの少し流れているだけでした。ですので今回の撮影は左側をカットしているのです。
滝の撮影、どうしてもスローシャッターで撮りがちですが、高速で撮るとまた違った印象になりますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 落日の知床斜里駅 | トップページ | 知床峠 »