« 築地川銀座公園に・・・ | トップページ | 京急蒲田 »

2013年10月19日 (土)

BLUE

P645_23

Nikon D800の3600万画素は中判写真の解像度をも超えてしまった、と言われています。その中判写真がどのフォーマットを言うのか分かりませんが、両方を使っている自分も確かにそういう感じは否めません。

しかし写真は解像度だけを云々しているわけではないのは当然の事。そもそもフィルムという物体があるメディアと、電気で形成されているメディアをどちらも写真とはいえ、同じ土壌で比較するのもどうなのかな、と私は思っています。

今日の写真を撮影したフィルムはポジフィルムです。このポジフィルムをライトボックスに置いた瞬間、「おお!」と感嘆の声を上げたくなるフィルムの発色です。こういう楽しみ方はデジタルにないもの。

P645_25

フィルムを楽しみつつデジタルもまた楽しむ。こんな贅沢な楽しみ方をして良いのかな、と思う事があります。何しろフィルム代、現像代と、デジタルには掛からないコストがフィルムを使っている限り生じるわけですから。

フルサイズデジタルのα7を入手しても、フィルム撮影はやはり続けて行きます。でも、フィルムの選択肢は大分狭まって来ましたねぇ・・・。

PENTAX 645N II + SMC PENTAX FA645 80-160mm/F4.5、Kodak E100VS

« 築地川銀座公園に・・・ | トップページ | 京急蒲田 »

コメント

こんばんは。
1枚目は海岸通り(象の鼻のたもとと言うべきか?)のBLUE BLUE YOKOHAMAですね。先日、ここを訪れこの壁とアンカーを何カットか撮影しています。
フィルムの選択肢ですが、価格改定は仕方がないとしても製品をできるだけ残してほしいです。私は薬品のこともあるのでT-MAXに一本化していますが、FUJIのPRESTO120が残っていたらどんなに良かったことか。KODAKも今後どうなるのか判りませんし、最後はILFORD頼みですかね? ※モノクロ限定の話です。

cucchi3143さん、おはようございます。
場所はおっしゃる通りです。何度も撮影していますが、カメラが変わるとまた撮りたくなります。(笑)
フィルムの件、メーカーとしても出来るだけコストを削りたいでしょうから、銘柄を狭めるのは仕方ないのかな・・・と思います。とは申せ、やはりcucchi3143さんがおっしゃるように価格改定をしてもいろいろな選択肢が出来るようにして頂けると有り難いですね。
KODAKは特に先行き不安です。モノクロは限られますね。

ライトボックスでポジを見る時間はとても贅沢な気がしますね。
モニターで見るデジタルの色とはやっぱり違いますしね。
私はフジのカラーイルミネータープロB4を使っていますが、たまにこれを二つ並べて4ⅹ5のポジを12枚乗せて楽しんでます。

にこらいさん、こんにちは。
B4サイズを2台ですか。これはまた本格的ですね。
もっとも4x5を複数枚見るとなると大きなサイズが必要になります。ライトボックスで見るポジ、本当に素晴らしいですよね。写真撮影の醍醐味と言えます。

こんにちは
中判ですと今は珍しくなりました67投映器も良いですね。KONDOHさんは、素晴らしい本格的スクリーンも設置されておられる様ですから機会ありましたらお楽しみ下さい。
写真やらない友人も大喜びです。昔.7万位でした。中古であるかも。HASSEL映像などワクワクします。

KONDOHさま!

フィルム。写真に厚みが出るような気がしています。特にデジとフィルムを両方使うようになってからです。
デジタルの性質上、レンズの設計は「受光部分に、より均等に、より収差なく光を届ける」事が第一義で、Sアンギュロンのように「周辺がズドンと落ちる」ことで被写体を強調し、レンズの味を楽しんできたものにとっては「なんかみんな優等生レンズで、ペタッとしてるなあ」と感じていました。自社のレンズ収差のデータはカメラが覚えてるので自動補正します、というのも最新のデジタルには普通のことのようですし・・・。
デジタルで撮った写真は「撮像素子の大きさ」「色調」「解像度」でしか差が出ないように思えます。ビギナーと本当のプロはそれでいいと思います。でも僕ら「中間層(笑)」にとっては、一癖二癖ある方が楽しい気がしてます。
色合い、軟調・硬調、赤や青の出方、レンズとの相性でフィルムを選べる時代では無くなりました。が、フィルムをスキャナに読ませて「コダクローム風」「エクタクローム風」「ベルビア風」とエフェクトをかけるのも・・・やるせない気がします。
中間層は面倒でわがまま!でいいと思います。

愛読者さん、こんばんは。
実は35mm専用機は持っているのですが、中判用は持っていないのです。
大分前に友人が持っているものでブローニーを投映して見た事がありますが、35mmより更に良さを感じました。今はもう過去のモノになりつつあるのかもしれませんですね。

ろだごん(時々JIQ) さん、こんばんは。
そうなんですよね、フィルムはデジタルに比して厚み、立体感が勝っているように思います。微妙なトーンが立体感に秀でているのかもしれません。デジタルは滑らかなようでいて実際は階段状に分かれているわけですから。
デジタル用に設計されたレンズは確かに優秀と思いますが、何となくコンピュータで理詰めしたようにも感じます。なので、一昔前のレンズの曖昧さに皆さん惹かれてアダプター経由で使っているのかもしれません。
確かにフィルムをパソコンに取り込んだ時点でデジタルになってしまいますが、それでも元がフィルムですと違いが出るように感じています。
フィルムはいろいろな意味で楽しめます。

こんにちは。
写真撮るだけならスマホでも十分。それ以上に何を求めるかですね。僕は撮影そのものが楽しいのでフィルムカメラが好きです。フィルムの欠点は保管が面倒なこと。プリントしたものを残していると、クローゼットが埋まってしまいます。

ビワさん、こんばんは。
そうなんです、私もフィルムカメラを使っている時が楽しいです。
ただ、確かに現像したフィルム、プリントと、整理が大変です。

おはようこざいます
フィルム粒子は、不揃いですね。仮に、スキャンしてデジタル化しても、フィルム粒子より小さなピクセルにてスキャンすれば、フィルム粒子の性質は、残りますね。最新の高解像度スキャナでは、デジタル化してもフィルムの特性は残されることになると考えられます。無論、ゼロではありません。135より120の方が更にフィルムらしさが残ることになります。DEPでのデジタル化CDは、ダメです。
やはり、フィルムの良さも楽しみたいです。
撮影して即、結果が分からない不便さと楽しみの理解ですね。お互いに、フィルムも楽しみましよう。

追記
135でも5000DPI以上にてスキャン出来れば理想的。
そうそう先ほどミス。DPEでは論外。

愛読者さん、おはようございます。
なるほど、フィルム粒子より小さなピクセルでスキャンすればフィルム粒子の性質が残るわけですね。デジタルはピクセルが揃っていますがフィルム粒子は不揃いです。これがスキャンしてデジタル化しても元々のデジタル写真との違いになっているわけですね。
実は一時期DPE店で35ミリはCD化してもらっていたのですが、どうもフィルムらしさが希薄なので、また自分でスキャンするようにしました。
5000dpiですか。安直なものは別にして、専用のフィルムスキャナーが発売されていない現在、フラットベッドスキャナーに頼らざるを得ないのですが、お気に入りのフィルムを改めてスキャンしてみようと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 築地川銀座公園に・・・ | トップページ | 京急蒲田 »