« 秋のニューモデル | トップページ | Ai Nikkor 35mm/F2S で御茶ノ水 »

2013年10月 8日 (火)

本家OMで・・・

Om50_12
夕陽のスポットライト

現在、OMといえばデジカメのOM-D E-M5やE-M1を連想するのでしょうね。というよりそれが当たり前の時代になったという事で。

で、今日は本家と申しましょうかオリジナルと申しましょうか、米谷さん設計による傑作カメラ、OM-1Nで撮影したフィルム写真を掲載します。

Om50_17

撮影に使用したOM-1Nは昨年八月、手元に来たものです。もう大分経ちますが、オリンパスさんからOMシリーズのボディ、レンズの生産をすべて完了するとのアナウンスがあった時、慌てて量販店にOM-4Tiのボディと90mmマクロを発注した事を思い出します。

しかし数年後にそれらを売却してしまったわけですが、今手元にアクセサリーとして0M-4Ti用に発売されたファインダースクリーン(これが実に素晴らしいスクリーン!)と、未開封!のレンズキャップが2枚残っています。

Om50_20

OM-1Nはご存知のように機械式シャッターですから、独特のシャッター音が実に小気味好いです。以前も申しましたが、ボディは小さいけどファインダーは大きい!

その後のAFカメラ(銀塩、デジ問わず)が忘れてしまった一眼レフファインダーの素晴らしさを知る事が出来る傑作カメラです。

OLYMPUS OM-1N + ZUIKO AUTO-S 50mm/F1.8、Kodak SUPER GOLD 400

« 秋のニューモデル | トップページ | Ai Nikkor 35mm/F2S で御茶ノ水 »

コメント

OM-3Ti用の綺麗なデータバックだけ手元に残ってます〜(;_;)

スカルピアさん、おはようございます。
それでは是非またOM-3Tiの最入手をお考え下さいませ。
でも、人気のあった機種でしたから、今でも中古市場ではそこそこ高いですね。

おはようございます。
OMの後期スクリーンであるファイン・ルミマイクロマット(2-xx)は、この数年ずっと探し続けていますがまったく見ませんね。
どうもOM-20に固定式ですがファイン・ルミマイクロマットが搭載されているようですので、バラして取り出すかなあ・・・ところがいまやOM-20を探すのも大変かもしれませんヾ(´▽`;)ゝ

cucchi3143さん、こんにちは。
私が持っているのは(2-4)です。確かOM3-Tiが出た時に登場したスクリーンではなかったかと思います。
とにかく明るいのにピン山が抜群に掴みやすい、本当に優れたスクリーンです。
今は入手困難ですか。嘗てOMユーザーだった方達の家に結構眠っていると思います。

OM-4Ti vs OM-3Tiは、3Tiのほうが遥かにピント合わせが楽でした。4Tiは今ひとつでした。でも、一番使い易いのはOM-1じゃないですかね。機械式だし。
手放して後悔(*_*)☆\(-_-;)

スカルピアさん、こんばんは。
OM-4Tiに入っているスクリーンもそこそこ良いのですが、私は後から発売されたスクリーン(上でcucchi3143さんがコメントされています)に入れ替えて使っていました。
明るいのにピン山が非常に掴みやすい、素晴らしいスクリーンです。もしかしたら、OMシリーズ最後の製品、OM-3Tiはデフォルトでそのスクリーンが入っていたのかもしれません。記憶が曖昧です。

こんにちは。
僕もOM撤退時に90mmマクロを慌てて買いました。90mmマクロは他のOMレンズと違って絞り環の位置がマウント側で、シャッターダイヤル(シャッター環?)と近いので、マニュアル露出では使いにくいなあと思っています。

ビワさん、こんばんは。
私はせっかく新品を購入したのに、手放してしまいました。
発注してから三ヶ月も待っての納品だったのに・・・(^^;
そういえば90mmマクロの絞り環はそうでした。レンズが繰り出すからでしょうか。

こんばんは。

今回、E-M1を予約したのは、ボディとグリップがしっかりしていて90mmマクロが使えそうだなと思ったのことも動機のひとつでした。

yymoonさん、こんばんは。
90mmマクロ、お持ちでしたか。1/2倍までしか寄れませんが、普通の中望遠レンズとしても使えますので良いレンズです。
E-M1ですと180mmの画角になりますので、望遠マクロとなりますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋のニューモデル | トップページ | Ai Nikkor 35mm/F2S で御茶ノ水 »