« カメラ書籍雑感 | トップページ | KARAJAN 1970s »

2013年10月 5日 (土)

太陽の丘えんがる公園

N60_33
コスモス園にて(9月22日)

北海道紋別郡遠軽町に在る「太陽の丘えんがる公園」のコスモス園を訪れました。ここへは知床峠から車を長時間延々と走らせて来ました。途中、北見市に向かっていると、至る所でタマネギの収穫を見ました。ハッカで有名な北見市はタマネギの生産量、全国一なのです。

N60_45

遠軽町に到着したのは午後4時過ぎ。日も傾いており、花の撮影には少々難しい時間帯。北海道は日が暮れるのが早いですから。おまけに公園の閉園時間が午後5時。広いコスモス園をゆっくり廻って楽しむ時間が取れませんでした。

それでも撮影はフィルム一本を消費し、デジタルでも少々。しかしコスモスのような花は明るい日中の方が良いかもしれませんね。

N60_28

このカットは照明が写っているわけではありません。落ちた太陽を真正面に捉えての撮影。キバナコスモスは満開で見応えがありましたが。その他はややピークを過ぎた感じです。

北海道、広いですねぇ。九州の二倍の面積があるわけですから当たり前ですが。

Nikon F6 + AF-S MICRO-NIKKOR 60mm/F2.8G ED、Kodak ULTRA MAX 400

« カメラ書籍雑感 | トップページ | KARAJAN 1970s »

コメント

こんばんは。
最後の写真は印象的ですね。
こういうシーンでも憶することなく撮れるのはナノクリ採用のレンズだからこそでしょうか。
私は自宅付近でコスモスが咲いている場所を見つけられず、毎年撮影をスルーしていますヾ(´▽`;)ゝ

cucchi3143さん、こんばんは。
逆光には強いレンズのようです。
かなり強い日暮れ時の太陽光でしたから。
もっともすべてのナノクリがこういうわけではないのですが。
やはりコスモスのような花は満開に群生しているところを見たいものです。ひまわりもそうですが。
しかし、なかなかそういう瞬間はお目に掛かれません。

こんばんは。
一枚目のコスモス畑は、北海道ならではの雄大な風景ですね。やっぱり北海道は広いなぁ~。
最後のお写真の透けた花びら、日が傾きはじめた時刻の少し寂しげな雰囲気を感じます。きれいですね♪

こんにちは。
キバナコスモス、見事ですね。大好きな花なので、こういう場所に一度行ってみたいです。
日が陰っているせいか、どの写真も独特の味わいが出ているように思います。

koukoさん、こんばんは。
北海道のお花畑はスケールが大きいです。あまりに広いため、ほんの少ししか見る事が出来ませんでした。
何しろ閉園時間が迫っていた事と、日が暮れ始めていましたので。

ビワさん、
キバナコスモスは見応えがありました。丁度良い時期だったようで、ラッキーでした。
夕暮れ時の雰囲気が出ていれば結果オーライですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カメラ書籍雑感 | トップページ | KARAJAN 1970s »