« α7R + Summilux-R 80mmで京都 | トップページ | 京都・詩仙堂の紅葉 »

2013年11月30日 (土)

京都・圓光寺の紅葉

Dsc_0106
京都一乗寺小谷町、圓光寺にて

今回の京都行き、最初(24日)に訪れた場所は宮本武蔵が吉岡一門と果たし合いを行った場所、一乗寺下がり松に程近い「瑞巌山 圓光寺」です。

使ったカメラはSONY α7Rではなく、スペアとして持参したニコン製デジタル一眼レフのD300です。

Dsc_0092

ほとんど朝一とも言える時間帯の午前九時過ぎでした。ところが到着してビックリ!

何と拝観料を払う入り口に人の列。以前(三年前)訪れた時なんてほとんど貸し切り状態でゆっくり鑑賞と撮影が出来たのに、何故今年はこんなに人が居るのぉ〜・・・。

Dsc_0113

冒頭写真、本当は広角で広く撮りたかったのですが、周りは人、人、人。これが精一杯でした。

一体全体どうしちゃったの?

Dsc_0134

鐘楼をバックにモミジを。

この時期、京都の紅葉を特集した雑誌がいろいろ出ますから、そういうところに載っちゃうと観光客が一気に押し寄せて来ますからね。もっとも自分も観光客ですから仕方ありません。(笑)

Dsc_0149

最後は可愛い写真を。これは私の演出ではありませんよ。そもそも柵代わりのロープがありますから手が届きません。

モミジの帽子を被った石像です。撮影した直後、風でモミジが飛んでしまいました。

圓光寺、今がピークという感じで楽しめましたが、画角に人が入らないように撮るため、ひとつのカットを撮るのにじっと待っていたりしましたので、圓光寺での滞在時間が結構長くなりました。撮影枚数もそれなりに。

Nikon D300
AF-S DX VR NIKKOR 18-200mm/F3.5-5.6G ED

« α7R + Summilux-R 80mmで京都 | トップページ | 京都・詩仙堂の紅葉 »

コメント

おはようございます。
勝手知ったる愛機での撮影、さすがです。

改めて、「写真は 光 が大切だなあ」と感じました。特に1枚目。
太陽からの光の加減で、印象がとても変わります。この写真、素晴らしいと思います。
あとは「チャンス」というか、「良きタイミングに巡り会う強運(写運?)」。落ち葉を乗せたかわいい石像など、KONDOHさんの強運ぶりを物語っているような気が・・・。
時々あるんですよね。さっきまでは良かったのに、とか、さっきまでの光の具合の方が良かった・・・という場面。
京都シリーズはどれを取っても、素晴らしいなあ。
うらやましい限りです。

おはようございます。
この週末の京都への誘いを蹴ったことをやや後悔しています (´ω`;) 癪なので都内でも・・・
D300はいかがですか? 一度使ってみても悪くないかなとか思っていますが。

紅葉の時期は、京都は多いですね。2年前に訪れた際は午後三時を過ぎていましたがプロカメラマンらしき人と1枚目の本堂の奥に座り人の姿を見えなくなる瞬間を30分近く待ち連写したことがあります。その方とシーズンでもある瞬間、無人になるときがありますね。と会話してことを思いだしました。
KONDIHさんのカメラ機材の使いこなしの多様さに驚いています。私はどうも同じ機材を長く使う習慣があり教えられることが楽しみですねo(*^▽^*)o

こんばは 3枚目 観光離れした 光を共にした作品。
京都ならではですね。どこでか見えない世界を感じさせてこそ写真の妙味と思えております。テレビに出てきそうな光景はあえて・・・・・。間違えていたらごめんなさい。それと、写真は、カメラやレンズのテストものではありません。でも、Nikon Df世界ののレスはKONDOさんしか頼りにしていません。

ろだごん(時々JIQ) さん、こんばんは。
写真は光、これが一番難しいわけです。狙ったり、待ったり、偶然だったり、これが写真の面白いところだと思います。
石像などはまったく偶然だったわけですが、これもあちこち歩いているとそういう偶然にも遭う機会が増えるのかもしれません。
京都の紅葉、ここだけは他の紅葉とは違う雰囲気を感じます。
アイソン彗星、残念でしたね。実は私も素人挑戦してみようと思った途端の消滅でした。(^^;

cucchi3143さん、こんばんは。
お断りした京都、勿体なかったですね。京都の紅葉だけは別物です。年によって見応えは違いますが、今年ダメなら来年、そう思わせるだけのものはありますね。
D300ですかぁ。やはりD2Xより格下という感触でした。でも、中古価格は安いですからね。それを考えると・・・。何と言ってもD3と一緒に発売され、APS-Cのフラッグシップ扱いでしたから。

Tokiwaiさん、こんばんは。
南禅寺とか永観堂、清水寺なら分かるのですが、少し離れた小さなお寺さんに思った以上の人が訪れており、本当にビックリしました。過去、こんな事はありませんでしたから。
カメラ機材の件、恐縮です。あれこれ手を出してしまいますが、デジタルは銀塩ほどの愛着がないので、興味を持つカメラが出て来ると買い替えてしまいます。銀塩はずっと持っているカメラが結構あるのですが。
Tokiwaiさんのように長く使い続ける方が本当は良いのです。分かっているのですが・・・(^^;

愛読者さん、こんばんは。
ご忠告、正直耳が痛いです。α7Rは本当に待ち続けていたカメラでしたので、嬉しい思いであのレンズは? このレンズは? と、テストのための撮影が半分位を占めておりました。
一通り済ますまで、多少テストの意味合いは消えないかもしれません。また、忌憚のないご意見を頂きたいと思っておりますので、よろしくお願い致します。
Nikon Df、製品写真を見ただけの印象と、実機に触れてからの印象はかなり違うものでした。思ったより良い感じではありますが・・・。

こんにちは。
枯山水と紅葉、これぞ京都ですね。かわいいお地蔵さん?も、良いです。
けっこうテレビの影響ってあると思うので、突然人気スポットになることもあるのでしょうね。

ビワさん、こんばんは。
そういえばテレビでも京都の紅葉を紹介しているのを見ています。「隠れた紅葉の名所」なんて紹介されたら一気に人は来ますね。
本当にテレビの影響は大きいですからね。そういう私も北海道の釧網本線を知ったのはテレビの鉄道番組でした。そして乗りに行ってしまったわけですから。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« α7R + Summilux-R 80mmで京都 | トップページ | 京都・詩仙堂の紅葉 »