« 横浜山手・洋館のクリスマス | トップページ | 吉祥寺 »

2013年12月25日 (水)

横浜山手・洋館のクリスマス(2)

Dsc01103
エリスマン邸にて

昨日のベーリックホールのお隣に位置するエリスマン邸は、チェコ共和国のクリスマスです。ベーリックホールでのオランダのクリスマスに比べるとやや華やかさが抑えられているようです。

Dsc01110

エリスマン邸は外人墓地横の元町公園の中に在ります。生糸の貿易商社「シーベルヘグナー商会」の横浜支配人だったエリスマン氏の邸宅だったところです。

Dsc01120
山手234番館

エリスマン邸と山手通りを挟んで斜向いに位置する山手234番館ではフィリピンのクリスマスです。

Dsc01121

私、各洋館はヨーロッパのクリスマスを飾り付けしているものと勝手に思い込んでいたので、フィリピンのクリスマスという事に、入り口で「あれ?」と、思ってしまいました。(^^;

Dsc01124

フィリピンは英語も公用語ですから、クリスマスの飾りがあって何ら不思議はないわけですよね。

Dsc01130

短い時間で三箇所を廻る事になりましたが、来年はもっとゆっくりと時間を取って他も廻ってみたくなりました。

今回は28mmレンズ一本での撮影でしたが、寄ったり離れたり、建物の中での撮影に重宝しました。もちろん寄れたのはヘリコイド付きマウントアダプターのお陰です。これも重宝しました。(^^)

さて、「レンズ補正」アプリですが、てっきりJPEGのみの対応かと思っていたら、何の事はない、RAWでも撮影出来る事が判明しました。roxanne6さんからコメントが入った後、設定を弄り直したところで分かりました。いよいよこれで左右対称型広角レンズも安心して使えるようになりました。(^^)

SONY α7R
Zeiss G Biogon T* 28mm/F2.8(L マウント改)

« 横浜山手・洋館のクリスマス | トップページ | 吉祥寺 »

コメント

おはようございます。
RAW対応するのですね。そうなると強いですね。
ところでこういう処理をファームウェアの更新ではなくアプリを買って対応させるというのがなんとも (^^:) 現代版MINOLTAのインテリジェントカードですかね。

cucchi3143さん、おはようございます。
インテリジェントカード、懐かしいです。α707時代にありましたね。
おっしゃるようにファームウェアの更新でも出来ると思うのですが、今回は自社製レンズで使うためのものではなく、すべてのサードパーティ製レンズを想定した機能なので、多少の金額を払うのは仕方ないと思いました。GXRの場合は元々純正レンズ(Mマウント互換)が有りませんでしたし。
逆に、私はSONYさんのサービスに感謝しているくらいです。

おはようございます。
今年は西洋館のクリスマス写真でミスをして1本フィルムを無駄にしてしまいエリスマン邸と山手234番館の写真が掲載できませんでした^^; こちらで見せていただいて、思い出しております。

koukoさん、こんばんは。
あらあら、フィルム一本ダメにしちゃいましたか。そういう時もありますね。しかし残念です。
丁度今日、私が紹介しているところだったのですね。また来年、是非撮影して下さい。

こんにちは。
チェコのクリスマスも趣があってよいですね。
フィリピンはキリスト教徒も多いですから、クリスマスを祝うのも当たり前なのでしょう。でも、暖かい国のクリスマスというのは、ちょっと不思議な気がします。あ、日本のような仏教国のクリスマスも不思議なものかもしれませんが。

ビワさん、
私はずっと思っていたのです、仏教国の日本はクリスマスなんて関係ないだろう・・・と。完全に商業ペースに乗せられております。(笑)
フィリピンのクリスマス、おっしゃるようにどうもピンと来ませんでした。やはり雪がないと・・・(^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜山手・洋館のクリスマス | トップページ | 吉祥寺 »