« 港にて | トップページ | 鎌倉・海蔵寺 »

2013年12月 9日 (月)

50mmパンケーキレンズ

N501111
鎌倉、小町通りにて

今日はニッコールのパンケーキレンズをご紹介します。ただし、新旧二種有った45mmのレンズではなく、標準画角50mmのレンズです。すでに絶版になっていますが、開放値F1.8の50mmで、ご存知の方も多いと思います。

N501114

元々は廉価版のシリーズEで登場したレンズらしいのですが、輸出版と国内版とでは最短距離に差がありまして、輸出版の60cmに対し国内版は45cmと、国内版の方は一般的な標準レンズの最短距離となっています。何故このような差があったのか理由が分かりません。

ピントリングも輸出版はプラ一体整形というチープな作りですが、国内版は他のAiレンズと同じくゴムになっています。

N501104

古本とはいえ、鎌倉で売られる京都の本。(^^;

さて、Aiの50mm/F1.8Sにはパンケーキタイプの他に、50mm/F1.4Sと同じような厚みを持った筐体のタイプも出ておりまして、昔私が最初に入手したのはその普通のタイプでした。後にパンケーキタイプが有る事を知って俄然欲しくなり、アメリカのショップから安価に購入する事が出来たのです。

しかし国内版が絶版になってから、輸出版の逆輸入新品を都内のカメラ店等で見るようになりました。今でも時々中古ショップに中古が並んでいるのを見ますが、結構安価に入手出来るようです。しかしニコン Dfが発売されてからマニュアルの古いニッコールレンズが注目されていますから、もしかしたらこのパンケーキレンズも人気を呼ぶかもしれませんね。

・・・って、煽ってどうする。(笑)

N501108

で、私の持っているのは輸出版です。D800で初めて使ってみましたが、細かくチェックしてみても私のは方ボケもなく、周辺も含めてなかなか良く写るレンズです。

F一桁の名機、F3に付けて良く使ったものでした。

Pan

キヤノンの人気パンケーキレンズ 40mm/F2.8と並べてみました。50mmパンケーキと申しても、所謂テッサータイプではないですから、極端に薄いわけではないのですが、それでも標準50mmでこの薄さはカメラバッグにも収まりが良いですよ。

Nikon D800
Ai Nikkor 50mm/F1.8S

« 港にて | トップページ | 鎌倉・海蔵寺 »

コメント

こんばんは。
このレンズは国内版を持っています。
先日、店でボディチェック用に出されたのが海外版でした。10,000円くらいの値札が付いていたので眼を疑ったのでした。私の頭の中の適正価格は6,500円くらいです (//∇//)
今日、量販店でDfを触ってきました。デカイですね。NFM2のボディ似せたとは思えない大きさです(笑)  それでも触ってみて自分も使いたくなりましたね。3年後にくらいになんとかヾ(´▽`;)ゝ

おはようございます。
パンケーキレンズというのには、何故か惹かれてしまいます^^ Nikonには、こんなレンズもあったのですね。年末が近づいて、町の雰囲気も変わってきますね。師走の鎌倉にちょっと行ってみたくなりました。

cucchi3143さん、おはようございます。
ボディチェック用に出されたレンズが海外版パンケーキでしたか。以前、逆輸入品が1万円そこそこでしたから、中古として考えると少し高いかもしれませんね。しかしヤシコンと同じで、モノがないと多少高くなるのは仕方ないのかもしれません。でも、以前の価格を知っていると・・・(^^;
Df、背面の液晶を付けなければもう少し薄く出来たのに・・・と、思っちゃいます。

koukoさん、おはようございます。
そうなんです、ニッコールにはこういう可愛いレンズがあったのです。今度、中古ショップを覗く時には注意してご覧になってみて下さい。
昨日歩いた師走の鎌倉、人気どころは相変わらずの人出でした。

こんにちは。
小町通りはいつ行っても飽きません。ほとんど通り過ぎるだけですが。
標準域のパンケーキレンズ、ストリートスナップには最適ですね。古いニッコールレンズなら価格も安いですから、Dfに投資した分、レンズは安価に済ませてしまおうという人もいるかもしれません。

ビワさん、
小町通りはいつ行っても変わりがありませんですね。こういうところは単焦点でスナップするのが似合います。
Dfが発売されてからAiレンズがまた売れているようで、私が利用するお店でも品切れが出ています。以前はずっと売れなかったのに・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 港にて | トップページ | 鎌倉・海蔵寺 »