« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月30日 (月)

今年購入したカメラ

A7
SONY α7R

今日は2013年度最後の記事として、今年購入した印象に残るカメラをご紹介。

先ず何と言ってもα7R をいの一番に挙げなければなりません。とにかく一年待ちましたので。一年待ったと申しましてもSONYさんが一年前に発表していたわけでは勿論ありません。私が勝手に待っていただけなんですが。

根拠は昨年10月、SONYさんが NEX-VG900 というフルサイズ E マウントを採用したレンズ交換式ビデオカメラを民生用として発売したからです。これはもう絶対に来年(今年ですね)、スチル写真向けのフルサイズ NEX が発売されるな、と思ったわけです。

で、一年少々経った11月、ようやくα7とα7R というセンサー(画素数)違いの2台が発売された事は皆様ご存知の通り。フルサイズセンサーを採用したカメラなんてNikon、Canon両社から出ているではないか、と申すなかれ。

私が鶴首していたわけはただ単に手持ちのライカ Rレンズをマウントアダプター経由ではありますが、ほぼ機械的制約なしに使えるデジカメが欲しかったのに他ならないのです。EOS でも手持ちのレンズは装着出来ていたのですが、一番使いたかった Summilux-R 35mm/F1.4 だけがカメラのミラーと後玉が干渉し、近接以外は使い物にならなかったのです。

α7R が手元に来た事によって、ようやく手持ちのライカ R レンズのすべてがフルサイズでデジタル撮影出来るようになりました。と申しましても、まだ使っていないレンズが3本残っているのですが、その3本も勿論不具合なく装着出来ますので、年明けに使うつもりです。

Nf6jpg
Nikon F6

そして今年購入したカメラで α7R の次に印象に残っている(嬉しかった)のが今や貴重となってしまったフィルムカメラ、Nikon F6 です。まだ現行品なのですよねぇ・・・。

とにかく撮影していて実に楽しく感じるカメラです、F6 は。今、手元にある F 一桁シリーズは F3、F5、F6 の3台です。大切に使って行きたいと思っております。

フィルムカメラっぽいスタイルが話題と人気を呼んでいるデジタル一眼レフの Df が大変な品薄のようですが、まだまだフィルムカメラのデザインが好まれているという事なのかもしれませんね。製品写真だけを見た時点では私はそれほど欲しいとは思わなかったのですが、実機を手に取ってみたら、「欲しい!」と思ってしまった事を告白しておきます。

あ、しかし欲しいと思うのと買えるという事は同類項ではありませんので、私の場合は。(笑)

フィルムカメラでは中判の PENTAX 645N II を今頃、それも超格安で新品購入出来た事も今年印象に残る出来事でした。

来年はどういう出会いがあるのでしょうかねぇ? 年明け早々にニコンさんからデジタル一眼レフの新製品が発表されるようですが、本当にニコンさんは昨年辺りから威勢が良いですね。対するライバル、キヤノンさんはこのところ地味ですねぇ。

さて、本年の拙ブログは本日の記事で終わりにさせて頂きます。そして正月三が日もお休みを頂きまして、新年は四日からブログを再開致しますので、よろしくお願い申し上げます。

それでは皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さいませ。

2013年12月29日 (日)

M型レンズで接写を楽しむ

Dsc01147
ヤツデの花(新宿御苑にて)

コシナさんから発売されたVM→Eマウントアダプターを使い、Mマウントのレンズを使って接写を楽しんでみました。

ヘリコイド付きのアダプターのお陰ですね、最短撮影距離が長めのレンジファインダー用レンズで接写を楽しめるなんて。

Dsc01168
オオベニゴウカン

もちろん接写と言っても専用マクロレンズのようになるわけではありませんが、それでも少し寄れるだけでレンズの使い勝手は広がります。

Dsc01178
スクテラリア(コスタリカ原産)

レンジファインダー用広角レンズを使っての接写、花と言えばほとんどマクロレンズを使って撮影していますので、画角の広い接写もなかなか面白いです。

Dsc01186

接写ではないですが、日が落ちて来た時の木漏れ日(?)です。真正面から。

Dsc01187

夕暮れを迎える冬の寂しさのようなものが表出出来ていると良いのですが。

α7R入手以来、ほとんどこのカメラばかり使っています。一枚一枚ゆっくりと撮影して来ましたが、通算ショット数は1200枚ほどになりました。軽いカメラは良いですねぇ。

休みに入ってから手元のカメラ、レンズの第2回リストラを敢行しました。第1回はα7R購入のためでした。今度は・・・?(意味不明)

SONY α7R
Zeiss G Biogon T* 28mm/F2.8(Lマウント改)
Zeiss C Biogon T* 35mm/F2.8 ZM

2013年12月28日 (土)

思い出横町

Dsc00847
西新宿にて

二週間ほど前に撮影した写真ですが、お酒が全く飲めない私です。しかしこういう路地に飲み屋さんが軒を連ねたところを撮影するのは好きなのです。何となく人生の縮図のような感じを受けます。

Dsc00844

ただ、さすがに日が暮れて賑わっている様子を撮影するのは少々躊躇いがありますので、まだまだ日が明るいうちの撮影です。(^^;

Dsc00845

それでもすでに営業しているお店もあり、お客さんも入っているようです。

Dsc00848

立ち飲み屋さんも在ったりしますが、こういうところでお酒を飲まれる方々、どういう人たちが入るのでしょうか? また、どんな会話があるのでしょうかねぇ・・・?

一昨日、SONYさんからキャッシュバックの郵便為替(20,000円)が届きまして、早速昨日郵便局で換金して来ました。やや遅れたクリスマスプレゼントになりました。(^^)

SONY α7R
LEICA Summicron-R 35mm/F2 (type II)

2013年12月27日 (金)

有楽町イルミネーション

Dsc00747
東京・有楽町駅前にて

お馴染み(かどうか?)、有楽町駅前の「東京交通会館」のイルミネーションです。ここもなかなか派手なイルミネーションに飾られています。

駅前ではちょっとしたイベント等も開催されていました。

Dsc00752

車に反射しているところに惹かれてシャッターを。

Dsc00750

有楽町、今年のイルミネーションはグリーンをメインに飾っているようです。

Dsc00757

クリスマスも終わり、いよいよ今年も残すところ後僅かとなりました。日本海側と東北地方は大雪に見舞われているようで、在り来たりな言い方ですが、どうぞお気をつけ下さい。

私は今日から年末年始の休みに入りました。少しぐうたらぐうたらと、怠け者の生活に入るつもりです。(笑)

SONY α7R
LEICA Summilux-R 50mm/F1.4 (type I)

2013年12月26日 (木)

吉祥寺

Dsc01038
東京・吉祥寺にて

個人的にとても馴染みのある町が吉祥寺なんです。横浜からは随分と離れていますが。

Dsc01042

この周辺は昔からほとんど変わりがないですねぇ。吉祥寺駅は随分前から大掛かりな改修工事をやっていますが。

Dsc01041

吉祥寺も駅前辺りの華やか、賑やかさとは違い、この辺は狭い路地にいろいろなお店が軒を連ねていて、駅前とはまったく雰囲気が違います。

Dsc01040

ここも長い間続いていますねぇ・・・。

Dsc01044

この辺りを歩くのは久しぶりです。昔、事情があって何十回と吉祥寺に来ていた時は写真をやっていませんでしたから、こうして撮影するのがとても新鮮に感じた束の間でした。

SONY α7R
Zeiss Planar T* 50mm/F2 ZM

2013年12月25日 (水)

横浜山手・洋館のクリスマス(2)

Dsc01103
エリスマン邸にて

昨日のベーリックホールのお隣に位置するエリスマン邸は、チェコ共和国のクリスマスです。ベーリックホールでのオランダのクリスマスに比べるとやや華やかさが抑えられているようです。

Dsc01110

エリスマン邸は外人墓地横の元町公園の中に在ります。生糸の貿易商社「シーベルヘグナー商会」の横浜支配人だったエリスマン氏の邸宅だったところです。

Dsc01120
山手234番館

エリスマン邸と山手通りを挟んで斜向いに位置する山手234番館ではフィリピンのクリスマスです。

Dsc01121

私、各洋館はヨーロッパのクリスマスを飾り付けしているものと勝手に思い込んでいたので、フィリピンのクリスマスという事に、入り口で「あれ?」と、思ってしまいました。(^^;

Dsc01124

フィリピンは英語も公用語ですから、クリスマスの飾りがあって何ら不思議はないわけですよね。

Dsc01130

短い時間で三箇所を廻る事になりましたが、来年はもっとゆっくりと時間を取って他も廻ってみたくなりました。

今回は28mmレンズ一本での撮影でしたが、寄ったり離れたり、建物の中での撮影に重宝しました。もちろん寄れたのはヘリコイド付きマウントアダプターのお陰です。これも重宝しました。(^^)

さて、「レンズ補正」アプリですが、てっきりJPEGのみの対応かと思っていたら、何の事はない、RAWでも撮影出来る事が判明しました。roxanne6さんからコメントが入った後、設定を弄り直したところで分かりました。いよいよこれで左右対称型広角レンズも安心して使えるようになりました。(^^)

SONY α7R
Zeiss G Biogon T* 28mm/F2.8(L マウント改)

2013年12月24日 (火)

横浜山手・洋館のクリスマス

Dsc01065
ベーリックホールにて

横浜山手に在る幾つかの洋館、毎年今頃はお国別にそれぞれ個性のあるクリスマスの飾り付けがされています。

山手も近いところなのに実はこの時期に訪れた事が一度もなく、昨日初めて三つほど廻って来ましたので、今日はそのうちのベーリックホールをご紹介。

ちなみに↑このカットはアダプターのヘリコイドを少し繰り出して撮影しています。やはりこのアダプターは便利です。ピントはグラスに。

Dsc01076

ベーリックホール、今年はオランダのクリスマスでした。

Dsc01072

使ったカメラはα7RにG Biogon 28mmです。実はこのレンズ、そのまま使うとα7Rでは周辺にマゼンタ被りが生じてしまうのは以前こちらでご紹介しました。

Biogonタイプのような構成が左右対称系のレンズはセンサー周辺への光が直線的に届かず、光量も不足する事から色収差が大きく出てしまいます。

Dsc01085

ところがSONYさんはα7/Rがマウントアダプターで多く使われている事を前向きに理解して頂いているようで、カメラ内にインストールして使う「レンズ補正」アプリ(1,000円)というものを作ってくれました。

で、早速私はこの「レンズ補正」アプリを愛用のα7Rにインストールし、最初の撮影に使ったのが今日のオランダのクリスマスなんです。

Dsc01088

う〜む・・・、私の寝室にそっくりだ。あ、もちろん冗談です。(^^;

Dsc01091

如何でしょうか? 猛烈なマゼンタ被り、ありませんでしょう?

周辺光量、赤、青の被り、歪曲等、個別に調整出来るようになっているアプリです。レンズ毎に収差補正し、登録出来ますので、レンズ毎に違った補正が可能です。

今日の撮影に使ったレンズ、コンタックス G シリーズでお馴染みの人気レンズです。私のはライカ L マウントに改造してあるタイプなので、従来はM型ライカで楽しんでいましたが、これからはデジタルでも安心して使えるようになりました。

Gb28mm
G Biogon T* 28mm/F2.8

これがそのレンズ。素直に嬉しい!(^^)v

SONY α7R
Zeiss G Biogon T* 28mm/F2.8(L マウント改)

2013年12月23日 (月)

VM-E Close Focus Adapter

Vme

コシナさんから発売されたフルサイズ E マウント機に対応した、ライカ M マウント互換のアダプターを早速使ってみました。

Dsc00989

このマウントアダプターは4ミリの繰り出しが出来るヘリコイドを持っており、レンズが持っている最短距離から更に被写体に寄れる事が出来るのです。

Dsc01008

レンジファインダー用のレンズは一眼レフ用レンズと違い、いずれも最短撮影距離が長いですから、このマウントアダプターを併用すると、使用するM型レンズの最短距離を縮める事が出来るわけで、撮影のバリエーションが広がる事に。

Dsc01015
50mm使用

その効果を見るのに最適な被写体(綺麗な花など)を探したのですが、今の時期、これといった花がなく、止むを得ず上記被写体で試してみました。ご容赦。

上の写真は左の花にピントを合わせており、これでレンズが本来持っている最短撮影距離になります。ここからヘリコイドを繰り出すと・・・、

Dsc01017

ここまで寄れます。果たしてレンジファインダー用レンズを繰り出して使った場合、レンズ本来の性能を落とす事なく使えるのかどうかはレンズ毎に違いはあるとは思いますが、使い勝手の幅が広がる事だけは確かですね。

ちなみに今日の写真を撮影した2本のレンズ、それぞれの最短撮影距離の変化を記しておきます。
C Biogon 35/2.8 = 70cm → 29.9cm
Planar 50/2 = 70cm → 40.7cm

以上です。尚、コシナさんのwebでも同社発売のVMマウントレンズの距離リストが掲載されておりますので、ご参考までに。もちろん製品の取説にも記載が有ります。

SONY α7R
Zeiss C Biogon T* 35mm/F2.8 ZM
Zeiss Planar T* 50mm/F2 ZM

2013年12月22日 (日)

丸の内のイルミネーション

Dsc00878
東京駅丸の内口

今年も残り十日を切りました。道路も混雑するようになりましたし、いよいよ忙しくなって来ましたね。

Dsc00879

東京駅丸の内口にKITTEがオープンしたお陰で、今年も人の流れが多くなりました。そういう私もその流れの一人ですね。(笑)

Dsc00916

丸の内のオフィス街もご覧のようなイルミネーションに飾られ、訪れた人の目を楽しませてくれます。

Dsc00921

丸ビルの一階もご覧のような様子。暮れの都心は華やかで良いですね。

Dsc00925

こうした華やかさは暮れ特有のものですから、多少の寒さは我慢出来ます。でも、この冬は例年以上に寒さが厳しくなりそうな予感がします。

多少の寒さには強い私も、寒いなぁ〜・・・と感じますから。(^^;

SONY α7R
Zeiss Distagon T* 28mm/F2.8 MMJ

2013年12月21日 (土)

三宝寺(東京練馬)

N281191
三宝寺の鐘楼

石神井公園の横に存在する三宝寺、拙ブログにコメントをお寄せ頂いているcucchi3143さんのブログで知ったお寺さんなのです、実は。

N281196

石神井公園を散策した後に訪れてみたら、何となく京都に来たような、そういう気持ちにさせてくれるほどの佇まいです。

N281197
六地蔵尊

しかし土曜日ではありますが、さすがに京都とは違い、参拝に訪れる人はほとんどいらっしゃいませんでした。

N281216

なかなか立派な狛犬の彫刻です。

N281204

観音(十一面観音像)様が見守る前で、子供たちがボール遊びをしていました。

N281206
根本大塔

三宝寺は徳川家光が鷹狩りの際、休憩所として使われたそうな。よって、三宝寺の山門は御成門と呼ばれるそうです。

都内にこうした由緒あるお寺さんは結構在るのでしょうね。

Nikon D800
AF-S NIKKOR 28-300mm/F3.5-5.6G ED VR

2013年12月20日 (金)

PENTAX 645N II を買う

P645_01

デジタル全盛の今、中判フィルムカメラの新品を買ってしまいました!

ご覧の通り、PENTAX 645N II であります。フィルムカメラの新品を購入したのは一体いつ以来になるのか、しばし考えるほど。(笑)

P645_02

箱を開ける時、笑われるかもしれませんが、ドキドキしちゃいました。デジカメを購入しても実に冷めた気持ちで箱を開けているのですが。

P645_03

ビニール袋に包まれた本体が見えました。喜びは頂点に。(笑)

P645_04

で、出て来た新品の PENTAX 645N II です。
何か使うのが勿体ないような・・・(^^;

ところで購入価格はメチャ安なんです。メーカー希望小売価格は 357,000円ですが、私の購入価格は 79,800円ですから。すでに生産が完了しているので、在庫限りの処分特価というやつであります。

P645_05

しかし私はすでに新品同様の中古品を購入していますので、2台になってしまいました。左が今回の新品購入品で、右が中古購入のボディ。

そういえば昨年12月はハッセルブラッドの新品レンズ2本をこれまた在庫処分特価の信じられない価格で某量販店から購入していたので、二年連続でちょっとした自分への早いクリスマスプレゼントとなっています。(^^;

Mp120
Makro-Planar T* 120mm/F4 ZV Classic

S180
Sonnar T* 180mm/F4 ZV Classic

昨年、拙ブログでご紹介しましたが、↑この2本でした。
120mmが75パーセント引きの10パーセントポイント還元、180mmが80パーセント引きの10パーセントポイント還元という破格のバーゲン価格でしたねぇ。あの驚喜からもう一年が経ちました。

本来なら・・・時代を考えると同じ 645 ならデジタルである 645D の方を購入すべきなのでしょう。使ってみたいとは思っていますが、自分には手が出ません。(;_;)

P645_16
SMC PENTAX FA645 80-160mm/F4.5、Kodak E100VS

カメラとレンズの写真ばかり掲載しても顰蹙を買うだけなので、中古購入品で撮影した一枚を掲載しておきます。

で、前回新品購入したフィルムカメラはどれだったか記憶を呼び起こしてみたら、ライカ R9でした。随分前だなぁ。

2013年12月19日 (木)

都庁の造形

Dsc00825

今、何かと話題の東京都知事。拙ブログでは話題の内容については一切触れませんが、その都知事の仕事場である都庁を撮影してみました。

Dsc00823

正直申しまして今更・・・というくらい過去にも何度か撮影しているところです。

Dsc00827

Dsc00829

今回はまぁ・・・、多少レンズテストっぽい撮影になっていますので、恐縮です。(^^;

Dsc00832

これは都庁ではないだろう、と申すなかれ、都庁の影が向かいのビルに映っています。(笑)

使ったズミクロン35mm、ズミルックスほどではないですが、中心部に比して周辺は若干解像度が落ちます。その代わり中心部は大変シャープです。ある意味、典型的なライカレンズの描写と言えるかもしれません。フリンジは周辺に若干見受けられますが。

SONY α7R
LEICA Summicron-R 35mm/F2 (type II)

2013年12月18日 (水)

カレッタ汐留イルミネーション 2013

Dsc00939
カレッタ汐留にて

昨年に引き続き、カレッタ汐留のイルミネーションを見て来ました。今年も昨年同様、プロジェクション・マッピングによるイルミネーションです。

Dsc00958

今年のタイトルは「魚たちはクリスマスの夢をみる」です。

Dsc00961

プロジェクション・マッピングとは建物に直接映像を投射する方式で、昨年は東京駅丸の内口でも開催されましたが、ご存知のように大変な人出となり危険が伴ったため、途中で急遽中止となりました。

私は運が良かったと言うべきなのでしょうか、私が見終わった直後の上映から中止となったのです。溢れた人が車道にまで出てしまい、大変な喧噪でした。

Dsc00967

Dsc00978

昨年より一週間ほど早く出掛けたせいか、混雑は思っていたほどではありませんでした。多分、クリスマスには大混雑になると思います。

しかし映像そのものは昨年のシンデレラストーリーの方が良かったです。

SONY α7R
Zeiss Distagon T* 28mm/F2.8 MMJ

2013年12月17日 (火)

石神井公園

N281164
東京・石神井公園、三宝寺池にて

数年前より一度訪れてみたいと思っていた東京練馬の石神井公園。ようやく行ってみる事が出来ました。

N281158
厳島神社

東京練馬、横浜からは遠いですから電車を乗り継いで行くとかなりの時間が掛かります。しかし、それは過去の話し。

実は東横線と副都心線が繋がった事により、直通で行けるようになったのです。乗り換えても一回です。それで行く気になったわけです。(笑)

N281170

木の枝の面白さに惹かれて撮影したカットです。

N281154
マガモ

池にはいろいろなカモ類が泳いでいます。

石神井公園はカワセミが見られるところとしても有名で、この日も何人かの人が撮影しておりました。

N281181

イロハモミジがまだまだ赤々と色付いているところが。

N281220
石神井池にて

石神井公園は石神井池と三宝寺池、二つの大きな池があり、その周りを散策出来るのと、野球場やテニスコートまで設けられていますので、それなりに広いですね。尚、石神井池は人工池だそうです。

どういう被写体があるのか分からないので、一眼レフに高倍率ズームレンズを装着して行ったのですが、重い。(笑)

このところα7Rでの撮影がほとんどでしたから、一眼レフにズームレンズは妙に重く感じます。α7RとD800、同じセンサーを搭載しているとは思えない違いですね。(^^;

Nikon D800
AF-S NIKKOR 28-300mm/F3.5-5.6G ED VR

2013年12月16日 (月)

KITTEのクリスマスツリー

Dsc00895
東京駅丸の内口前、KITTEにて

もうお馴染みとなった東京駅前、旧中央郵便局の新しいビル、KITTEにこんな大きなクリスマスツリーが出来ていました。

Dsc00904

まるで空から雪が降っているような演出の飾り。

凝っていますよねぇ・・・。来場された皆さん、このクリスマスツリーに釘付けです。

Dsc00890

クリスマスツリーを俯瞰した様子がこのカットです。

ここにクリスマスツリーが出来ている事を知らずに入ったのです、実は。当初は単純にまた屋上庭園から東京駅と駅前の夕暮れ風景を撮影するのが目的だったのです。

ですからラッキーでした。(^^)
東京駅周辺にお立ち寄りの際は、是非ご覧になってみて下さい。あ、別に私は日本郵便の回し者ではありません、念のため。(笑)

α7R、入手以来早くも一ヶ月が経ちました。ホントに良いデジカメが出てくれたと思います。

SONY α7R
Zeiss Distagon T* 28mm/F2.8 MMJ

2013年12月15日 (日)

銀座イルミネーション

Dsc00817
東京・銀座にて

イルミネーション撮影、今回はライカ一眼レフ用標準レンズを使いました。しかしレンズそのものはライカ Rレンズの中でも初期のタイプです。

Dsc00794

ですからレンズ性能がハッキリ出やすい夜景撮影、少々不安を持ちながらの撮影でした。

Dsc00801

BVLGARIのイルミネーション、凄い人気です。カメラで撮影している人が多かったです。

Dsc00781

ミニサンタさんを撮影。(笑)

Dsc00778

某有名宝石店のイルミネーション。ここも人気でした。特に女性が群がっておりました。(^^;

Dsc00760

こちらのスナップはイルミネーションではありませんが、お馴染み天賞堂さんの可愛いエンジェルがサンタの帽子を被っていました。暮れらしいですね。(^^)

Summilux-Rの50mm、思いの外破綻を見せず、ホッと一安心。(笑)

SONY α7R
LEICA Summilux-R 50mm/F1.4 (type I)

2013年12月14日 (土)

羽田空港暮色

N280470
羽田空港第2ターミナルにて

久しぶりに飛行機写真です。ただ、この日は空を飛び交う飛行機を撮影する事が目的ではなく、日が暮れる時間帯の羽田を撮影するのが目的でした。

N280388
JALハピネスエクスプレス B737-800(JA330J)
東京ディズニーリゾート30周年タイアップ特別塗装機

羽田空港の展望デッキ、以前にも増して人が多くなっているように思います。それと空美さん(ちゃん)も随分増えました。喜ばしい事です。

N280294

背景の東京スカイツリーをハッキリ写したくて、このカットは流し撮りしていません。しかしシャッタースピードをあまり上げられなかったので飛行機が少し流れています。
手前のポールが・・・(^^;;

N280442

丁度良い時間帯だったのか、何かとお騒がせのボーイング B787を沢山見る事が出来ました。そろそろまた乗りたいですねぇ。(笑)

N280468

飛行機一機を飛ばす為に、多くの裏方さんが活躍しています。

N280281

これは展望デッキに到着した直後のカット。政府専用機がハンガーの前に駐機していました。そこを挟むようにタイミング良くB787が。後方はもちろんAコースへランディングして来たB787、手前はCコースへタキシング中のB787です。

飛行機(私の場合は旅客機だけ)、見ているだけで楽しいし、撮影していても楽しいし・・・(笑)

余談ですが、AdobeのCamera RAWの新バージョンとLightroom 5がようやくα7/Rに対応してくれました。これで動作もっさりのSONY純正ソフト(IDC)から離れられます。(^^;

Nikon D300
AF-S NIKKOR 28-300mm/F3.5-5.6G ED VR

2013年12月13日 (金)

横浜イルミネーション

R0000446
横浜・山下町、マリンタワー

横浜のイルミネーションとして、マリンタワーをご紹介します。もちろんご存知のように山下公園の目の前に聳え立っており、元々は灯台として建てられていますが、現在その機能は有しておりません。

R0000445

そのマリンタワー下はご覧のように美しいイルミネーションに飾られています。

R0000435

暮れになるとあちらこちらで素敵なイルミネーションが見られますが、男の私でもやはり惹かれますね。

R0000447

みなとみらい、赤レンガ倉庫にもし来られましたら、少し足を伸ばしてマリンタワー下に来てご覧下さい。もちろんマリンタワー展望台に上がって横浜港を一望するのもおススメですよ。

さて、ニッコールのAiレンズですが、予想してた通り昨日から売価が一気に値上げされましたね。それぞれ1万数千円も高くなっていますよ。まぁ、今までが安過ぎとも言えていましたので。

RICOH GR(GR LENS 18.3mm/F2.8)

2013年12月12日 (木)

鎌倉・英勝寺

Dsc00725
鎌倉・英勝寺にて

今回の鎌倉散歩、最後に訪れたのが英勝寺です。訪れてみると、さすがに時期的に散り紅葉となっていました。

Dsc00739

仏殿です。ところで英勝寺は鎌倉唯一の尼寺なのです。

Dsc00733

上を見たら見事な彫刻が。そういえば夏に訪れた柴又・帝釈天でも素晴らしい、芸術とも言える彫刻を見た事を思い出しました。

Dsc00736

こういうちょっとしたところにも長い歴史を感じます。

英勝寺の創建者は徳川家康の側室だった英勝院との事です。

Dsc00744

これで短時間の鎌倉散歩はお終いです。午前10時過ぎに自宅を出、帰宅したのが午後1時半ですから3時間少々のお出掛けでした。これほど鎌倉は身近な存在なのに滅多に行く事がないのです。しかしこれからはもう少し出掛けてみようかと思っています。

SONY α7R
LEICA Macro-Elmarit-R 60mm/F2.8

2013年12月11日 (水)

鎌倉・浄智寺

Dsc00683
鎌倉・浄智寺にて

昨日の海蔵寺に行く前に入ったのが浄智寺です。鎌倉街道を挟んで向かい側に円覚寺と明月院です。観光客の数は比べ物になりません。

Dsc00666

イチョウの葉の絨毯が見られました。

Dsc00667

浄智寺のようなお寺さんにはひっそりとした雰囲気がお似合いです。

Dsc00680

Dsc00675

少々厳粛な気持ちで・・・。

浄智寺、海蔵寺の後、もう一箇所、英勝寺に寄り、小町通りを歩いて鎌倉駅から帰宅したわけですが、お馴染み鎌倉八幡宮にも今回は寄りませんでした。

余談ですが、昨日量販店でニコン Dfを弄ってみました(何度目だ?)。お店にはシルバーとブラックの2台置いてあるのですが、シルバーのボディ底には擦れによる塗装剥がれが生じています。シルバーの塗装は結構薄いのですね。ブラックの方はまだまだ何ともなかったです。

お客さんの扱い、シルバーの方が回数多いのでしょうか? 現物を弄ってみたらシルバーが欲しくなったのですが、あの塗装の弱さを見るとねぇ。でも、今の私には価格的にとてもとても手が出ません。α7Rを買ったばかりですからね。(^^;

そうそう、Df発売の影響でしょうね、Aiレンズの新品在庫、私が利用するカメラ店、量販店で一気に捌けてしまいました。ビックリです。

SONY α7R
LEICA Macro-Elmarit-R 60mm/F2.8

2013年12月10日 (火)

鎌倉・海蔵寺

Dsc00700
鎌倉・海蔵寺にて

三日前、「京都スナップ」の記事の中で鎌倉の紅葉について触れました。それなら久しぶりに鎌倉を歩いてみるか、という事で日曜日に行って来ました。単純。(笑)

Dsc00695

北鎌倉駅で下車したものの、円覚寺に向かう観光客で駅ホームはごった返しており、駅から出るのも時間が掛かる始末。

Dsc00690

なので反対側の出口(鎌倉街道側)に出て、円覚寺や明月院には見向きもせず、訪れる人の少ない寺院を目指して歩く事に。

Dsc00707

鎌倉街道を歩いて浄智寺に入り、その後は切り通しの道を歩き続け、今日ご紹介する海蔵寺を訪れたわけです。ここは久しぶりですが、円覚寺の喧噪とは正反対で、実にひっそりとして落ち着けます。

紅葉は鎌倉と言えども、さすがにピークは過ぎており、というよりほとんど終焉を迎えている状況です。一週前でしたらまだまだ楽しめたと思います。

Dsc00708

海蔵寺に限らず、この辺りの寺院はどこも静かです。どうして皆さん、円覚寺、明月院、八幡宮ばかり行くのでしょうかねぇ・・・。やはり鎌倉に行くなら、という事なのでしょうね。

Dsc00702

紅葉は終わっているので、同じ赤色を撮影。(笑)

SONY α7R
LEICA Macro-Elmarit-R 60mm/F2.8

2013年12月 9日 (月)

50mmパンケーキレンズ

N501111
鎌倉、小町通りにて

今日はニッコールのパンケーキレンズをご紹介します。ただし、新旧二種有った45mmのレンズではなく、標準画角50mmのレンズです。すでに絶版になっていますが、開放値F1.8の50mmで、ご存知の方も多いと思います。

N501114

元々は廉価版のシリーズEで登場したレンズらしいのですが、輸出版と国内版とでは最短距離に差がありまして、輸出版の60cmに対し国内版は45cmと、国内版の方は一般的な標準レンズの最短距離となっています。何故このような差があったのか理由が分かりません。

ピントリングも輸出版はプラ一体整形というチープな作りですが、国内版は他のAiレンズと同じくゴムになっています。

N501104

古本とはいえ、鎌倉で売られる京都の本。(^^;

さて、Aiの50mm/F1.8Sにはパンケーキタイプの他に、50mm/F1.4Sと同じような厚みを持った筐体のタイプも出ておりまして、昔私が最初に入手したのはその普通のタイプでした。後にパンケーキタイプが有る事を知って俄然欲しくなり、アメリカのショップから安価に購入する事が出来たのです。

しかし国内版が絶版になってから、輸出版の逆輸入新品を都内のカメラ店等で見るようになりました。今でも時々中古ショップに中古が並んでいるのを見ますが、結構安価に入手出来るようです。しかしニコン Dfが発売されてからマニュアルの古いニッコールレンズが注目されていますから、もしかしたらこのパンケーキレンズも人気を呼ぶかもしれませんね。

・・・って、煽ってどうする。(笑)

N501108

で、私の持っているのは輸出版です。D800で初めて使ってみましたが、細かくチェックしてみても私のは方ボケもなく、周辺も含めてなかなか良く写るレンズです。

F一桁の名機、F3に付けて良く使ったものでした。

Pan

キヤノンの人気パンケーキレンズ 40mm/F2.8と並べてみました。50mmパンケーキと申しても、所謂テッサータイプではないですから、極端に薄いわけではないのですが、それでも標準50mmでこの薄さはカメラバッグにも収まりが良いですよ。

Nikon D800
Ai Nikkor 50mm/F1.8S

2013年12月 8日 (日)

港にて

N501078

最近、音楽関係の記事を掲載していないので、久しぶりに今日はCDをご紹介しようかと思ったものの、少しマニアックな内容なので中止し、港でのスナップを掲載する事にしました。(^^;

写真はマンモスと一緒にお茶を。

N501067

歴史を感じさせる補修跡。

N501060

地元の方ならこの建物も直ぐ分かると思います。

N501100

ここでもクリスマスツリーが。大さん橋の中です。

N501094

横浜港と言えば氷川丸とマリンタワーです。横浜のシンボルとも言えるかもしれません。

ところでニコン Dfが発売されてから古いニッコールレンズがまた注目され始めているようです。ヤシコンみたいに急に中古市場価格が上がるのでしょうか?
興味津々・・・。

Nikon D800
Ai Nikkor 50mm/F1.2S

2013年12月 7日 (土)

京都スナップ

Dsc00411

何年前からか、京都へは桜の時期、紅葉の時期に訪れるようになりました。もちろん年によっては春秋以外の季節にも訪れる事はあります。

Dsc00382

今年の場合は珍しく桜の時期に予定が取れず、代わりに五月下旬、青モミジの撮影に出掛けました。更に夏休みにも神戸見物の後に京都を訪れています。

Dsc00412

ところで私の住んでいる横浜から程近い場所に鎌倉があります。例えば北鎌倉紅葉の名所、円覚寺は拙宅から30分で到着するくらい近いのに、必ずしも毎年行ってはいません。

Dsc00416

鎌倉でも桜や紅葉は見事なのですが、何故か京都に惹かれています。不思議ですね。

しかし紅葉については京都での色を見てしまうと、やはり違いを感じてしまうのです。年によって見事さに違いはありますが、いつも期待して出掛けてしまいますね。(^^)

で、今日は紅葉の写真ではなく、今回の京都滞在でスナップ的に撮影したものを集めてみました。

Dsc00358
大覚寺、大沢池

夏に見事な蓮の花を見せてくれた大沢池。これが現在の姿です。まだまだ蓮の名残りがこんな形で見られるのですね。

SONY α7R
LEICA Summicron-R 50mm/F2

2013年12月 6日 (金)

クリスマスイルミネーション

Dsc00650
横浜ベイクォーターにて

気が早いように思うのですが、先月から街のあちこちでクリスマスツリーを見るようになりました。どうも日本人は商業ペースに乗せられやすい気質ですから仕方ないですかね?(笑)

Dsc00655

そして今年もイルミネーションに飾られる季節になりました。なんと一年の早い事。

Dsc00656

昨年、大変な賑わいから途中で急遽中止になってしまった東京駅丸の内口のイルミネーション、プロジェクションマッピング(立体物に投影する技法)を見に行ったのが23日ですから、もうすぐ一年になります。もう一度言いますが、一年の早い事。(^^;

Dsc00660

クリスマスツリーをわざとアウトフォーカスにして撮影してみました。

さて、それでは今年も恒例のイルミネーション撮影をしたいと思います。

SONY α7R
AF 50mm/F2.8 Macro
ISO 6400

2013年12月 5日 (木)

アポズミクロンで山下公園

Dsc00235
横浜・山下公園にて

地元横浜、私は「みなとみらい」や「大さん橋」では比較的撮影する機会が多いのですが、山下公園で撮影する事は滅多にありません。理由は二つほどあるのですが。(^^;

Dsc00230

快晴のこの日、珍しく公園内に入って少しスナップ的に撮影したのが今日の写真です。

レンズはライカの一眼レフ用アポズミクロン 90mmです。

Dsc00232
氷川丸

以前もここで申した事があるのですが、私は基本的にデジタル写真をパソコンモニターを使って等倍で見るという事をしません。

しかしα7Rを購入してから愛用のライカ Rレンズがフルサイズで3640万画素もの高画素に耐えられるレンズなのかを確認するため、珍しく撮影しては等倍表示にしてチェックしています。

Dsc00233

で、今日の写真を撮ったアポズミクロン 90mm、いやいやビックリものです。Rレンズの中では比較的設計が新しいからでしょうか、周辺まで実に良く解像しています。

もちろん中心部は気持ち悪いくらいシャープな描写です。上の写真、観覧車の手前に在る建物、「WORLD PORTERS」というショッピングモールですが、その名称までクッキリハッキリ描写されています。色収差もほとんど見られません。

このレンズはフルサイズ 3640万画素でもまったく問題ないですね。というより、改めてこのレンズの性能に驚嘆しました。

とまぁ、私には珍しくメカ的内容の記事になってしまいましたね、今日は。

SONY α7R
LEICA Apo-Summicron-R 90mm/F2 ASPH.

2013年12月 4日 (水)

プラナーで「飛鳥 II」

Dsc00495
飛鳥 II

日本最大の豪華客船「飛鳥 II」をMマウントのプラナー 50mmで撮影してみました。ボディはα7Rですが、当然マウントアダプターを使っての装着です。

Dsc00490

全長 : 241m
全幅 : 29.6m
船客定員 : 960人
乗組員数 : 545人
総トン数 : 50.142トン

Dsc00482

私は大さん橋でこの「飛鳥 II」を一体何回見ている事か。

Dsc00507

一度で良いから乗ってみたいですねぇ。
二泊三日の・・・いや、一泊二日のクルーズでも良いから。(^^;

Dsc00511

ところでMマウントのプラナー 50mm、ディストーションのない描写は気持ちが良いですね。直線が直線に描写されるというのは、安心して建築物等も撮影出来ますから。これが一眼レフ用だと多少タル型のディストーションが見られますからね。

Dsc00516

このカットのみ、絞り開放で撮影しています。ピントは「飛鳥 II」の「II」に持って来ていますが、文句のないレンズです。さすがに開放では若干周辺光量落ちがありますが、問題ないと思います。

α7Rとプラナー 50mmの組み合わせ、軽いですねぇ。
それでいて3640万画素です。う〜ん・・・。

SONY α7R
Zeiss Planar T* 50mm/F2 ZM

2013年12月 3日 (火)

京都・真如堂の紅葉

Dsc_0254
京都、真正極楽寺

通称、真如堂。今年の真如堂は素晴らしい紅葉を見る事が出来ました。まさに目映ゆいばかりの絶景です。

Dsc_0218

境内が広いという事もあって、観光客、カメラマン、カメラウーマン、沢山の人で賑わっていました。

Dsc_0251

紅葉シーズン、お馴染みの三重塔も一段と映えます。運良く飛行機雲も。

Dsc_0221

真如堂も今回で何回目になるのか、お気に入りのところです。

Dsc_0239

私の京都詣で、春秋で同じところへ行く機会が多いです。まだまだ行ってないところが沢山あるのですが、ついつい今年はどうだろう・・・と、繰り返し同じところへ。(^^;

京都初日はD300中心、二日目のオフ会はα7Rでと、結局二日間でカメラを分けて使う結果に。

Nikon D300
AF-S DX VR NIKKOR 18-200mm/F3.5-5.6G ED

2013年12月 2日 (月)

α7R で LA-EA4 を使ってみる

Dsc00617
東京・新宿御苑にて

α7Rとα7用にSONY Aマウントのレンズを装着するための純正マウントアダプター LA-EA4がカメラと同時に発売されているのはご存知だと思います。

Dsc00529
黄金色に輝くイチョウの葉

α7Rとα7用とは申しましたが、もちろんNEXシリーズでも使えるのは言うまでもありません。従来の純正マウントアダプターはイメージサークルがAPS-C用途を考えていた事に対し、今回の製品は当然ながらフルサイズのイメージサークルに対応しているわけです。

メーカーサイトによると、動画でも高速なオートフォーカスが使えるとの事です。

Dsc00597
イチョウの葉と戯れる

私はカメラと同時に入手していたのですが、一度も使っていませんでした。それは対応するレンズを持っていなかったからです。(^^;

しかし、Aマウントのレンズをようやく入手しましたので、今回新宿御苑その他で試す事が出来ました。恥ずかしながら中古でして、新同品のAランクがヨドバシ価格の半値だったものですから。(^^;

Dsc00580

焦点距離50mmの標準マクロレンズです。なので、一応マクロ写真も撮ってみました。新宿御苑の温室内で昨日まで丁度「洋らん展」が開催されていましたので、何枚か撮影しました。

オートフォーカスは不満のないスピードで合焦します。実はスピードに関しては全く期待してなかったのですが、良い意味で予想がハズレました。「え! こんなに速いの!」という感じです。

Dsc00550

α77等、Aマウントの一眼レフカメラで撮影している時と変わりないですね。しかし、さすがにマクロ撮影時はマニュアルフォーカスで撮影していますけど。

日曜日の新宿御苑、紅葉の良い時期という事もあって多くの人が訪れておりました。午前中は用事があったため時間の取れた午後から出掛け、御苑には午後2時過ぎに入ったのですが、いやいや凄い人でした。

Ea4
iPhone 5で撮影

これがマウントアダプター LA-EA4を介して純正マクロレンズを装着した姿です。

SONYブランドの現行品ですが、元々は銀塩時代まで遡ったミノルタ設計のレンズ。ミノルタのマクロレンズはボケが綺麗という事が定評でしたね。もちろん人気は100mmマクロの方ですが。

SONY α7R
AF 50mm/F2.8 Macro

2013年12月 1日 (日)

京都・詩仙堂の紅葉

Dsc_0168
京都、詩仙堂 丈山寺にて

宮本武蔵が吉岡一門との果たし合いに向かう前、立ち寄ったという八大神社の直ぐ下に位置する詩仙堂。ここは初めて訪れた数年前より何度も訪れているお気に入りのところです。今年もすでに二回目の訪問。

Dsc_0174

しかし今回は圓光寺と同じく、入り口から階段下まで人の列。

Dsc_0199

本来なら「詩仙の間」からゆっくりとお庭を眺めていたい、そういう気持ちにさせてくれる落ち着いた場所なのですが、今回は中国からの団体さんと遭遇し、大変な喧噪の中に入ってしまいました。

Dsc_0202

ポッと、赤らめたようなモミジを見つけました。(^^)

Dsc_0192

しかし、とてものんびりするような雰囲気ではなかったので、残念ながら足早に詩仙堂を後にし、次なる目的地へと歩き始めました。

Nikon D300
AF-S DX VR NIKKOR 18-200mm/F3.5-5.6G ED

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »