« プラナーで「飛鳥 II」 | トップページ | クリスマスイルミネーション »

2013年12月 5日 (木)

アポズミクロンで山下公園

Dsc00235
横浜・山下公園にて

地元横浜、私は「みなとみらい」や「大さん橋」では比較的撮影する機会が多いのですが、山下公園で撮影する事は滅多にありません。理由は二つほどあるのですが。(^^;

Dsc00230

快晴のこの日、珍しく公園内に入って少しスナップ的に撮影したのが今日の写真です。

レンズはライカの一眼レフ用アポズミクロン 90mmです。

Dsc00232
氷川丸

以前もここで申した事があるのですが、私は基本的にデジタル写真をパソコンモニターを使って等倍で見るという事をしません。

しかしα7Rを購入してから愛用のライカ Rレンズがフルサイズで3640万画素もの高画素に耐えられるレンズなのかを確認するため、珍しく撮影しては等倍表示にしてチェックしています。

Dsc00233

で、今日の写真を撮ったアポズミクロン 90mm、いやいやビックリものです。Rレンズの中では比較的設計が新しいからでしょうか、周辺まで実に良く解像しています。

もちろん中心部は気持ち悪いくらいシャープな描写です。上の写真、観覧車の手前に在る建物、「WORLD PORTERS」というショッピングモールですが、その名称までクッキリハッキリ描写されています。色収差もほとんど見られません。

このレンズはフルサイズ 3640万画素でもまったく問題ないですね。というより、改めてこのレンズの性能に驚嘆しました。

とまぁ、私には珍しくメカ的内容の記事になってしまいましたね、今日は。

SONY α7R
LEICA Apo-Summicron-R 90mm/F2 ASPH.

« プラナーで「飛鳥 II」 | トップページ | クリスマスイルミネーション »

コメント

こんばんは。
アポクロマートレンズは何本か持っていますが、たしかに描写は優れていると感じます。
私の場合、萎えるのはまず色収差ですので、それを気にせず撮れるというのは大きいと思います。
このレンズは解像感も高いようで素晴らしいですね。
等倍表示したときに手ブレはいかがですか? DPMを使い出したときに低速は危険だと感じています。

cucchi3143さん、おはようございます。
このレンズは色収差も少なく、アポを名乗るだけの事はあります。
周辺の解像度が高いのは非球面レンズを使っているからだと思います。周辺が甘かった35/1.4についてはややがっかりでしたが。
手ブレについては今日の写真ではまったくなかったです。明るい日中の高速シャッターですからね。ただ、遅めのシャッターでもミラーボックスがないという事が効いているように思います。

こんにちは。
理由が気になりますねえ。
フィルム用に設計されたレンズでも、良いものは超高画素のデジタルでも十分に通用するということですね。

ビワさん、
あ、理由ですか? ひとつは場所が関係しているのですが・・・(^^;
レンズの件、おっしゃる通りだと思います。これはもちろんライカレンズだけの事ではなく、国産モノでも結構有るのではないかと。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« プラナーで「飛鳥 II」 | トップページ | クリスマスイルミネーション »