« 鉄道三枚 | トップページ | ジャンボも退役間近ですね »

2014年1月29日 (水)

一眼レフカメラの呪縛

T1
FUJIFILM X-T1

以前、アナウンスがあった通り、昨日富士フィルムさんからミラーレスカメラのX-T1が正式に発表されました。同社からはすでにX-Pro1、X-E2といったミラーレスカメラが発売中で、それらはいずれも箱型の如何にもミラーレスカメラ然としたデザインのカメラでした。

ところがX-T1はご覧のように見た目はペンタプリズムを持った一眼レフかと思わせるようなデザインです。勿論このスタイルはX-T1が初めてというわけではなく、ソニーさんのα7R、α7、オリンパスさんのOM-D E-M1、パナソニックさんのGH3がすでにこのスタイルで発売されています。

伝え聞くところによると欧米では一眼レフスタイルのやや大きめのデザインのカメラでないと売れないそうですね。何やら中国も。小さめの箱型スタイルのミラーレスカメラは日本でしか人気がないようで。

ミラーボックスが無い事で、一眼レフよりボディの作りがコンパクトに出来る事が「売り」のカメラだったのに、気が付いてみれば各社共ミラーレスカメラのフラッグシップ機は皆一眼レフスタイルになりつつあります。

しかし思い起こしてみればミラーレスカメラの第1号機であるパナソニックさんのG1は一眼レフスタイルでした。なんだかんだ言っても、カメラスタイルは一眼レフの呪縛から逃れられないようです。

やはり一眼レフカメラは偉大ですね。世界の一眼レフカメラのシェアはニコン、キヤノン両社で90数パーセントを占めているわけですが、両社ともミラーレスカメラにはあまり熱を入れていないように見えます(少なくとも私には)。

ミラーレスカメラのファインダー(EVF)がどんどん高精細になって行く中、光学ファインダーを持つ一眼レフが主流のニコン、キヤノン両社は今後どういう形でミラーレスカメラに対する答えを出して行くのか個人的に興味があります。

製品写真はFujifilm Rumorsから転用しました。

P1190439
白樺湖を見下ろして

OLYMPUS OM-D E-M1
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm/F2.8 PRO

« 鉄道三枚 | トップページ | ジャンボも退役間近ですね »

コメント

ミラーレス=コンパクトという印象だし、そこを狙った開発だと思いますが,使う人は違ったということなんでしょうね。ローライ&ハッセルのファインダーが一番優れていると信じてますが,近頃のEVFも凄いです。カメラ屋で覗く度にEVFでいいや!とつぶやいてます。

おはようございます。
RFライクなこれまでのFUJI機はどうもなじめなかったのですが、SLR・MF機ライクのX-T1は好感を持っています。56/1.2と一緒に使いたいなあと思うのですが資金が・・・(^^:)
私の場合は所有するミラーレスにすべて外付EVFを搭載していますが、見え方よりも3点ホールドのほうが撮りやすいという理由のように思います。

スカルピアさん、おはようございます。
光学ファインダーに固執していた私も、最近の高精細EVFを使い慣れると、EVFでもいいな、と相思替えしている自分です。(笑)
しかしローライ&ハッセルのファインダーはやはり良いですね。光学ファインダーも大きいと良さを感じますし、ファインダー像が美しいです。

cucchi3143さん、おはようございます。
今回のX-T1は他社並みにレンズ光軸上にファインダーを持って来ています。結局ミラーレス上位機はこういう形で収まりそうですね。
上位機はレンズ光軸上にEVF、普及機は背面液晶でピント合わせ、こうしたスタイルに二分しそうです。

AFの動体追従能力はどんなものなのでしょうね?。
とくにセールスポイントに挙がってないですが、
かなりいける様であれば、
OM-D E-M1の好敵手になるかも。

KONDOHさま、こんにちは。
EVFに馴染めず、X-1proとレンズ数本を1ヶ月で嫁がせたろだごんです。
背面の液晶を見て撮ると、何となく撮る前のイメージと違う、、よく見ると不要なものが写ってる・・・というのを繰り返しております。先日電気屋さんでEVFをのぞいてみたのですが、ここ1~2年でものすごい進化を遂げてるんだとビックリ。昔あった「タイムラグ」は感じなくなりました。ピントも、以前お教えいただいた「拡大機能」というのを試してみると、おお!っと思うほどピントが分かりました。
ミラーレスでも一眼レフのスタイルになるのは、私たちが「その形になれている」からかな?と思います。構えても両手と目(や鼻やほっぺ)がブレ防止に役立ってる気がします。
あとは見た目の高級感でしょうか?

KYさん、こんばんは。
未だ富士フィルムさんのミラーレスカメラは使った事がないのです。動体追従能力もどの程度の能力があるのかも分かりません。
OM-D E-M1とはセンサーサイズが違いますので、同列に比較するのはどうでしょうか。でも、やはりあちこちで比較されるでしょうね。

ろだごんさん、こんばんは。
私も嘗ては光学ファインダー重視の人間でした。でも、α77やα7Rを使う事ですっかりEVFに慣れてしまいました。拡大機能も使い勝手が良いですし。まだまだこれから更に進歩すると思います。
ミラーレスが一眼レフスタイルになるのは、おっしゃるようにその形に慣れているので真四角な形より抵抗がないのでしょうね。
そういう私も今やミラーレスも一眼レフスタイルを好むようになってしまいました。カメラの中心にファインダーが有る方が使い勝手の面でも良いです。

α7のEVFは高精細でいいなと思いますが、スポーツや飛びものの鳥撮りには・・・。要は適材適所ということで。(^ー゜)
スポーツや鳥撮りに使う大口径超望遠レンズはものすごく大きく重いですし、ミラーレス化による小型化・軽量化には拘りませんね、というか、今ので慣れているので変わらないで欲しいです。少なくとも現時点の体力を維持できてる間は。爆

ななまるさん、こんばんは。
おっしゃる通り、適材適所についてはまったく同感です。
EVFに慣れてしまったと申しても、素早く飛んでいる鳥撮りにはやはり光学ファインダーの方が断然撮影しやすいでしょう。
先日私はOM-D E-M1で鳥撮りに挑戦してみましたが、あれはほとんど静止している鳥ばかりでしたから。(^^;
でも、今度は(飛行機で)流し撮りに挑戦してみます。

こんばんは。
本日発売されたOM-10はまさにその傾向にそったカメラですね。
EVFに関しては、私のOM-1は実物と比べて露出オーバー気味で色もちょっと偏った感じに見えるときがあり気になっています。

yymoonさん、こんばんは。
そうですね、今後EVFに望む事と言えば色味かもしれませんねぇ。
しかしEVFも発展途上ですから、これからまだまだ良くなると思います。それに期待でしょうか。

こんにちは。
ファインダーを覗いて撮るなら、結局この形が一番使いやすいというわけですね。一番デザインが前衛的なソニーですら、フラッグシップは一眼レフスタイルですし。

ビワさん、こんばんは。
ミラーレスは一眼レフに比べたら同じセンサーを使っても軽くコンパクトに出来る事を喧伝していたのに、最近ではその一眼レフスタイルになるのですから皮肉なものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鉄道三枚 | トップページ | ジャンボも退役間近ですね »