« リスボンの路面電車(2) | トップページ | 新宿御苑近況 »

2014年2月 5日 (水)

映画「小さいおうち」

Image

山田洋次監督作品
映画「小さいおうち」松竹配給
新宿ピカデリーで鑑賞
1月25日より公開中

出演 : 松たか子、黒木華、倍賞千恵子、吉岡秀隆、片岡孝太郎、妻夫木聡、橋爪功、吉行和子、夏川結衣、米倉斉加年 他
原作 : 中島京子
脚本 : 山田洋次、平松恵美子
音楽 : 久石譲
監督 : 山田洋次

現在全国公開中の山田洋次監督最新作、「小さいおうち」を観て来ました。実はこの映画を知ったのは公開直前、テレビのスポットか何かでして、「え!? 山田洋次監督、映画撮ってたの?」と、ビックリしちゃいました。σ^_^;

山田洋次監督を最も尊敬する映画監督として崇めている私です、映画を撮っているとなれば大抵どこかからか情報が入って来るものですが、今回は恥ずかしながら全く知りませんでした。なので、先入観無しで映画を鑑賞出来ました。原作も読んでいませんし。その原作は直木賞を受賞している中島京子さんの「小さいおうち」です。

戦前、赤い三角屋根の家に住む中流階級の平井家に女中奉公していた布宮タキ(倍賞千恵子さん)の葬儀から物語は始まり、遺族がタキの遺品を整理していると、孫の健史(妻夫木聡さん)に渡すように書かれた箱を見つける。その箱の中からノートに書き記したタキの自叙伝(平井家での出来事)が出て来、その自叙伝に従って映画は現代と戦前の平井家が回想という形で交互にストーリーは進んで行きます。

山形の片田舎から東京の平井家に女中として入ったタキ(黒木華さん)は、優しい平井家の奥方、時子(松たか子さん)に可愛いがられながら女中として一生懸命仕事に励む。そんなある日、時子の夫、玩具会社重役の雅樹(片岡孝太郎さん)の部下、板倉正治(吉岡秀隆さん)が平井家を訪れた事から変化が訪れるのです。

どこかに山田洋次監督初のラブストーリーとのコメントがありましたが、やはり私にはいつも通り家族を描いた作品に思えました。確かにラブストーリー(この映画では禁断の恋)と言えなくもないですが、女中タキは平井家(その家族)を守ろうとします。

映画後半、自叙伝の入っていた箱の中に、未開封の手紙が有るのを見付けます。差出人は時子です。これが思わぬ大どんでん返しでした。結果を知るや、私は不覚にも涙が止まらなくなりました。

久石譲さんのサウンドトラックが日本映画には珍しいくらい素晴らしいものでした。ところが、素晴らしい音楽にも関わらず、劇場音響システムの不備か、音が歪んでいるのが残念でした。

映画は晩年のタキ役の倍賞千恵子さんのナレーションで進んで行きますが、お年を召されても相変わらず張りのあるお声です。今でも歌われますと実に美しいお声を聴けますから。女中時代のタキを演じている黒木華さん。私は初めて見る女優さんですが、さすが山田洋次監督のお眼鏡に適った人だけの事はありますね。後半、松たか子さんとの掛け合いなども素晴らしいものでした。

これっぽっちの先入観念も無しにこの映画を観て、私は前作「東京家族」以上の感動を覚えました。しかし、僅か一年で山田洋次監督の最新作が観られるとは、こんな嬉しい事はありませんでしたねぇ、ファンとしては。

« リスボンの路面電車(2) | トップページ | 新宿御苑近況 »

コメント

おはようございます。
山田洋次監督にしては毛色の違った映画なのでは?と思っていましたが、やはり家族を描かれているのですね。原作は直木賞をとったときからちょっと気になっていました。よさそうですね♪

koukoさん、こんばんは。
はい、やはり根底には家族というものが必ず描かれております。
是非、ご覧になってみて下さいませ。

こんにちは。
山田洋次監督作品のわりにはテレビでも採り上げられていない気がします。不思議ですね。
イラストがユニーク。これを見て山田洋次監督を想像するのは難しいそうですが、内容を聞くと、なるほどと思ってしまいます。

ビワさん、こんばんは。
そうですね、私もまったく新作を撮影している事を知りませんでした。ですから、知ったときは本当に「え!」という感じでした。

こんばんは。
私は本も映画も知らなかったのですが、KONDOHさんの紹介文でまずは本を読もうと決意。
さきほどAmazonの中古ハードカバーをポチッとしました。文庫ですと字が小さいので・・・(笑)

cucchi3143さん、こんばんは。
原作を購入されましたか。私は読んでないのです。σ^_^;

おはようございます!

KONDOHさんが「素晴らしい」と言われていた黒木華さん、ベルリン映画祭女優賞(銀熊賞)受賞されました!おめでとうございます。
なんか・・・審査員と同じ意見というのはすごいですね。ニュースで見て、女優さんや山田洋次監督のことよりも真っ先に「KONDOHさんの眼力、すごい!」と思ってしまいました!

ろだごんさん、こんばんは。
黒木華さん、やりましたね!
私の眼力なんてお褒め頂くほどのものではありませんです。(^^;;
やはり起用した山田監督の眼力の凄さです。
過去、山田作品に起用されてから大きく羽ばたいた男優さん、女優さんは数え切れません。
黒木華さんも、これからの活躍が楽しみです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« リスボンの路面電車(2) | トップページ | 新宿御苑近況 »