« 暮れる伊丹空港 | トップページ | 潮の香りを感じて »

2014年3月28日 (金)

復興のシンボル 鉄人28号

Dsc01804
神戸市長田区、若松公園にて

1995年の阪神・淡路大震災で大きな被害を被った神戸市の長田区を久しぶりに訪れました。聞いたところによりますと、長田区は大地震の後、大規模な火災が発生し、壊滅的被害を被ったそうです。

今回私は、公園でお孫さんをブランコで遊ばせているご婦人の方に震災後の復興事業について、いろいろお話しを伺う事が出来ました。

Dsc01814

震災前、この周辺には木造の長屋が沢山在ったとの事です。ご近所付き合いは味噌、醤油を貸し借りするような下町的な雰囲気が残っていたようです。

しかし、地震直後の大火災で焼け野原のようになり、住んでいた人たちは散り散りばらばらに。復興に当って最初に行われた事は区画整理。現在の道路はすべて復興後に新たに造られた為、震災前とはまったく違うそうです。

Dsc01817

ご婦人曰く、復興後の町はとても住みづらいとの事。復興事業の際、元々住んでいた人たちの意見はまったく聞き入れてくれなかったようで、その事に対して大変な憤りでした。

お話しをお聞きしている中で私が一番驚いた事が、被害に遭われた方の中には僅か一万円の援助金すら貰えなかった人が沢山いらっしゃるという事。いろいろと条件があり、その条件に適合していないと一万円のお金すら貰えないのですよ! と、大変憤慨されておりました。

「だから私は東日本大震災の時も寄付をする気になれなかったの。東北の人たちには申し訳ないけど。だって、寄付金がどういう風に使われたかなんて全然発表されないじゃないの! 集まった寄付金を全然別の事に使っているみたいだし」とは、そのご婦人の弁。

お怒り、ごもっとも。私も同じ感想を持っています。

Dsc01821

今回訪れた日、コスプレまがいのイベントが鉄人28号の下で開催されていました。

阪神大震災後の復興と商店街の活動の一環として「KOBE鉄人PROJECT」が立ち上げられ、高さ15.6mにも及ぶ鉄人28号のモニュメントが作られています。

漫画「鉄人28号」の原作者、横山光輝氏は神戸市須磨区のご出身。代表作は他に「伊賀の影丸」、「魔法使いサリー」、「三国志」など。

SONY α7R
FE 28-70mm/F3.5-5.6 OSS

« 暮れる伊丹空港 | トップページ | 潮の香りを感じて »

コメント

 私も一度行かなければいけません。

 実は私の生まれは、ここの比較的近く、長田区なのです。
 商店街ですが、鉄柱などにも震災の後が残っていますし、人々の心の中に様々の傷が残っています。

 父方のおばあちゃんの所は崩壊し、親戚も一時県外に避難していました。母方は、立て直ししています。
 小学生のころ引越ししましたが、被害者の名簿を見ることが出来ませんでした。もしかしたら、幼馴染の名があるかもしれなかったからです。

 私の母親は、震災の時、かなりの長距離を歩いて実家に行っております。その頃は、私は県外で、団体の奉仕活動でいった程度ですが・・・。

 年数がたっても、いろんな思いがありますね。
 

私も何度も同じようなことをお店で聞き報じられていることでご婦人が語られたことは悲しいことに事実ですね。高層ビルが建てられたのですが2F等家賃10数万円以上の店舗も5000円でも入店する人も皆無だとのことです百貨店も閉店し寂れた町となっています。工事のための工事でこれをこちらでは復興災害だと厳しく追求しています。あまり訪れることは無かったのですが下町としていい町でしたよ。
寄付金も語られたとおりで私も相当寄付したのですが使い道は報告されているのでしょうか。
先日でしたかある組織で1000万円近く寄付したが未だになんの音沙汰もない。どこへ行ったのでしょかと嘆いていた芸人がいました。これも不思議なことでどこかの国と同じようになったのでしょうね。
ただこの町で元気なのは鉄人28号のみですね。
長文失礼しました。

pyosidaさん、こんばんは。
そうでしたか・・・、長田区のお生まれだったのですか。
被害者の名簿を見る事が出来なかったとの事。お気持ち分かります。
東日本大震災の時はこちらも全交通網が機能しなくなりました。
同僚の中には5時間掛けて歩いて自宅に帰った人もおります。
地震大国日本、いつも「明日は我が身」を忘れてはいけませんね。

Tokiwaiさん、こんばんは。
ありがとうございます。
現地で、実際に被害に遭われた方の言葉には重みがありますね。
正直申しまして、公園の周辺を歩いた際、住みたいと思うような町づくりには感じませんでした。
ご婦人が実に住みづらい町になった・・・と、おっしゃっていた事を実感するような思いです。
寄付金の事はいろいろなご意見があると思います。難しい問題ですね。

こんにちは。
「鉄人」かっこいいですね。
僕は、使い道の決まっていない寄付はしないです。東北のときもしませんでした。こういうことは税金でやるべきではないかと。
復興事業は規模が大きいだけに利権がからむし、せっかくの税金すらも有効に使われていないのでは、本当に残念です。

ビワさん、こんばんは。
復興のシンボル、という事を忘れたとしても、なかなかかっこいい鉄人28号です。
不透明な寄付金、本当に使い道が分かりませんよね。
しかし、善意で集まったお金はハッキリと使い道を明示して頂きたいものです。
本来は税金で賄うものですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 暮れる伊丹空港 | トップページ | 潮の香りを感じて »