« iPhoneで富士を撮る | トップページ | 空港スナップ »

2014年3月 6日 (木)

フラッグシップ

1944

ニコン D4sが発売されました。量販店では在庫を持っていますので、お金さえ持って行けば直ぐにでも最新鋭のニコン フラッグシップ機が手に入ります。

ですが、仮に今自分がD4sを購入出来る(自由になる)軍資金が有ったとしても、お店に向かう事は無いでしょう。何故か分かりませんが、マイナーチェンジ前のD4が発売された時も食指が動きませんでした。

銀塩時代はF3、F4、F5を新品購入した経験が有るくらいニコン フラッグシップ機に惚れ込んでいます。中古でもF、F2も購入した事が有りますし、新品同様品のF6を安価に入手出来た時は素直に嬉しかったです。

デジタルになってからは多少無理しながらもD1X、D2H、D3を新品で購入し、D2Xは中古で購入と、ついついフラッグシップ機を追い掛けておりました。それなのにD4には不思議と「欲しい、使ってみたい」という気が起きません。

D4s
Nikon D4s

現行のフラッグシップ機なら、ライバルのキヤノン フラッグシップ機であるEOS-1DXの方が私は欲しいです。嘗て、ファインダーはニコン製の方が圧倒的に優れていたのに、現行品は1DXの方がファインダー倍率が大きくて見やすいです。これは店頭で見比べてみれば一目瞭然。もちろんカタログ表記でも差が分かります。

D4、D4sのファインダー倍率は「約0.7倍」とあります。正確には分かりませんが、「約」と付けるくらいですから、実際のところは0.7倍を割っているかもしれませんね。

対して1DXの倍率は「約0.76倍」です。思えば1DXとD4が発売された二年前、店頭で見比べてD4のファインダーの小ささに気持ちが沈んだものでした。(^^;
もしかしたらこれが食指の動かなかった原因かもしれません。

もっともD3も約0.7倍でしたから、フルサイズデジタルのニコン フラッグシップ機はずっとこのサイズで来ているわけです。MF時代と違ってAF時代になってからは各社ともファインダー倍率が小さくなっていますが・・・。

私が愛用しているD800/Eも倍率はD4sと同じ約0.7倍ですが、たま〜に店頭で1DXを覗いてみると「う〜ん、大きくて見やすいな」と、いつも思ってしまいます。(笑)

一眼レフ、ファインダーが命です。ピントの掴みやすさはもちろんの事、倍率は少しでも大きい方が良いですよね。

今日は御託を並べましたが、「どっちにしたってお前、お金無いんだろう!」と問われれば、「はい」と答えるしかないのです。お恥ずかしいですが。
お後がよろしいようで・・・(^^;

※ D4s製品写真はNikon Rumorsより借用しました

« iPhoneで富士を撮る | トップページ | 空港スナップ »

コメント

こんにちは!

自分のブログにD4s欲しい!!!!という記事をあげたら、夫婦げんかになってしまい、結局「使用頻度の低いカメラはすべて整理して、全額献上」する方向で進んでいます。やはり普段の行いでしょうか・・・?(当該記事削除済み・・・)

と、愚痴はこのくらいにして。

AFになった頃から、ファインダーにお金をかけない機種が増えた気がします。
MFカメラははファインダーの善し悪し(倍率、スクリーンの種類、プリズムや内部の銀蒸着のさせ方、視野率・・・)で評価されていたような気がします。もちろん巻き上げの感覚や音など、およそ今のデジカメに望まれていない要素が要求されていました。
AF・デジタルだって、最終的にファインダーでピントを確認しないと。写してから裏蓋(フタではないけど)のモニタとにらめっこしても、ピントの山が来てるかどうかは分かりません。

0.92倍、視野率100%なんて書かれると、「さすが、高いだけはある」と妙に納得したり。
ハイアイポイントなら0.85倍でも迫力あります。
これもまた、古き良き時代の想い出になるんでしょうか?

1Dx、触ってみました。いいですね~~~。
東北では仙台や郡山に行かないと1DxやD4sを触ることができません。D800も。
D610、6Dからはあるんですが・・・(疎)。

私のF3P、インテンスクリーンが入ってますよ!快適です。

ろだごんさん、こんばんは。
どちらも欲しい! お気持ち、分かります。(^^)
D4sで奥様を怒らせてしまいましたか。カメラに関心がない女性にとってみれば、カメラは1台あれば良いではないですか! という事だと思います。(笑)
AFカメラになってからファインダー倍率は下がる一方ですね。コンタックス RTS IIIの倍率も実際のところは0.7倍を割っているそうですし、視野率100%とトレードオフになっているのでしょうか。
欲を言えば0.8倍くらいは欲しいですが、無理でしょうねぇ。
1DX、良いでしょう? 今でも私は欲しいです。

こんにちは。
ニコンのファインダーの狭さはMFからの伝統でしょうか。だいたい公称倍率より低いようですね。フラッグシップ機なのですから、コストをかけても見やすいファインダーにしても良かったのではと思ってしまいます。そうでないと、一眼レフの意味もないですし。

ビワさん、こんばんは。
以前、EOS 7Dの視野率100%のカタログ表記が問題視された事がありました。
後に、メーカーから苦し紛れの訂正と相成りましたね。
そういう観点から見ると、「約」という表記は上手い逃げ方に思います。(^^;;

こんばんは

JR大阪駅で比較的待ち時間があるとき、こちらに出るか、反対側の地下、八百富カメラに行くかしてよく時間つぶししてました。懐かしい光景です。が、よく行くところほど撮らないものですね。^^;

鳥友の一人がD4使ってるんですが、覗かしてもらったのにファインダー倍率がそんな小さいことに気づきませんでした。たしかにMF時代のカメラ、見やすいですよね。デジタル一眼レフ使い始めてしばらくしたころ、自分の手持ちのOM-1を久々に覗いた時に、のけぞるほどに驚いたことを思い出します。

ニコンの新しい800mm F5.6はぜひ使ってみたいのですが、見合うボディが(手が届か)ないので無理な借金をせずに済んでます。爆

ななまるさん、こんばんは。
大阪ではヨドバシさん以外に入った事がありません。ですから散財しないで済んでいます。(笑)
D4と1DX、明らかに倍率が違うのが分かりますので、今度比べてみて下さい。
MF時代のカメラは皆倍率の大きいファインダーでした。
AFになって徐々に蔑ろにされているように感じます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« iPhoneで富士を撮る | トップページ | 空港スナップ »