« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月31日 (土)

The mosaic of twilight

Dsc02265
神戸ハーバーランドにて

今年三月に訪れた神戸ハーバーランド、今回は夕暮れ時に行ってみました。同行者が未だ訪れた事がないので、ここでの夕食も兼ねて。

残念ながら今回は雲が多かったせいか、夕陽にハーバーランドが染まる事無く暮れてしまいました。

Dsc02287

ここでも修学旅行生たちと遭遇。

Dsc02295

お馴染みのコンチェルトです。で・・・、

Dsc02302

乗船した生徒たちはそのままレストランへ。そうです、ディナークルーズなのです。何とも贅沢な修学旅行ですねぇ。

こちらは指をくわえて羨ましく見送るだけ。う〜む・・・、悔しいぞ。(^^;

Dsc02304

出航です。 飛行機は自力でバック出来ませんけど、船はスクリューを逆回転すれば良いので。(笑)

Dsc02277

Dsc02281

潮の香りを含んだ涼しげな風を浴びながらのハーバーランドでのお散歩でした。

※ お知らせ
しばらくの間、スパム書き込みを防止するためコメントは承認制とさせて頂く事にしました。何卒、ご理解頂けますようお願い申し上げます。

SONY α7R
Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

2014年5月30日 (金)

新緑の三室戸寺

N181700
京都・三室戸寺

久しぶりに三室戸寺を訪れました。前回訪れたのは4年前、ツツジが咲き誇っている時でした。その時の様子はこちらに。

N181721

今回はツツジが終わって、紫陽花はこれからという時期ですから、花に関しては丁度谷間に入ったような感じです。

N181722

その紫陽花はまだまだこういう様子です。

N181725

しかしヤマボウシが白い花を咲かせ、緑一色の中で目立っていました。

実は花の名前を忘れていたのですが、「あれはヤマボウシじゃない?」という同行者のひと言で iPhoneで調べてみると、新宿御苑でも私は撮影していました。(^^;

N181682

こちらも観光客は時折ちらほら見える程度で、本当に静かでした。境内ではトンボが沢山飛んでいます。もうギンヤンマも飛んでいるのですねぇ・・・。

で、階段を上がる際、目の前に・・・、

N181667

なんと苦手なトカゲが・・・(^^;

ニホントカゲですが、子供の頃、近所の遊び友達と「電気トカゲ」と呼んでいました。日に当たるとキラキラ体が光るところからそう言ってたのでしょう。子供時代、私だけでなく、友達みんなが怖がっていましたから。(笑)

Nikon D7100
AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR

2014年5月29日 (木)

世界遺産 平等院

N181601
京都・平等院 鳳凰堂(国宝)

京都の貴重な文化財として世界遺産に登録されている平等院です。写真はお馴染み、鳳凰堂の姿です。

入り口で頂いたしおりによりますと、永承7年(1052)、関白藤原頼通によって父道長の別荘を寺院に改め創建された、とあります。長い年月、補修しながら保存されて来たのでしょうね。

N181612

阿弥陀如来像を正面からレンズのテレ側で撮影。外からも顔が見えるように穴を開けてあるんですよねぇ。

N181619

屋根の鳳凰を捉えてみました。

N181630

鳳翔館に入り、菩薩像や絵画を見ましたが、どう表現したら良いのか、とにかく感動しました。

N181631

鐘楼の彫刻がまた見事です。こういった彫刻が見られる鐘楼は他では見られないとの事です。

修学旅行の学生たちと遭遇しましたが、果たして自分は修学旅行でここへ来たのか、記憶がないです。中学生の頃って、神社仏閣になんて興味を持ちませんでしたから。多分、ほとんどの方がそうなのでは? (^^;

Nikon D7100
AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR

2014年5月28日 (水)

永観堂の新緑

N181504
京都・永観堂 禅林寺にて

南禅寺の後はお決まり、お隣の永観堂へ。

ここも桜や紅葉のシーズンは観光バスが何台も境内に入って来て、南禅寺以上の喧噪になりますが、今は信じられないくらいひっそりとしています。昨年訪れた時は貸し切り状態でしたから。(笑)

N181484

新緑を楽しみに来る人が少ないという事なのでしょうね。そのお陰で静かで情緒たっぷりの京都を楽しめるわけです。

N181495

俯瞰写真ですが、落ち葉が一枚、アクセントになっていたので。

N181500

そうそう、こちらは桜と紅葉シーズンに拝観料を値上げするので、その点だけ「何だかなぁ・・・」と。(^^;

N181501

ちくりと不満をひとつ上げましたが、秋の紅葉は確かに見事ですよね、永観堂は。

当然、新緑も見事です。

Nikon D7100
AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR

2014年5月27日 (火)

南禅寺の青モミジ

N181423
京都・南禅寺にて

昨年に続いて、京都の青モミジを撮影して来ました。今回もこれまた昨年と同じく最初に訪れたのは南禅寺です。

N181424

桜や紅葉の時期は大変な数の観光客でごった返す、京都でも人気の南禅寺ですが、桜を過ぎると実にゆっくりと鑑賞と撮影が出来ます。

N181472

よくテレビドラマなどに使われる水路閣、この写真だけを見ると紅葉の時季かと誤解されそうです。(^^;

N181466
南禅院方丈庭園

南禅寺の別院も訪れる人も少なく、桜の時期が嘘みたいに静かで落ち着けます。都会の喧噪を忘れ、ゆったりと流れる時間。

N181461

桜と紅葉だけが京都ではないです。今の時期も実に魅力を感じる京のひと時。

Nikon D7100
AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR

2014年5月24日 (土)

子安

Img427
横浜・子安にて

また・・・またまた運河の風景です。(^^;

今回は横浜の子安ですが、ここも過去にご紹介済みですね。直近では昨秋、M型ライカでお散歩した時の写真を掲載しています。

Img428

前回はネガカラーでの撮影でしたが、今回はポジを使っています。ピーカンの天候だった事もあって、ハイコントラストの写真になりました。

賑やかに小さな宴会が行われています。

Img437

可愛い鯉のぼりが見えたので、一枚パチリと。

さて、出掛けて来ますので、明日、明後日の二日間、ブログをお休みさせて頂きますので、よろしくお願いします。

Nikon F6
SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM
Fuji RDP III

2014年5月23日 (金)

新橋のSL

Img379
東京・新橋駅前にて

そういえばこの駅前広場にSLが置かれていたのですねぇ・・・。
昨年暮れも新橋で下車したのですが、その時は汐留のイルミネーションを見に行く事が目的でしたので、この広場の方には出ませんでした。

Img382

鉄道発祥の地ですから、記念として置かれても何ら不思議はないわけですよね。調べたら、鉄道100周年を記念して置かれたようです。

Img380

いえ、お酒はまったく飲めないんです(意味不明)。(笑)

Img384

いや~・・・この将棋台の大きさには驚きました。駅前ではこんな事もやっていたのですねぇ・・・。人だかりもそれなりでした。

LEICA R7
Summilux-R 35mm F1.4
Fuji RDP III

2014年5月22日 (木)

昭和が香るガード下

Img407

もう、すっかりお馴染みのガード下。私もここは何回撮影しているか分からないほど。

薄暗い場所ですから、本当はフィルム撮影より高感度に強いデジタルカメラの方が撮りやすいと思います。

Img410

このポスターも時間の経過を感じます。東京・青梅市が町起こしの一環として往年の映画の看板をあちこちに掲げていますが、こちらはそういう意味合いはないと思います。

しかしながら、こちらのガード下も時代がかっていますね。

Img412

それなりにお客さんが入るようで、結構繁盛しているのではないでしょうか。

ところがこのガード下を一歩出た両側は、コンクリートジャングルの喧噪地帯なのですから面白いです。

記事とは直接関係ない話しですが、懸案だったプリンタの買い替えをようやく決心しました。売価が先月より2万円も安くなっていたので決めたのですが、モデルチェンジでもするのでしょうか。プリンタ事業の見直しが発表されましたし。

今まではプリンタを安く販売して、インクで利益を上げていたわけですが、これからはプリンタで利益を得る方針にするらしいです。となると、新製品は高くなるという事なのでしょう。昼に購入、夕方には拙宅に運ばれて来ました。早いですねぇ。

435

LEICA R7
Summilux-R 80mm F1.4
Fuji RDP III

2014年5月21日 (水)

ライカ銀座スナップ

Img403
東京・銀座にて

GWのお休みの時からフィルム撮影を結構しておりまして、現像に出していたものが上がって来ていますので、今日もフィルム写真です。まだ、スキャニングをしていないものありまして、やはりデジタルより手間が掛かりますね。

Img397

ライカ一眼レフカメラ、親指で一枚一枚フィルムを巻き上げての撮影です。ピント合わせもマニュアルですから、これこそ写真撮影本来の姿かも。(笑)

Img401

この日は歩行者天国でした。車が走っていない銀座、良いですねぇ。何たって広い車道を闊歩出来るのですから。

Img387

以前、ここには随分通いました。クラシック音楽の輸入スコア(総譜)を購入するためですが、もちろんディスクの輸入盤漁りもしました。最近はお店の中に入っていませんが、中は随分変わっているでしょうね。

ライカ一眼レフ用大口径中望遠レンズ。ファインダーが明るくて撮影が楽しいです。中望遠レンズと言えば85mmが通り相場ですが、ライカは何故か80mmなんです。

LEICA R7
Summilux-R 80mm F1.4
Fuji RDP III

2014年5月20日 (火)

運河に見る風景

Img370
東京・北品川にて

品川まで、鬼海弘雄さんの写真展(INDIA 1982-2011)を見に出掛けたのですが、その後久しぶりに北品川の運河周辺を歩いてみました。

Img371

先日の浅草橋と同じような風景ですが、どうも私はこういう風景が好きなものですから・・・(^^;

Img374

確か前回訪れた時にはデジタルカメラでの撮影でしたが、今回はフィルム撮影です。久しぶりに手巻きのMFカメラ。撮影中、巻き上げを忘れてシャッターボタンを押してしまった事が一度ありました。(笑)

さてフィルムの事ですが、もう止めようかと逡巡したものの、そうすると今持っているフィルムカメラが死蔵してしまいます。特に自分の場合はハッセルブラッドが使えなくなるのは写真撮影の楽しみが大きく後退しちゃいます。

なので、またまたブローニー、35ミリ判のネガ、ポジ、モノクロと買い込んでしまいました。ただ、愛用のモノクロ TRI-Xが現在品切れ中なので、お店にまとめてオーダーしました。

LEICA R7
Summilux-R 35mm F1.4
Fuji RDP III

2014年5月19日 (月)

バラと路面電車

P602240

地元ボランティアの方々のお陰で、都電荒川線の沿線に今春もまたバラが咲き誇っています。今年何回目になるか、都電荒川線を撮影して来ました。

P602192

沿線にバラ、華やかで良いですね。

P602206

老若男女、カメラを持った人がさすがに多いです。やはりこの時期に撮影しなくて、いつ撮影するの!・・・て、大袈裟。(笑)

P602220

大好きな路面電車の都電荒川線、その沿線にバラの花が彩りを添えて、今自分にとって最高の被写体です。

SONY α7R
Zeiss Distagon T* 28mm F2.8 MMJ
Zeiss Makro-Planar T* 60mm F2.8 AEJ

2014年5月18日 (日)

旧古河庭園

P602107
東京都北区、旧古河庭園にて

春バラの季節になりましたねぇ。そこで旧古河庭園に行ってみました。

P602138
ライラック ビューティ

しかしまぁ〜・・・昨日の強い日差しには参りました。花の撮影には厳しい光の具合です。ぼやいても仕方ないですね。

P602082
プリンス オブ ウェールズ

更には凄い人出でして、入り口から長蛇の列。新宿御苑の方が落ち着いて撮影出来たかも・・・と、無い物ねだり。(^^;

P602102

それにしても庭園としては広いですよね。これが元々は個人の所有物だったのですから驚きます。

とは申せ、あまりの混み具合に嫌気がさしてしまい、早々に退散。(笑)

SONY α7R
Zeiss Makro-Planar T* 60mm/F2.8 AEJ

2014年5月17日 (土)

SPUでビートルズを聴く

P20387
THE BEATLES "A HARD DAY'S NIGHT"

元ビートルズのポール・マッカートニーが日本公演の為に来日したそうですね。それに合わせたわけではないのですが、実はここ最近、ビートルズのレコードにハマっております。

大変遅れて来たビートルズファンの私です。(笑)
何しろ初めてビートルズのディスクを購入したのが2009年9月の事。その時の記事に詳しく書きました。

正確には単売されている"A HARD DAY'S NIGHT"のCDを購入後、CD BOXを予約購入したわけです。もうすぐ5年になるのですね。で、その後、赤盤、青盤のCDも購入、そして来日45周年を記念した日本オリジナル企画のドーナツ盤も購入。更に更に、昨年発売された"THE U.S. ALBUMS"というCD BOXも購入しました。(^^;

P20399
THE BEATLES "HELP"

さて、本題のレコードの話し。前述したディスクはドーナツ盤を除くとすべてCDでした。しかし昨年8月、30cmLPのBOXまで購入しちゃったわけですね。その時の記事はご記憶の方もいらっしゃる事と思います。

その大物LP BOXをシュアーのV-15 Type III というカートリッジで何枚か聴いて来ました。そのカートリッジはこれです。↓

P18431
SHURE V-15 Type III

嘗てのMM型人気カートリッジでしたが、たまたまプレイヤーに装着していたのがシュアーだったので、そのまま聴いたものの、イマイチだったので他のカートリッジに替えたりもしました。

ところがここへ来て、しばらく使っていなかったオルトフォンのSPUが案外ビートルズに合うのではと試しに替えてみました。

P18422
ortofon SPU Classic GE

そうしたらシュアーの比較的スリムな音調とは打って変わり、ふくよかな音調とヴォーカルの伸びに艶が加わり、このところすっかりSPUで聴くビートルズにハマる事となったわけです。

シュアーで聴いた"A HARD DAY'S NIGHT"もSPUで聴き直してみると全然印象が違う。重い針圧で音溝をなぞって行くSPUがこの時代の録音にマッチしたのかもしれません。私のSPUはシリーズ中でも安価な製品ですが、その音はやはりSPUの個性を継承していると思います。

ウィリー・ボスコフスキー指揮ウィーン・フィルによるJ.シュトラウスのワルツ「南国のバラ」の演奏が大好きでして、英デッカでカッティングされた特製180g重量盤をこのSPUで聴くと何とも言えない弦楽器の艶が味わえるのですが、トーンアームを選ぶのが難点ですね。

P18428

SPUの下カバーを外して聴くとまた音調が微妙に変化します。少し抜けが良くなりますね。人によってはヘッドシェルからカートリッジのみを外して他社のヘッドシェルに付け替えている人もおります。しかし、SPU本来の個性はオリジナルのシェルに装着されたままの方ではないかと思います。まぁ、これはユーザーそれぞれのお好み次第ですね。

そういった事は置いといて、今の私は夜な夜なSPUでビートルズを聴くのが楽しみになっている今日この頃であります。(^^)

2014年5月16日 (金)

浅草橋界隈

Img351_2

撮影日が前後しますが、今日は浅草橋でのスナップです。総武線ガード下周辺が歩いていて面白かったです。都内とは思えない雰囲気でした。

Img344

コンパクトカメラで撮影しているからでしょうか、歩いている人はほとんどこちらを気にしませんですね。

Img340

このカットは何故だかピントが左に抜けています。T2はたま〜にこういう事があると聞いていますが、デジタルでないので撮影後の確認が出来ません。(笑)

Img345
三本の矢

人形の町なので、最後はこのカットを。

しかし最近は銀塩コンパクトカメラで撮影している人をほとんど見掛けなくなりました。「写ルンです」でさえ、見なくなりましたよね。ちょっと寂しいです。

CONTAX T2 / Sonnar T* 38mm/F2.8
Fuji NEOPAN ACROS 100

2014年5月15日 (木)

鶴見川

S504525
鶴見川(横浜市鶴見区生麦)

久しぶりに訪れてみたら、すっかり護岸工事が完了して、見違えるような風景になっていました。

S504527

自転車が行き交い、更にはジョギングをしている人も多いのです。寅さん映画に登場する江戸川堤のような風景を思い起こさせます。

S504550

橋梁を走る鶴見線が見えます。・・・って、狙って撮っているのですが。(^^;

手前ではチアリーダーさんたちなのか、一生懸命練習をしていました。

S504560

この辺りは昔ながらの造りの家が多かったのですが、大分建て直されたりして、風景が変わりました。

S504562

今は人が住んでいるようには思えない建物もちらほら・・・。

護岸工事が完了して風景が一変してしまった鶴見川沿いをご覧頂きました。

Nikon D800
SIGMA 50mm/F1.4 EX DG HSM

2014年5月14日 (水)

国道駅

S504487
JR鶴見線「国道駅」

国道駅、ご存知でしょうか?

JR鶴見駅から出ている鶴見線に乗車すると、最初の駅が国道駅です。前の道路が国道15号線、通称第一京浜道路なんです。ご存知、お正月の箱根駅伝で選手たちが走る道路です。

S504489

駅構内はご覧の通りで、無人駅です。もちろんここは横浜市ですよ。(^^;

S504517

とにかく暗いです。壁がベニヤ板で覆われているところが多いのですが、多分・・・昔は何らかのお店が在ったのだと思います。現在、焼き鳥屋さんの看板が出ているところが在りますので。もっとも、営業しているのかは分かりません。

S504508

さすがにホームへ上がる階段周辺は幾らか明るいです。鶴見線は京浜工業地帯に向かう路線ですから、朝夕は通勤客で賑わうと思います。

S504521

裏のガード下です。この先は鶴見川。

S504494

この車両が鶴見線です。このカットだけなら高架上を走る普通の電車なのですが。(^^;

Nikon D800
SIGMA 50mm/F1.4 EX DG HSM

2014年5月13日 (火)

浅草橋

Img329
東京・浅草橋にて

フィルム写真が続きますが、今日の写真もGWの休み中に撮影したものです。

浅草へと連なるこの神田川に架かる浅草橋。橋上から見るこの風景に、何となく郷愁を感じます。と申しますのも、物心付いた頃から小学五年生まで、私は以前ご紹介した桜並木のある大岡川を前にして育ちました。

Img339

ですから運河やこうした川に惹かれてしまうわけです。まして屋形船などが係留してあるともういけません。(笑)

こういう風景を見ると我慢出来ずに撮影しちゃいますね、私。

Img336

そうそう、浅草橋の袂にたい焼き屋さんが在りまして、道行く人が次々に買って行くので、私も買ってみました。

可愛い売り子さんが「あんこが熱いので気を付けて下さい」と声を掛けてくれました。いや〜・・・美味しかったです。本当に舌がやけどしそうなくらいあんこが熱かったのですが、皮はパリパリで実に良い食感でした。薄いしっぽの部分まであんこがたっぷりでした。(^^)

生憎天候はどんよりとした曇り空で、少々肌寒かったです。久しぶりに富士フィルムさんのモノクロフィルムをコンパクトカメラに詰めての撮影でした。

CONTAX T2 / Sonnar T* 38mm/F2.8
Fuji NEOPAN ACROS 100

2014年5月12日 (月)

ハッセルブラッドの終焉

Img324
東京・原宿にて(以下同じ、GWに撮影)

昨日、拙ブログに時々コメントを頂いているgolfkiddsさんからお教え頂いたのですが、ハッセルブラッドが売却されるかもしれない・・・という記事を知りました。

ハッセルブラッドと言えばスクエア、真四角写真(Vシステム)です。誰もがそのイメージを持っていると思います。しかし、そのVシステムを止めた時点で私にとってのハッセルブラッドは終焉を迎えたのと同一でした。嘗て、ライカ社が35ミリ一眼レフのRシステムを終了した時点で私のライカが終わったのと同じく。

Img325

しかも、最近になってソニーさんのコンパクトデジカメ RX100、ミラーレスカメラのNEX-7、α7R、一眼レフタイプのα99に妙な形のグリップを付け加え、更に外装の色を変えただけで数十万円、百数十万円という気が違ったかと思わせる価格で販売するに及んで、バカバカしさを通り越して情けなくなってしまいましたから。

企業というのは初代が苦労して築き上げたものを、二代目、三代目でダメにする、という事が良く言われておりますが、ハッセルブラッドも同じような感じですね。ハッセルブラッドファンの私としては残念と言うか、大変悔しいのですが。

Img322

ひと言で言えば「デジタル化の波に乗れなかった」わけですが、富士フィルムさんと提携して中判645のシステムに移行した時から私自身は嫌な予感がしていました。何たってボディもレンズもすべて富士フィルムさん任せだったわけですから。

富士フィルムさん製造の日本製であるのに、エンブレムだけ「HASSELBLAD」を付けて、ボディもレンズもバカ高い価格で売り始めました。もっともその前にパノラマ撮影出来るカメラで協業しておりましたが、その時もすべて富士フィルム製でした。

ハッセルブラッドのイメージであるスクエア写真を生かすデジタル化が出来なかったのでしょうかねぇ?

素人の私がそんな事を言ったって、ハッセルブラッド社も生き残る為にやって来た事業なのでしょうから。夢ですが、ソニーさんがハッセルブラッドのブランドを買い取って、改めてスクエアの中判デジタルカメラでも作ってくれると嬉しいのですが。はい、本当に夢話しです。(^^;

HASSELBLAD 203FE
Zeiss Planar T* CFE 80mm/F2.8
Fuji RVP F

2014年5月11日 (日)

ハッセルでお散歩

Img321

春の陽光を浴びながら、お気に入りのハッセルブラッドを持ってお散歩です。

35ミリフルサイズのデジ一眼を持って歩く時、「重いなぁ〜」と、ぼやく時もあるのですが、何故かハッセルブラッドを持ってのお散歩時はそういう事を感じないのです。何故かなぁ?

Img317
鯉のぼり

そのハッセルブラッドもフィルムの供給が無くなったら使う事が出来ません。専用のデジタルバックは150万円もしますからねぇ。私には雲の上のお話しです。(^^;

Img317

新緑が眩しい季節になりました。

こうした公園も愛犬を連れてお散歩をする方が多いです。先のゴールデンウィークもそれなりにフィルムを消費しました。

フィルム撮影、カメラを使っている・・・という実感がデジカメ以上に感じますね。

HASSELBLAD 503CW
Zeiss Planar T* CFE 80mm/F2.8
Fuji RVP 100

2014年5月10日 (土)

富士花鳥園

N244306
ベンガルワシミミズク

先月、富士山を撮影に行った時に寄った、富士花鳥園での写真を今日は。全店オープンが4月21日でして、私らが訪れたのが23日でした。

温室内は沢山の球根ベゴニアが見られ、それは見事です。その他、フクロウやミミズクも種類豊富です。大温室がこの冬の大雪で押し潰されてしまったそうで、訪れた日も復旧工事が行われておりました。

N244343

この日、屋外でバードショー(1回のみ)が行われまして、タイミング良く見る事が出来、ラッキーでした。

N244367
ハヤブサ

こんな間近でハヤブサを見るのは初めてです。なかなかの迫力。バードショーでハヤブサの急降下を見ましたが、やはり速いですね。

N244450
アカアシモリフクロウ

つぶらな瞳。(^^)

N244376
ブラックスワン

大人も楽しめる富士花鳥園、場所は朝霧高原です。

Nikon D800
AF-S NIKKOR 24-70mm/F2.8G ED

2014年5月 9日 (金)

私の愛聴盤 第13回

Jacobs

Come fly with me/Trio Pim Jacobs

1. I'VE GOT THE WORLD ON A STRING
2. SPRING WILL BE A LITTLE LATE THIS YEAR
3. COME FLY WITH ME
4. AUTUMN LEAVES
5. WHO CAN I TURN TO
6. I LOVE YOU
7. BODY AND SOUL
8. SULTRY SERENADE

PIM JACOBS(p)
PETER YPMA(ds)
RUUD JACOBS(b)

1982年、オランダで録音
PHILIPS PHCE-10044(廃盤)

今日は私の愛聴盤をご紹介させて頂きます。オランダ出身のジャズピアニスト、ピム・ヤコブスのトリオによるリーダーアルバムです。ご紹介しているのはCDですが、後に30cmLPも入手しています。このジャケット写真は30cmLPの方が断然良いですね。

ジャズとは言ってもBLUE NOTE盤のようなゴリゴリのハードバップとは違い、実に洗練されたピアノトリオですから、BLUE NOTE系がお好きな方には少し物足りないかもしれません。

しかし、私は入手以来、大のお気に入り盤となっておりまして、今まで何十回聴いて来たか分かりません。一曲目、ピアノソロによるイントロから始まるミディアムテンポの演奏からすでにこのアルバムの個性が表出しており、とても気持ち良くスイング出来るでしょう。もし、CDにこの一曲だけしか収録されていなかったとしても(有り得ない事ですが)、私は充分に満足出来ます。そのくらい、この演奏には聴き惚れてしまっているのです。

二曲目、音を抑え気味に演奏していますが、これも良いですね。ベースが良い感じに響いて、とても心地良いです。

そして、アルバムタイトルにもなっている三曲目、フランク・シナトラの歌でもお馴染みの曲です。この演奏も何回聴いても飽きが来る事なく、素晴らしいとしか言いようがないのです。アドリブに入ってからのピアノが絶品! ここでも合いの手のベースがまた上手い!

四曲目はどなたもご存知、シャンソンの名曲「枯葉」です。ここでは三曲目までとは打って変わり、速めのテンポでピアノがコロコロ転がるように聴こえて来るのですが、この演奏もまた足が思わず貧乏ゆすりのようにスイングしちゃいます。(笑)

とまぁ・・・、一曲一曲コメントを入れていると長くなってしまいますのでこの辺にしておきますが、とにかく私に騙されたと思ってこのCDを買ってみて下さい。絶対・・・気に入って頂けると思いますので。

私所有のCD番号はすでに廃盤となっておりますが、Amazonさんで調べてみたらその後の再発盤がまだ新品で手に入るようです。是非、是非・・・お聴きになってみて下さい。全八曲、すべて素晴らしい演奏ですから!

肝心の音の方ですが、蘭フィリップスの録音ですから悪かろうはずがありません。とても良い音で収録されていますよ。

2014年5月 8日 (木)

一眼動画にハマる!?

P20101

スチル写真は撮っても動画はやらない、という方がほとんどではないかと思います。しかし私の場合は逆で、スチル写真より先に動画に興味を持ちました。ですから動く映像を撮るビデオカメラ、撮ったものを再生する映像装置、この場合は当然テレビやプロジェクター等ですね。

それら映像再生装置も可能な限りの大画面と高画質の録画再生機器に随分前から関心がありました。自分で映像を撮る機械と言えば先ずビデオカメラですね。しかし、以前は民生機でもそれなりのお値段でなかなか手が出なかったものですが、デジタル化してからは急速に一般人にも入手しやすくなりました。

367
SONY HDR-FX1、Panasonic DMC-GH2

で、左が今まで私が趣味(飛行機や鉄道etc.)の撮影に使っていた国産ハイビジョンカメラの記念すべき第1号機SONY HDR-FX1です。ご存知かと思いますが、それまで普及していたDV方式のMini DVテープにハイビジョンの映像をデジタル記録するカメラです。俗にHDVと言いまして、フルハイビジョンの1920x1080ドットではなく、現在の地上デジタル放送と同じ1440x1080ドットでの再生になります。

ほとんど同じで型番違いの業務用機も同時に発売されており、未だに銀座通りなどでこのカメラを使って街頭インタビューをしているのを見る事があります。ハイビジョン普及期には業務用としてのデファクトスタンダードとなった方式のカメラなんです。

P14110

ところがです、Panasonicさんのm4/3センサー機の中でも特に動画撮影に特化したGHシリーズの第二世代機、DMC-GH2で最近動画を撮ってみたのですが、予想以上の高画質ぶりに私自身驚きを禁じ得ません。実はこのカメラ、拙宅に有りますが実際は私が購入したものではなく、試しに動画を撮ってみようという軽い気持ちが最初でした。

先ずは都電荒川線の撮影に使い、帰宅後にBlu-rayレコーダーへ無劣化でダビングしてから80インチスクリーンにフルHDプロジェクターを使って再生してみたら、前述の通り自分の予想以上の高画質にビックリしたわけです。音の収録については外付けのマイクを使っていますので、愛用のオーディオ装置から流れ出る音も実にリアルです。

その後は江ノ電の撮影に使ってみました。大きく重いSONY HDR-FX1の画質に負けず劣らずです。いや、解像度ではGH2の方が上です。まぁ、これはFX1の1440x1080ドットに対してGH2はフルハイビジョンの1920x1080ドットですから、仕方ないのかも。

P14076

しかし、人目を惹く大きなFX1を持ち出さなくても、遥かにコンパクトなGH2でも80インチスクリーンに負けない高画質で映像を楽しめる事を知ってしまいました。(笑)

FX1を使う時は、三脚だけで7kgもあるものを使っています。まさに体力勝負。(^^;
それがGH2ならもう一台の軽い三脚で済みます。専用のビデオカメラを持っていた為に、デジタル一眼レフやミラーレスカメラの動画機能はまったくと言って良いほど使っていませんでした。

ところが専用ビデオカメラに比較したら遥かに大きいセンサーを使っているデジタル一眼の動画にはゆとりのようなものを感じました。FX1のセンサー、3CCDとは申せ、1枚のサイズは1/3インチですから、m4/3やAPS-Cとはセンサーサイズの面では圧倒的に不利ですね。何となく大きく重いFX1の出番が無くなりそうです。

371
SONY HDR-CX560V

もっとも、いつもFX1を持ち出していたわけではなく、気軽な撮影にはこのホームビデオを使う事もあります。これも大分前に購入したものですが、内蔵マイクは5.1chで録音出来ます。(笑)

デジタル一眼の動画機能、お使いになった事がない方には是非一度試してみる事をおススメします。多分、眼から鱗、だと思いますよ。

※ 動画を試される時の基本的な事を。先ず、シャッタースピードは1/60秒に固定して下さい。なので、明るい日中下ではNDフィルターが必要になりますのでご用意下さい。滑らかな動画を楽しめますので。

最近発売されたばかりのGH4、今度は4K動画が撮影出来るのですよねぇ・・・。

Panasonic DMC-GH2
G 20mm/F1.7 ASPH.
G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S.

2014年5月 7日 (水)

猛禽類

N181389
オオワシ

日本に生息、或は飛来する野鳥の中で最大と言われるオオワシ。見応えありますね。

N181403

二羽で鳴き合っているところを撮影。オオワシの鳴き声を初めて聞きましたが、体が大きいからか、鳴き声も大きかったですねぇ。

N181338
オジロワシ

オオワシより少し小さいですが、オジロワシもなかなかの迫力。北海道ではかなりの数のオジロワシが留鳥として生息しているようです。

N181331

本来なら北の大地で、野生のオジロワシを撮影したいところですが、いつか・・・(^^;

N181326
ダルマワシ

こちらはアフリカでしか生息していないダルマワシ。オオワシやオジロワシに比べると、少々迫力の面で負けるかな?

という事で、今日は珍しい写真を掲載してみました。(^^;

Nikon D7100
AF-S NIKKOR 18-200mm/F3.5-5.6G ED VR

2014年5月 6日 (火)

中野路地裏散歩

P20319
right now!(BLUE NOTE 4215)

先日、友人にお付き合いして東京・中野の某カメラ店へ。買い物が済んだ後、周辺をぶらぶら歩きながらのお散歩写真をしましたので、今日はその時のお気軽スナップ写真です。

モダンジャズがお好きな方なら、「あ! マクリーンのあのジャケット!」ですね。(^^)

P20367

月よりの使者。

P20323

この周辺は結構人が歩いています。

P20343

ショッキングピンク、ならぬショッキングレッドですね。(^^;

P20324

定番の自転車。(笑)
実はもう少し強烈なものも撮っているのですが、少し品がないので掲載を止めて、こちらを。

P20354

今日のようなお気軽スナップには軽い単焦点レンズがピッタリだと、再確認です。

Panasonic DMC-GH2
G 20mm/F1.7 ASPH.

2014年5月 5日 (月)

幸せの黄色い電車

N181284
KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN

5月1日から運行を開始した京浜急行電鉄の「京急イエローハッピートレイン」を早速撮影しました。

新1000形の8両編成に特別塗装したもので、京急線のイメージカラー「赤色」と、「京急ブルースカイトレイン」の「青色」、そして今回の「黄色」との3色でしばらく運行されるようです。

N181299

ちなみに青色の「京急ブルースカイトレイン」は、羽田空港第2旅客ターミナルの開業に合わせて2005年3月から運行されています。こちらは600形と2100形の2編成。

N181305

この日、私は「黄色」の京急線を初めて見たわけですが、実に不思議な気持ちでした。

N181315

ホームを通過して行くと、

「あ! 黄色い電車だ!」
「あれ〜・・・京急に黄色い電車なんて有った・・・?」

という声が聞こえました。(笑)

私自身も物心付いた時から地元京急線といえば「赤色」というふうに馴染んでおりますので、「黄色」はまだ違和感があります。(^^;

時々、「青色」の「京急ブルースカイトレイン」を見たり、乗ったりすると何か新鮮な気持ちになります。さて、「黄色」に乗る時はどういう気持ちになるのかなぁ〜?

Nikon D7100
AF-S NIKKOR 18-200mm/F3.5-5.6G ED VR

2014年5月 4日 (日)

フィルムで富士を

Img306_2
山中湖パノラマ台にて

今日の写真は中判カメラでフィルム撮影した富士です。

以前、「PLフィルターの功罪」で掲載した写真と同じ場所で撮影しています。あちらはデジタルカメラで撮影し、わざとコントラストを強調していました。

しかし、こちらも使ったフィルムがベルビアですから、それなりに彩度の高い発色です。PLフィルターを使って少し反射を抑えて撮影していれば、雪を被っている部分の山肌がもう少しリアルに描写出来ていたかもしれませんね。

Img309
河口湖にて

ここもデジタル撮影したものを掲載済みですね。

最近はフィルム撮影する人がめっきり少なくなりました。現状はフィルムの将来が危ぶまれる状態。銘柄も随分減りましたねぇ。

私のところは昨春、値上げ前にごそっと買い置きしておいたフィルムがほとんど無くなりました。ブローニーの120は残り僅か4本。35ミリも富士のPRO 400がこれまた残り4本。さて、今後どうしますかねぇ・・・?

PENTAX 645N II
smc PENTAX-FA645 80-160mm/F4.5
smc PENTAX-FA645 45-85mm/F4.5
Fuji RVP 100

2014年5月 3日 (土)

江ノ電湘南風景

P140303

昨日は暑かったですねぇ・・・。そういう快晴の中、湘南の海風に当たりながら、江ノ電を撮影して来ました。とは申しても、メインはビデオ撮影なので、スチル写真はほんの少しだけ。

P14086

鎌倉高校前駅です。海沿いの国道134号は相変わらず車が多いですね。

かたせ梨乃さんがマドンナ役を努めた寅さんシリーズ第47作「拝啓車寅次郎様」で、甥の満男と寅さんがこの駅で別れるシーンを思い出します。

P14089

うう・・・、江ノ電が後ろの車と被ってしまった・・・。

初夏のような日差しだった昨日。湘南の海が映えておりました。

P14081

これぞ湘南の海。サーフィンをしばらく見ていたのですが、残念ながら上手い人がいない!(^^;

P140128

江ノ電、唯一のトンネル。そのトンネルを抜ける瞬間を捉えてみました。

しかし、昨日は平日なのに、何故あんなに人が多かったのでしょうか? 江ノ電も満員です。平日とは言っても、やはりゴールデンウィークで休みの人が多いのでしょうね。そういう自分もですが。(笑)

余談ですが、GH4で撮影した4K動画をヨドバシさんで見ましたが、いや〜・・・素晴らしかったです。GH4は多分、プロの現場でも使われるでしょうね、きっと。

Panasonic DMC-GH2
G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S.

2014年5月 2日 (金)

城南島海浜公園にて

C120819
ANA B787-8 Dleamliner(JA825A)

今日も先日の城南島での撮影分です。

↑ 本年2月に登録されたばかりのB787 ドリームライナーの25号機。全日空さんのB787も随分と増えました。バッテリー関連でひと頃お騒がせしていましたが、私はもう何回乗っているのか分からなくなりました。(笑)

C120668

Dコースへのランディングシーンを城南島から撮影しています。自分の撮影場所からは5km近く離れていますが、合成焦点距離約900mmですと、ここまで大きく撮影出来ます。

C120701
中国国際航空 A330-200(B-6117)

前は羽田空港です。Bコース 16L(第2ターミナル側)にエアチャイナのA330がテイクオフの体制に入るところ。2枚目とは色味が違いますが、逆光なので。

C120795

そのR/W 16Lから離陸した全日空機を捉えてみました。

C120800
ANA B737-800(JA51AN)

城南島での撮影、夏は暑いですよぉ〜・・・。これからここへ行って撮影してみようと思われた方、水分補給を忘れずに。女性の方は紫外線対策も忘れずに。

飛行機を肉眼で間近に見る事が出来る城南島。楽しいですよ、是非行ってみて下さい。

Nikon D7100
SIGMA APO 120-300mm/F2.8D EX DG HSM
SIGMA APO TELE CONVERTER 2x EX DG

2014年5月 1日 (木)

都電、大塚駅前

S902019

また、都電荒川線です。(^^;

新宿御苑を出たものの、まだまだ明るいので少し足を伸ばしてJR大塚駅で下車。周辺で荒川線をちょこっと撮影。(笑)

S902028

大塚駅前のロータリーが工事中で、どのように変化するのでしょうか?

S902000

使ったレンズはご存知京セラ時代にGシリーズとして発売された90mmの中望遠レンズ。カメラ(G1&G2)のAFではピントに不安があって人気のなかったレンズですね。

一時は中古市場でも1万円するかしないかという不遇のレンズ。しかし3600万画素のα7Rでも不足のない描写には恐れ入りました。等倍で見ても文句ありません。さすがZeissブランドを名乗るだけの事はあります。

S902010

もうすぐこの辺りはバラの花で飾られます。楽しみですね。

SONY α7R
Zeiss G Sonnar T* 90mm/F2.8

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »