« 猛禽類 | トップページ | 私の愛聴盤 第13回 »

2014年5月 8日 (木)

一眼動画にハマる!?

P20101

スチル写真は撮っても動画はやらない、という方がほとんどではないかと思います。しかし私の場合は逆で、スチル写真より先に動画に興味を持ちました。ですから動く映像を撮るビデオカメラ、撮ったものを再生する映像装置、この場合は当然テレビやプロジェクター等ですね。

それら映像再生装置も可能な限りの大画面と高画質の録画再生機器に随分前から関心がありました。自分で映像を撮る機械と言えば先ずビデオカメラですね。しかし、以前は民生機でもそれなりのお値段でなかなか手が出なかったものですが、デジタル化してからは急速に一般人にも入手しやすくなりました。

367
SONY HDR-FX1、Panasonic DMC-GH2

で、左が今まで私が趣味(飛行機や鉄道etc.)の撮影に使っていた国産ハイビジョンカメラの記念すべき第1号機SONY HDR-FX1です。ご存知かと思いますが、それまで普及していたDV方式のMini DVテープにハイビジョンの映像をデジタル記録するカメラです。俗にHDVと言いまして、フルハイビジョンの1920x1080ドットではなく、現在の地上デジタル放送と同じ1440x1080ドットでの再生になります。

ほとんど同じで型番違いの業務用機も同時に発売されており、未だに銀座通りなどでこのカメラを使って街頭インタビューをしているのを見る事があります。ハイビジョン普及期には業務用としてのデファクトスタンダードとなった方式のカメラなんです。

P14110

ところがです、Panasonicさんのm4/3センサー機の中でも特に動画撮影に特化したGHシリーズの第二世代機、DMC-GH2で最近動画を撮ってみたのですが、予想以上の高画質ぶりに私自身驚きを禁じ得ません。実はこのカメラ、拙宅に有りますが実際は私が購入したものではなく、試しに動画を撮ってみようという軽い気持ちが最初でした。

先ずは都電荒川線の撮影に使い、帰宅後にBlu-rayレコーダーへ無劣化でダビングしてから80インチスクリーンにフルHDプロジェクターを使って再生してみたら、前述の通り自分の予想以上の高画質にビックリしたわけです。音の収録については外付けのマイクを使っていますので、愛用のオーディオ装置から流れ出る音も実にリアルです。

その後は江ノ電の撮影に使ってみました。大きく重いSONY HDR-FX1の画質に負けず劣らずです。いや、解像度ではGH2の方が上です。まぁ、これはFX1の1440x1080ドットに対してGH2はフルハイビジョンの1920x1080ドットですから、仕方ないのかも。

P14076

しかし、人目を惹く大きなFX1を持ち出さなくても、遥かにコンパクトなGH2でも80インチスクリーンに負けない高画質で映像を楽しめる事を知ってしまいました。(笑)

FX1を使う時は、三脚だけで7kgもあるものを使っています。まさに体力勝負。(^^;
それがGH2ならもう一台の軽い三脚で済みます。専用のビデオカメラを持っていた為に、デジタル一眼レフやミラーレスカメラの動画機能はまったくと言って良いほど使っていませんでした。

ところが専用ビデオカメラに比較したら遥かに大きいセンサーを使っているデジタル一眼の動画にはゆとりのようなものを感じました。FX1のセンサー、3CCDとは申せ、1枚のサイズは1/3インチですから、m4/3やAPS-Cとはセンサーサイズの面では圧倒的に不利ですね。何となく大きく重いFX1の出番が無くなりそうです。

371
SONY HDR-CX560V

もっとも、いつもFX1を持ち出していたわけではなく、気軽な撮影にはこのホームビデオを使う事もあります。これも大分前に購入したものですが、内蔵マイクは5.1chで録音出来ます。(笑)

デジタル一眼の動画機能、お使いになった事がない方には是非一度試してみる事をおススメします。多分、眼から鱗、だと思いますよ。

※ 動画を試される時の基本的な事を。先ず、シャッタースピードは1/60秒に固定して下さい。なので、明るい日中下ではNDフィルターが必要になりますのでご用意下さい。滑らかな動画を楽しめますので。

最近発売されたばかりのGH4、今度は4K動画が撮影出来るのですよねぇ・・・。

Panasonic DMC-GH2
G 20mm/F1.7 ASPH.
G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S.

« 猛禽類 | トップページ | 私の愛聴盤 第13回 »

コメント

おはようございます。
FX-1のような機材をかついで録れるのかというと絶対嫌になるので(笑) そう考えるとデジタルカメラで録れるようになったことは画期的なのことが判ります。
私はこの領域に関しては目を瞑ってきましたが、4K動画が撮影できるということのインパクトは相当なようですね。凄い時代になってきたものです。

おはようございます。
動画はまったく撮らないので、いざ撮るとなったら、どのような構図でどう撮ればいいのかさっぱりわからなくて困りそうです^^ 
大小機材の大きさの違いはすごいですね。先日出かけた写真展会場にTVの収録が入っていたのですが、この大きな機材を操っているカメラマンが若い女性でして、感心して眺めてしまいました。

おはようございます。
動画の撮影をしたことがありませんが、カメラには、機能がついておりますので、
使わなければもったいないですね。
今度、旅行に出かけた時など、使ってみようかなぁ。
ブログには、動画の画像の貼り付けは、できないのですか?
どんな画像を撮られるのか見てみたいです。(^^)

 おはようございます。

 動画、本当にたまにしか撮りません。撮るときもそうですが、編集するときもセンスの無さを実感してしまいます。

 GH4は、フルサイズ一眼との動画を比較したものを見たのですが、GH4の方がいいように感じました。
 動画の世界、まさに映画やテレビに繋がる世界、更に奥が深そうです。

KONDOHさん、おはようございます。
GH2は動画の名機らしいですね!
動画専門のサイトを見るとGH2をハッキングしてビットレートを上げるとプロ用機にせまる画質になると・・・自分にはチンプンカンプンで判りませんが。KONDOHさんは、GH2のことご存知と思ってましたが・・・。

こんにちは!
うちの家人が D7000 で動画撮影をよくしています。私はカメラの他にサンヨー(今はパナソニック)の小さなビデオを持参するのでそちらでお気楽撮影。画像はD7000の方がいいなと思ってました。
カメラで動画かぁ・・・デジタルの恩恵ですね。最近はチノンのデジカメ/ムービーが気になってます。

cucchi3143さん、こんばんは。
おっしゃる通り、デジタルカメラでハイクオリティな動画を撮れる時代になったのですから、わざわざ私のように大きな機材を担いで出掛ける必要がなくなりました。
デジタル一眼レフ、ミラーレスカメラという分類の中で、GH4が世界に先駆けて4K動画機能を積んで来ました。これからはますますスチルカメラとビデオカメラの垣根が無いに等しくなると思います。

koukoさん、こんばんは。
いえいえ、頭で考えるより先ずは撮ってみましょう・・・(笑)
最近はこうした大きなカメラを担いでいるのが女性・・・というのが珍しくない時代になっています。
さぁ、koukoさんも・・・って、煽ってどうする。(笑)

Maruさん、こんばんは。
動画、撮影された事がないですか。最近のデジカメはほとんど動画機能を搭載していますので、難しく考えずに先ずは撮ってみる事をおススメ致します。
旅行の記録など、スチル写真とは別の意味で楽しい記録になると思いますよ。
私、スチル写真も動画も自分の楽しみの為にやっておりますが、特に動画はそうでして、ほとんど撮りっ放しで編集をしていません。時間が無い事も理由の一つですが。
ですからYouTubeにもアップロードしていませんが、過去に二本だけアップロードしていますので、一本を下記にご紹介しておきます。もう一本はホームのベンチに置いて撮影しただけで面白くないので。

http://www.youtube.com/watch?v=K5e068zrPe0

pyosidaさん、こんばんは。
動画編集はセンスを要求されますよね。その点、私は全然ダメで・・・・。もっとも、ほとんど撮りっ放しのままなんですが。
GH4の動画はかなりなクオリティーですね。恐らく業務用にも使われるでしょうね。その為のアクセサリーも出ますし。

harasawaさん、こんばんは。
GH2のハッキングはファームウェアと共にビットレートを上げるファイルを使ってアップデートするやつですね。
知っているのですが、確かにビットレートを上げれば画質は向上しますが、ただあれは出力が24pに限られるようです。動きの速い被写体が画面に出て来ると24pや30pはパラパラ感がどうしても目立ってしまって私はダメなんです。画面が大きくなればなるほど目立って来て・・・。それと、ビットレートが上がってBlu-rayレコーダーに転送出来なくなるのはNGなんです。
GH1が出た時、私は飛びついて購入したのですが、あれは60i記録の24p出力で、私にはまったくダメでした。まだ、24p記録の24p出力(映画フィルムと一緒)なら私はまだ我慢出来るのですが。
今、私は60p出力の映像でないと不満が出てダメです。少なくとも60iでないと。(^^;
ソニー、パナソニック、ニコンは60p出力になっていますが、キヤノンは未だに30pまでですね。EOSムービーで撮影している「世界の街道を行く」をご覧頂くと分かりますが、走行中の車の中から撮影した映像は典型的な30pのパラパラ感が出ています。あれが60pならもっと滑らかに景色は流れるのですが。

ろだごんさん、こんばんは。
おお、奥様がD7000で動画を撮影されていらっしゃるのですか。進んでますねぇ・・・(^^)
チノンのムービー、お値段もそこそこで、なかなか楽しめそうですね。
形も8mm映写機を思わせるようで・・・。

こんにちは。
最近はデジタル一眼の動画で、テレビや映画などを撮影されることがあるそうですね。
一方でホームビデオの類はスマホで済ます人も多いのでは。長時間はつらいですが、YouTubeにアップする程度ならスマホでもいいかなという感じです。

ビワさん、こんばんは。
テレビドラマでEOSが使われていたりするようです。デジ一眼はプロの現場でも結構浸透して来ていますね。
これからますますデジ一眼が増えると思いますが、後は使い勝手の面だけですね、残る問題は。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 猛禽類 | トップページ | 私の愛聴盤 第13回 »